あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    地球

    1: 小豆大福 2018/01/04(木) 10:50:21.93 ID:CAP_USER9.net
    3

    3

     2016年、世界中で大ヒットを記録した新海誠監督の長編アニメーション映画『君の名は。』。米「Gizmodo」が発表した2017年ベスト映画ランキングでは、『スターウォーズ/最後のジェダイ』、『ワンダーウーマン』を抜き、1位に選ばれた押しも押されぬ名作映画であるが、実はヒロインの友人が雑誌『ムー』の愛読者であるなど、オカルト色の濃い作品でもあるのだ。


    ■不吉すぎる“ドクロ型天体”が地球に接近中

    『君の名は。』では、1200年ぶりに地球に接近する「ティアマト彗星」をめぐって話が進むが、現実ではアニメさながらの、いやそれ以上に奇妙な自然現象が起こっている。科学ニュース「Science Alert」(12月22日付)によると、なんと、“ドクロ型”の小天体が地球に向かって突き進んでいるというのだ!

    【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/01/post_15534_entry.html

     ドクロそっくりの小天体「2015 TB 145」は、その姿かたちもさることながら、2015年10月31日のハロウィーンにも地球に最接近しており、ただならぬ存在感を示している。そして今回、この不吉な小天体がはやくも2018年12月初旬に地球に舞い戻ってくるということが分かり、世界中に不安が広がっているのだ。

     さらに恐ろしいことに、その直径は約700mあり、『君の名は。』に登場する「ティアマト彗星」の断片(直径40m)の15倍以上もある。もし地球に落下したら町一つが壊滅するどころの話ではない。2002年に地球に最接近した直径300mほどの小惑星「2001YB5」でも、フランスを丸ごと引き飛ばす威力を持っていたと言われているのだ。海上に落下したとしても、大津波・大地震による多数の犠牲者が出ることが予想される。


    ■地球衝突の確率は?

     アンダルシア天体物理学研究所の研究者パブロ・サントス・サンス氏は、今回のドクロ型天体は「地球と太陽の距離の3.7倍の位置を通過する」と語っており、地球に衝突する可能性はいまのところ危険視されていないようだ。しかし、海外ネット掲示板「reddit」のユーザーの中には、71%の確率で衝突すると計算している者もいるという。ここでトカナ的な考察を加えておこう。

     昨年、世界中の天文学者のド肝を抜いた葉巻型小天体「オウムアムア」は、その異常な軌道と形から、人工天体疑惑が持ち上がっており、トカナにコメントしてくれた世界的宇宙物理学者も「太陽系に観察器をばら撒いた可能性」を指摘している。もしかしたら、今回のドクロ型天体も、その余りにも不自然な形状から、宇宙人製の人工天体である可能性もあるだろう。さらに言えば、地球に壊滅的被害をもたらすとかねてより噂されるニビル(プラネットX)である可能性も否定できない。

    https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_56610/
    https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_56610/?p=2

    「なにをバカな……」と思われる読者もいるかもしれないが、ここで『君の名は。』の教訓を思い出しておこう。(ややネタバレになるので注意)。

     作中でティアマト彗星が糸守町に落下することなど誰も信じようとしなかった中、唯一、ヒロイン・三葉の予言を信じたのは『ムー』の愛読者である友人・テッシーだけだった。エヴェレットの多世界解釈やティアマト彗星の人工天体説など、オカルト的な話に慣れ親しんでいた彼だからこそ、三葉の言葉を真剣に受け止めることができ、結果的に糸守町の人々の命を救えたのである。

     これはもちろんフィクションではあるが、現実世界でもオカルト的な想像力が的中することは往々にしてあるものだ。たとえば、先日もこれまでオカルトとして見向きもされなかった「月空洞説」が事実であったとJAXAが認めたばかりである。是非ともトカナ読者には、最もエクストリームな可能性も含めてあらゆる可能性に柔軟に対応する心構えいて欲しい。
    (編集部)

    引用元: ・【君の名は。】の彗星落下は2018年に現実化する! 巨大ドクロ型隕石が71%の確率で地球に墜落予定!

    【君の名は。の彗星落下は2018年に現実化する! 巨大ドクロ型隕石が71%の確率で地球に墜落予定!】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/02(火) 17:54:12.19 ID:CAP_USER9.net
    3

    http://hazardlab.jp/know/topics/detail/2/3/23224.html

     3年前に地球に大接近したドクロ型小惑星が、今年11月、再び戻ってくることが明らかになった。「2015 TB145」と名付けられたこの小惑星は、2015年10月31日に接近したことから、当時、「ハロウィーン星」とか「グレート・パンプキン(かぼちゃ大王)」の名前で呼ばれた。

     

     「2015 TB145」の大きさは、推定625~700メートルと東京スカイツリーの高さとほぼ同じ。2015年当時、接近中の姿をレーダーで追跡していたプエルトリコのアレシボ天文台によると、地球と月の距離の1.26倍にあたる48万6000キロまで最接近し、楕円形の軌道を描きながら地球を通り過ぎて行った。

     

     レーダー画像を詳しく解析したスペイン・アンダルシア宇宙物理学研究所の天体物理学者、パブロ・サントス-サンズ氏によると、「2015 TB145」は、2.94時間ごとに自転し、太陽光の反射率率が5~6%と低いことから、表面が炭のように暗いと考えられる。

     

     サントス-サンズ氏によると、この小惑星は、太陽を周回する間に、水や揮発性物質を失ってしまった「死んだ彗星」である可能性が高く、次に地球に最接近する2018年11月中旬には、前回よりももっと詳しいデータが観測できると期待を寄せている。

    http://hazardlab.jp/contents/post_info/2/3/2/23224/The-Halloween-asteroid-prepares-to-return-in-2018_image_380.jpg

    引用元: ・【宇宙】2018年に蘇る!ドクロ型小惑星が3年ぶりに地球に接近!

    【2018年に蘇る!ドクロ型小惑星が3年ぶりに地球に接近! 画像あり】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/08(金) 11:01:49.61 ID:CAP_USER9.net
    3

    海から蒸発の水、宇宙に広がる 地球24万キロ先まで、初確認
    2017/12/08 02:11

     地球(中央付近の点)を中心に24万キロ以上にわたって広がる水素原子から出た光(立教大提供)

     海から蒸発した水が分解してできた水素原子が地球を取り囲むように宇宙を漂い、24万キロ以上先まで広がっている様子を立教大などのチームが超小型探査機で撮影した。地球の直径の約20倍に当たる距離に及んでいるのを確かめたのは世界初という。8日付の米科学誌に発表した。

     太陽系の外の惑星でも、地球のような環境がそろえば周りに水素が広がると予想され、亀田真吾立教大准教授は「惑星に、生命のもととなる海があるかを調べられる」と話している。地球の高層の大気中では、水分が太陽の紫外線によって分解され水素原子になる。

    引用元: ・【超小型探査機】海から蒸発の水、宇宙に広がる 地球24万キロ先まで、初確認

    【海から蒸発の水、宇宙に広がる 地球24万キロ先まで、初確認】の続きを読む

    3
    1: 小豆大福 2017/12/03(日) 17:14:49.03 ID:CAP_USER9.net
     中国の宇宙ステーション実験機「天宮1号」が、これから4月までのどこかの時点で地球に落下する可能性が濃厚になってきた。
    人に危害が及ぶリスクはどのくらいあり、それはいったいどうやって算出されるのだろうか。そこから導き出された結果とは--。

    8,500kgある中国の宇宙ステーション実験機「天宮1号」が、ついに地球に落ちてくる。今から2018年4月までのいつなのかはわからない。
    大部分は軌道上で燃え尽きるが、かなりの大きさの塊(ある推計によると最大約100kg)が地上に到達する可能性がある。

    問題は、どこに落ちるのか、確かなことが誰にもわからないということだ。ただ、専門家たちが心配しているかというと、そういうわけでもない。
    天宮1号の一部が落ちてきて人の体に危害が及ぶ可能性は低く、1兆分の1というレベルだからだ。

    こうした可能性を専門家たちがどうやって算出するのか、おそらく聞いたことはないだろう。
    聞いたことがない人たちのために、「再突入のリスク分析」という最高に魅力的な世界を紹介させてほしい。
    放棄された宇宙船や使用済みの打ち上げロケットなど、地球を周回している何万というさまざまな巨大な塊から、大気圏を突き抜けてこの地上の人々の脅威になるものを予測する科学の世界だ。

    ■落下時に部品が生き残る可能性

    まず理解しなければならないのは、宇宙船が地球に落下する際に無傷のままではないことである。
    大気圏再突入による、ものすごい熱と力によって、小さな物体は大半が跡形もなくなる(業界用語では「空力加熱消滅(aero-thermal demise)」と呼ぶ)。

    しかし大きな宇宙船だと、熱的特性やエアロダイナミクス、宇宙船内の位置などによって、部品が生き残る可能性がある。そして実際に、そうしたことが起こっている。

    「宇宙船自体は主コンテナだと考えてください」と語るのは、エアロスペース・コーポレーションで再突入のリスク評価を監督するマイケル・ウィーヴァーだ。
    「コンテナの外殻がだめになるまで、中の部品は熱に晒されません。そして、部品の中にある部品の中に、さらに部品がある場合があります」

    この「マトリョーシカ効果」が、部品の“生死”に大きく影響することがある。
    十分に詳細な設計図があれば、研究者はソフトウェアを使って空力加熱による崩壊をモデル化できる。
    NASAは「Object Reentry Survival Analysis Tool」というプログラムを使っており、エアロスペース・コーポレーションでは、「大気による加熱と崩壊」を頭文字で短縮した「AHAB」を使っている。

    続きはソース
    http://www.sankei.com/smp/wired/news/171128/wir1711280001-s1.html

    引用元: ・【ロザミア】「もうすぐ地球に落ちてくる」中国の宇宙ステーション 科学者たちが予測した被害状況とは…

    【「もうすぐ地球に落ちてくる」中国の宇宙ステーション 科学者たちが予測した被害状況とは…】の続きを読む

    このページのトップヘ