あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    多部未華子

    1: 小豆大福 2017/10/17(火) 15:07:09.30 ID:CAP_USER9.net
    1

     14日にスタートした嵐・櫻井翔主演の連続ドラマ「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系)。その番宣を兼ねたテレビ出演で、よもやの部分にフォーカスが当たっている。

     発端は櫻井演じる主人公・鳴海涼介の恋人・松原聡子を演じる多部未華子に対する「顔が変わった」というネットの書き込み。2人は13日朝に放送された「ZIP!」(日本テレビ系)に出演、ガッツリと濃厚メイクを施した多部に視聴者の目は釘づけになった。

    「今回のドラマの番宣で多部はいくつかの日テレの番組に出ていますが、かつてのナチュラル癒し系から一転したクッキリした顔が目立っている印象です。そのせいで、ネット上では『多部ちゃん整形した?』『カラコンじゃない?』『アイラインのせいでしょ』『イジったというより太った?』など、彼女の異変に様々な憶測が飛び交いました。おそらく役柄に合わせてメイクを変えたことが影響したのでしょうが、そのトバッチリを受けてしまったのが櫻井なんです」(女性誌記者)

     というのも、多部の顔に注目が集まったおかげで、隣にいた櫻井の容姿までイジられてしまったのだ。ネットには「首のシワがだらしねぇ」「櫻井デブすぎ」「うわっ、うちのオカンの首だわ」「写真なら消せるけど生放送は無理だった」「メタボオヤジみたいで残念です」など、櫻井の肉体にガッカリの声が連投されている。

    「たとえばグラビアの世界でも最近はモデルの年齢が上がっていることもあり、首のシワには注意します。レスポンスで消すこともよくありますね。そうですね‥‥櫻井さんの首筋は思った以上にたるんでますね。グラビアなら修整するレベルです(笑)」(グラビア誌編集者)

     以前から櫻井の容姿ネタは多かったが、今回はまさかの形でクローズアップされてしまったようだ。

    http://asajo.jp/39163

    引用元: ・【芸能】多部未華子「顔が違う」騒動の余波!?櫻井翔の「首」にガッカリの声続出

    【多部未華子「顔が違う」騒動の余波!?櫻井翔の「首」にガッカリの声続出】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/21(木) 17:32:07.32 ID:CAP_USER9.net
    多部未華子、小日向文世との本物キスシーン「慣れました」
    2017.9.21

    女優の多部未華子(28)が21日、横浜市内で行われた主演舞台「オーランドー」
    (23~10月9日、横浜市のKAAT、10月26~29日、東京・新国立劇場中劇場)の公開稽古に登場し、俳優・小日向文世(63)とのキスシーンを披露した。
    年の差35、しかも多部が少年貴族オーランドー役、小日向がエリザベス女王役という男女逆転のシチュエーションだが、多部は「もう慣れました。光栄です」と余裕の表情だった。

    一方の小日向は「稽古場で1度、メークしないで(キスを)したんですが、多部さんのファンに殺されるのでは、と思いましたね」と照れ笑い。
    顔を近づけてキスするふりだけでごまかすこともできたが、演出を手がける俳優で演出家の白井晃(60)に「ブチュッとやって」と“本物”をリクエストされたという。「“ヤッター”って思いましたね」としてやったりの表情だった。

    物語は16世紀のイングランドが舞台。エリザベス女王(小日向)をはじめとする数々の女性をとりこにする美貌の少年貴族・オーランドー(多部)の数奇な運命を描いている。

    オーランドーが恋に落ちるロシアの美しい姫・サーシャを小芝風花(20)、貴族の女性たちを俳優の戸次重幸(43)、池田鉄洋(46)、野間口徹(43)が演じている。

    出演者6人で20役以上を演じることになっており、白井は「役者さんたちの楽しい7変化ぶりが見られます」とにっこり。

    しかし、野間口は「8月1日から稽古をしてて、稽古期間が長くて、稽古時間も長い。
    夏休みは『オーランドー』にささげました」とクレームを付け、笑いを誘った。

    デイリースポーツ on line
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/09/21/0010574667.shtml
    小日向文世(左)にブチューッとキスされる多部未華子=神奈川・横浜市のKAAT
    no title

    no title

    引用元: ・【舞台】多部未華子(28)、小日向文世(63)との本物キスシーン「もう慣れました。光栄です」

    【【悲報】多部未華子(28)、小日向文世(63)との本物キスシーン「もう慣れました。光栄です」】の続きを読む

    このページのトップヘ