あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    増税

    1: 小豆大福 2017/11/23(木) 10:21:11.95 ID:CAP_USER9.net
    no title


    「たばこ離れ」が進むなか、人気を集めるのがニオイの少ない加熱式たばこです。いま、税をめぐる議論で、その増税が焦点の一つとなっています。

    バリスタが入れた本格コーヒーを楽しめる東京・中央区のお店。カフェかと思いきや・・・実は加熱式たばこの専門店です。紙巻たばこのように灰が出ず、ニオイも少ないのが特徴です。

    「火を使わないで吸えるって、すごく安心」(利用者)
    「健康に良いイメージがあったので、加熱式たばこに変えた」(利用者)

    いま、紙巻たばこから加熱式たばこに切り替える人は急増しています。しかし、この加熱式たばこをめぐって、ある議論が浮上しました。

    「えー、とんでもない。吸っている人みんなでデモした方がいいんじゃない」

    税をめぐる議論で、加熱式たばこへの増税が焦点の一つになっているのです。たばこ業界からは・・・

    「急激に大幅に増税ということになると、お客様に大変なご迷惑をかける。断固反対してまいりましたし、これからも反対」(JT 小泉光臣 社長)

    現在、国内で販売されている3種類の加熱式たばこ。この3種類にかかるたばこ税の税率は7.5%から41.8%、

    一方、1箱440円の紙巻たばこの税率は55.7%。加熱式のたばこ税は使う葉っぱの量に応じて課税されるため税の負担が少なくなるのです。つまり、加熱式たばこへの切り替えが進めばその分、税収は落ち込むため、政府は来年度にも税率を引き上げる方向で検討を始めたのです。


    「正直、上げてほしくない」(利用者)

    「たばこ1箱1000円の国とかあるので、もうちょっと課税しても大丈夫かな」(利用者)

    明治時代から5代にわたって葉タバコを栽培してきたこちらの農家。増税で“たばこ離れ”が加速すれば廃業を余儀なくされるといいます。

    「苦しいながらも作っている。一番税金取りやすいから、たばこ。こんな政府はない」(たばこ農家 和田政男さん)

    自民党の議員からも・・・

    「整合性がない。非常にタチの悪い大衆課税だ」(自民党議員)

    消費者と生産者を悩ます増税。政府は年末にまとめる税制改正大綱に盛り込むことを考えています。

    配信11月22日16時26分
    TBSニュース
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3218397.html

    引用元: ・【たばこ】人気だから増税?「加熱式たばこ」増税検討、「タチの悪い課税」の声も

    【人気だから増税?「加熱式たばこ」増税検討、「タチの悪い課税」の声も】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/17(金) 08:37:59.25 ID:CAP_USER9.net
    1

     政府が2018年度税制改正で議論する所得税改革に関し、子どもがいない世帯では年収が800万~900万円を上回る場合に増税とする案を検討していることが16日分かった。各種控除の見直しにより高所得層が増税となる一方、低所得層は減税とし、子育て世帯も負担が重くならない仕組みを目指す。

     与党と調整しつつ今月下旬から議論を本格化させる。年収の線引き次第で世帯によって明暗が分かれるため、世論の反応も見ながら慎重に制度設計を進める見通しだ。

     これまでの調整では、高収入な会社員ほど税負担の軽減額が大きい給与所得控除を縮小し、多様な働き方に対応した税制に改める方向だ。

    https://this.kiji.is/303918861361874017?c=39550187727945729

    ★1:2017/11/17(金) 00:58:40.24
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510847920/

    引用元: ・【税】年収800万円超で増税案 政府検討、子どもなし世帯 ★2

    【年収800万円超で増税案 政府検討、子どもなし世帯】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/15(水) 13:29:14.29 ID:CAP_USER9.net
    1

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171115-00000033-nnn-bus_all

    政府は来年度の税制改正で、働きながら年金をもらっている高齢者のうち「高い収入を得ている人」は、増税する方向で検討していることがわかった。

    高齢者の年金は、税金が控除される額に上限がなく、会社員の給与に比べ優遇されている。そこで政府は年金の控除額に上限を設ける方向。
    さらに働く高齢者が増え、高額な報酬を得ながら年金をもらう人もいることから、政府はこうした人を対象に収入の額に応じて年金の控除額を減らし、増税する方向で検討していることがわかった。

    高齢者の過度な優遇を改める目的だが、働く高齢者の意欲をそぐなどの反発も予想され、慎重に議論する方針。

    引用元: ・【政府】高収入を得ている高齢者に増税の方向で検討

    【高収入を得ている高齢者に増税の方向で検討】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/12(日) 08:27:31.98 ID:CAP_USER9.net
    3

    たばこ税の増税に対して、依然疑問の声が相次いでいる。
    政府は、社会保障に充てる財源を確保するため、たばこ税を1本当たり3円増税する方針だという。11月7日、NHKなどが報じた。
    まずは来年10月に1本当たり1円増税し、2020年度と2021年度にもそれぞれ1円ずつ増税する予定だ。
    2019年度には消費税率が10%に引き上げられるため、たばこ増税は行わない。
    1本当たり計3円増税することで、2000~3000億円の増収が見込まれる。

    度重なる増税で喫煙者にとっては厳しい情勢だが、喫煙文化研究会の山森貴司事務局長は、「喫煙者がいじめを受けている」と語った。

    「増収分の一部を喫煙場所の整備に回せないのでしょうか」
    山森さんは、「喫煙者が厚生労働省と財務省の板挟みになっている」とも指摘する。
    「受動喫煙を防止するため、条例や法律で喫煙への規制を進める一方、税金が足りなくなるとたばこ税に逃げているように思えます。
    厚生労働省は、健康のために規制をしたいのに、財務省は税率を上げて財源を確保したいのではないでしょうか」

    また増収分は社会保障の財源になると報じられているが、その一部でも喫煙者に還元してほしいと訴えた。
    「大規模な増税を行うのであれば、少しくらい喫煙場所の整備にや喫煙室を設置するための補助金に回せないものでしょうか」

    それにしてもなぜたばこだけが度々、増税されるのか。
    「たばこは嗜好品ですし、習慣性があるので、税率を上げやすいのでしょう。それに喫煙者は今やマイノリティですから、反対の声が届きにくいのだと思います。
    もし酒税を引き上げようとすれば、反発はかなり大きくなるのではないでしょうか。結局、喫煙者がいじめを受けているのだと思います」
    「消費税増税に続いてドンドン国民に負担を押し付けてきます」
    経済評論家の平野和之さんは、衆院選の後に増税が発表されたことについて、「選挙後は是増税しやすい」と指摘。
    また今後、新たに新設されそうなものとして、砂糖課税、炭酸課税、ペット課税、メタボ課税などがあるという。

    増税の報道を受け、ネットでは、「消費税増税に続いてドンドン国民に負担を押し付けてきます」
    「選挙が終わってから毎日増税の話ばかり…」といった苛立ちの声が相次いでいた。
    同じく7日には、高所得を得ている会社員や年金受給者を対象に所得税の増税が検討されていることもわかっており、増税の話が多いと感じるのも無理はない。

    低所得者ほど喫煙率が高いことから「低階層に対する、正論に名を借りた体のいい『いじめ』」という声もあった。
    「いじめ」かどうかはともかく、たばこ税は逆進性の高い税金だと言えそうだ。

    https://news.nifty.com/article/economy/cc/12117-7405/

    ★1)2017/11/10(金) 13:47:47.35
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510401984/

    引用元: ・【社会】「喫煙者がいじめを受けている」 たばこ税1本当たり3円値上げに愛煙家から疑問の声★6

    【「喫煙者がいじめを受けている」 たばこ税1本当たり3円値上げに愛煙家から疑問の声】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/08(水) 05:31:18.09 ID:CAP_USER9.net
    3

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171107/k10011214241000.html

    政府は来年度の税制改正で引き上げを検討しているたばこ税について、来年10月から3年かけて1本当たり合わせて3円増税する案を軸に与党との調整に入りました。

    一般的なたばこにかけられているたばこ税は現在、一部を除いて1本当たり12.2円となっていますが、政府・与党は厳しい財政状況を踏まえ、社会保障などに充てる財源を確保するため、たばこ税を引き上げる方針です。

    政府は、増税の影響を緩和するため段階的に引き上げることを検討していて、来年10月から3年かけて1本当たり合わせて3円増税する案を軸に与党との調整に入りました。

    まずは来年10月にたばこ1本当たり1円増税し、2019年度は消費税率が10%に引き上げられる予定のため増税は見送ります。
    そのうえで2020年度と2021年度にそれぞれ1円ずつ増税する方針です。1本当たり合わせて3円増税した場合に見込まれる増収は2000億円から3000億円程度となる見通しです。

    ただ、たばこ税の引き上げは葉たばこ農家などからの反発も予想され、政府・与党は今後本格化する税制改正の議論の中で慎重に議論を進めることにしています。
    たばこをめぐって政府・与党は、火を使わず煙が出ない加熱式たばこについても来年10月から増税する方針で、今後検討を進めることにしています。


    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510048918/

    1が建った時刻:2017/11/07(火) 14:10:31.37

    引用元: ・【政府】たばこ税、3年かけ1本3円増税で調整へ。加熱たばこも来年10月から増税★3

    【たばこ税、3年かけ1本3円増税で調整へ。加熱たばこも来年10月から増税】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/25(水) 06:33:24.40 ID:CAP_USER9.net
    3

    http://www.asahi.com/articles/ASKBS7V7CKBSULFA038.html

    財務省が2018年度税制改正で、たばこ税の増税を検討していることが分かった。19年10月の消費増税時に導入する軽減税率で、目減りする1兆円規模の税収の一部を穴埋めする狙いがある。ただ、愛煙家やたばこ農家の反発も予想され、調整は難航しそうだ。

     政府・与党は、年末に決める18年度の税制改正で、急速に普及が進む「加熱式たばこ」も増税する方向で検討している。財務省は従来のたばこも併せて増税する方向で、今後、与党との調整を本格化させる。

     たばこ増税が実現すれば10年10月以来となる。当時は1本3・5円、1箱(20本)あたり70円の増税となり、増税後の11年度の税収は、09年度と比べて約3500億円増えた。

     消費税率を10%に引き上げるときに飲食料品などの税率を8%に据え置く軽減税率を導入すると、税収が約1兆円減ると見込まれている。このうち4千億円分は、低所得者の医療や介護の負担を軽くする「総合合算制度」を見送ることでまかなうが、残る6千億円の財源の確保が課題だった。たばこ税は、受動喫煙防止の観点から増税を求める声もあり、穴埋めの手立てとして有力視されていた。

    引用元: ・財務省、たばこ増税を検討 軽減税率の目減り分の一部を穴埋めする狙い

    【財務省、たばこ増税を検討 軽減税率の目減り分の一部を穴埋めする狙い】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/25(水) 02:38:46.79 ID:CAP_USER9.net
    3
    2017/10/25 02:00配信:共同通信

     政府、与党が年末に議論する2018年度税制改正で、たばこ税を増税する方向で検討に入ったことが24日分かった。
    仮に10年の前回増税時と同様に1本当たり3.5円引き上げれば数千億円の増収となる見込み。
    19年10月の消費税増税時に軽減税率を導入することで生じる1兆円規模の税収減の穴埋めに充てる。

     衆院選での与党勝利を受け、政府は週内に経済財政諮問会議や「人づくり革命」の有識者会議を開き、消費税増税分を使った教育無償化の制度設計を始める。
    軽減税率による減収分も、たばこ税をはじめ一連の代替財源について18年度末までにめどを付ける方針だ。

    https://this.kiji.is/295603070430168161/amp?c=39550187727945729

    引用元: ・【政治】たばこ増税検討へ、政府与党

    【たばこ増税検討へ 1本当たり3.5円引き上げでの増収額は?】の続きを読む

    このページのトップヘ