あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    売れ行き

    1: 小豆大福 2018/01/21(日) 19:19:48.91 ID:CAP_USER9.net
    3

     米アップルが発売時期を繰り下げる程のこだわりを見せた「iPhone X(テン)」の不調が伝わって来た。
    初めて有機ELパネルを採用し、画面を拡大した上に顔認証を導入するという話題てんこ盛りの「iPhone X」が冴えない。

    【こちらも】iPhone X、過去最高に壊れやすいとの評価も

     「iPhone X」はスタートからケチがついた。iPhone 8と8プラスが17年9月22日に発売となったのに、「iPhone X」は有機ELパネルの量産立ち上げが難航して、発売が1カ月以上も遅れるという事態に見舞われたのだ。

     当時、発売の遅れが売れ行きに響くのではないかと危ぶむ声と、期待感が増大して販売に拍車がかかるのではないかという両方が囁かれていた。
    発売当初は律義なiPhoneマニアの喜びの声が紹介されるなど、上々の滑り出しと見られていたものの、好調だったのは発売月の11月だけで、12月中旬にはiPhone 8に抜かれるようになった。
    最新3機種の1月第1週の売上はiPhone 8が60%、iPhone X25%、8プラスが15%とその差は拡大している。

     iPhone Xは世界的にも不調で、アップルが年明けにiPhone Xの大幅な生産調整を行うという観測が流れている。

     不調の理由は11万円を超える高額な価格にあるとの指摘があり、有機ELも拡大画面も顔認証も購入意欲の盛り上がりにはあまり貢献していないようだ。
    中には「スティーブ・ジョブズならこんなモデルは出さなかった」との酷評まで聞かれ、アップルの企業イメージにまで陰りを落している。

     アップルはiPhoneの17年モデルで初めて有機ELを採用し話題作りをした上で、以後は全て有機ELに転換することも検討していたが、供給不安が拭えないことなどから18年モデルは有機EL2モデル、液晶1モデルとする方針だ。
    そして、液晶モデルに採用されるのがジャパンディスプレイ(JDI)が昨年9月26日に発表した新型液晶「フルアクティブ」になる模様である。
    「フルアクティブ」はスマホのフレームを僅か0.5ミリメートル程度に抑えられる最新液晶である。
    この「フルアクティブ」発表時には、中国スマホ大手の小米が旗艦モデル「MIX2」に採用を決定したほか、中国最大手の華為技術(ファーウェイ)も採用の見込みで、次期iPhoneへ採用されるか否かが、経営再建の重要なポイントであると見られていた。

     印刷方式で割安な有機ELパネルの量産技術を確立しながらも、量産設備への巨額投資資金に苦慮しているJDIグループにとって、アップルの「フルアクティブ」採用が有難い追い風になって欲しいものである。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14187047/

    【経済】ジャパンディスプレイ新型液晶が次期iPhoneに採用される見通し
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516501820/

    引用元: ・【経済】「iPhoneX」が予期せぬ不調 11万円を超える高額な価格が原因か

    【「iPhoneX」が予期せぬ不調 11万円を超える高額な価格が原因か】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/03(日) 14:11:25.86 ID:CAP_USER9.net
    3

    ファミリーマートが新しい商品を販売するということで「けものフレンズ」か「忖度」どちらが良いかツイッターで募集した所、61,239もの票が忖度にあつまり、予想とは裏はらに忖度を商品化することとなってしまったようです。しかし忖度という名前の商品はどうなるのかという点が色々妄想が膨らみましたが、弁当と言う形になりました。

    11月中旬に「けものフレンズ」と「忖度」どちらが良いか募集した所、ダブルスコアで「忖度」になった投票結果。
    驚くばかりではありますが、これはある意味「忖度」という名前の商品を出してほしいという要望の現れなのかもしれません。
    つまり、バカ売れする可能性が高いということです。ということで、忖度という名前を使った「忖度御膳」という名前の弁当を販売することになったようです。
    御膳という名前にふさわしく価格は739円と、コンビニ弁当ではちょっと高い価格帯です。しかし忖度が選ばれているということは、それだけ需要があるということです。

    これは売れるはずです・・・しかし蓋を開けてみれば意外な結果があったようです。

    忖度弁当全く売れねーじゃねーかばああああああああああか!!!!!今日の分全部廃棄処分だぞクソがあああああああ!!!!ファミマ店員の魂の叫びだバカやろぉぉぉぉぉおおおおおお!!!!!!
    ていうか案の定だよ!!!!!!!!!!!売れるわきゃねーだろ800円もすりゃよぉおおおお!!!!

    価格が高すぎたのか、それとも忖度という名前がそもそも良くなかったのか。ネットでの「ノリ」は何処へやらという形で、全く売れないとの声が多いようです。

    品質はもちろん、ネタとしても十分、ファミマという最強コンビのの販売ルートも確保、そして「流行語大賞」を取ったあの言葉。

    一体この結果を誰がどのように忖度したのでしょうか。

    これならば残飯のようなあの芸人の手作り弁当のほうが売れるのかも知れません。

    忖度御膳は限定販売なので、逆に人気が出すぎて入手困難となる可能性もまだ秘めております。

    http://www.yukawanet.com/archives/5301130.html

    引用元: ・【社会】ファミマ「忖度弁当」 忖度しすぎて全く売れず廃棄?店員の悲痛な声が話題に

    【ファミマ「忖度弁当」 忖度しすぎて全く売れず廃棄?店員の悲痛な声が話題に】の続きを読む

    このページのトップヘ