あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    1: 小豆大福 2018/01/05(金) 14:41:06.67 ID:CAP_USER9.net
    3

    おかもとまり、夫が軽度の発達障害と明かす「しんどかった」

     タレントのおかもとまりが4日、自身のアメブロを更新。夫で作曲家のnaoが、軽度の発達障害であることを告白した。

     3日から家族で伊香保温泉を訪れているおかもと。ブログでは楽しげな様子をつづっていたが、4日更新のブログでは「旅先で大げんか。んーわたしがまたかと頭くる感じ」と何やら不穏な空気に。ケンカの理由については「旦那は言葉だけの情報じゃ伝わらないと承知してるからこそ、わたしがお店調べてスクショを送り、行くのはここだよ?スクショで送ったここだよ?と昨日宿でも確認したのに」と念を押したが、「旦那が連れてきた店がまさかの違う店」と、夫が予定とは違う店に案内してしまったよう。

     これにはおかもとも「さすがに悲しくなりましたね。笑何度も確認したのに・・・」と複雑な心境。
     続けて「旦那は、昔から軽い発達障害(勉強や記憶力、音楽の才能はピカイチなのに、簡単なことができないの)」と告白した。

    「だからこそ、スクショで情報おくったり、忘れん坊だから確認したりするんです。それなのに、こんな間違えをするとは。悲しいというか、しんどかった」と率直な心境を明かし、「2018年は上手く発達障害と向き合おう」とつづって、ブログを締めくくった。

    アメーバニュース 2018年1月5日 10時27分
    http://news.livedoor.com/article/detail/14117424/

    2018/01/05(金) 12:34:37
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1515123277/

    引用元: ・【芸能】<おかもとまり>夫が軽度の発達障害と明かす! 「さすがに悲しくなりましたね」…旅先で大げんかの後ブログで告白★2

    【おかもとまり 夫が軽度の発達障害と明かす! 「さすがに悲しくなりましたね」…旅先で大げんかの後ブログで告白】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/03(水) 17:17:01.84 ID:CAP_USER9.net
    3

    <認知症>温厚な父、突然「犯罪者」 手にかけた妻今も案じ (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00000007-mai-soci
    1/3(水) 8:35配信

     脳の疾患である認知症は、まじめで穏やかな人をある日突然、「犯罪者」に変えてしまうことがある。高齢の夫が妻を手にかけたある殺人事件にも、認知症の影があった。

     2016年夏。神奈川県の40代男性は、警察署2階の留置場で父(82)と面会した。アクリル板越しの父は険しい表情で口を固く閉じたまま。男性は絞り出すように言った。「お父さんに全て押しつけて我慢させすぎちゃったね。ごめんね」

     その数日前、父は自宅で統合失調症の母(当時79歳)を殺害したとして逮捕された。家事ができない母を約50年間支えた父。事件の引き金となったのは、自らの認知症だった。

     タクシー運転手だった父が母と結婚したのは1966年。夫婦仲は良く、ハンドルを握らない日は日帰りで旅行に出かけた。

     一人息子の男性が高校に入った頃、母の統合失調症が悪化。誰もいない部屋で怒鳴り続けたり、黙り込んだりし、父にも冷たく当たった。「あなたのお父さんは別の人。あそこにいるのはただの同居人よ」。母がそう言うのを聞いて、男性は実家で暮らすのに耐え切れず、20歳を過ぎて家を出た。今は配送業に従事している。

     父は母の不満を一切漏らさなかった。定年までタクシー運転手としてまじめに務め、母の代わりに家事をこなした。男性が「なんで離婚しないの」と尋ねても、父は笑って否定した。「お父さんが元気なうちはお母さんの面倒を見るから、おまえは自分の人生を歩んでな」

     父の異変に気付いたのは15年春。「おかしな行動をして困る」と母が連絡してきた。風呂の沸かし方が分からなくなり、湯飲みがないのに何度もお茶をつごうとした。男性が病院へ連れていくと、診断は「レビー小体型認知症」。幻視や幻聴、抑うつ症状が表れる病気だった。

     男性は小売店での配送が早く終わった日は実家に顔を出し、休日は両親の通院に付き添った。ヘルパーの女性が週2回、風呂や身の回りの世話をしたが、父が母に手を上げるところは一度も見なかったという。

     16年夏。事件は前触れもなく起きた。午後11時ごろ、父は寝ていた母の首にひもを巻き付けて殺害。翌朝、自ら警察署に電話し、自首した。動機は「家事をしないことへの不満」とされたが、地裁は「一切暴力をふるうことなく生活してきたのに突如、殺害を実行するのは正常な心理状態ではない」と指摘。認知症の影響を認め、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役5年)の判決が確定した。

     昨年5月から、父は特別養護老人ホームで暮らし、月1回、男性の付き添いで精神科に通院する。当初はホームの職員に「お母さんに悪いことをした」「お母さんはどこに行った?」などと話しかけることもあったが、「忘れさせてあげたほうがいい」という医師の助言で、男性は母の話題をしないようにしている。

     男性が実家の整理をしていると、タンスの上から古いアルバムが出てきた。酒も賭け事もしない父の趣味は、家族や花の写真を撮ることだった。写真の中で紫色のワンピースを着た母は、あじさいの前で幸せそうにほほ笑んでいた。

     「どうすれば事件が防げたんだろう」。男性は今でもそう考えるが、答えは見つからない。【遠藤浩二】

     【ことば】認知症

     脳の障害で記憶力や判断力が低下し、生活に支障が生じる症状。以前は「痴呆症」と呼ばれたが、侮蔑的などの理由で2004年、厚生労働省が名称変更した。国の推計では、15年の患者数は525万人で高齢者6人に1人の割合。脳の部位や発症原因によって型があり、内訳はアルツハイマー型68%▽血管性20%▽レビー小体型4%▽前頭側頭型など1%。65歳未満は若年性と呼ばれ、09年の推計では国内に3万7800人とされる。

     ◇ご意見や情報をお寄せください

     高齢化を背景に、認知症患者が刑事事件で逮捕されたり、裁判の被告になったりするケースが相次いでいます。こうした現状に司法制度は対応できているのか。実態や課題を随時掲載します。ご意見や情報をお寄せください。(番号はソースで)

    引用元: ・【社会】認知症の夫(82)、統合失調症の妻(79)を殺害 「お母さんはどこに行った?」

    【認知症の夫(82)、統合失調症の妻(79)を殺害 「お母さんはどこに行った?」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/02(火) 08:13:18.21 ID:CAP_USER9.net
    3

    飲酒の夫が妻に暴力 逮捕相次ぐ

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/7004061621.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    元日(1日)の夜、道内では酒に酔った夫が妻に暴力をふるったとして傷害や暴行の疑いで逮捕される事件が3件相次ぎました。

    このうち札幌市厚別区の住宅では、午後9時すぎ44歳の夫が妻を殴っていると一緒にいたこの夫婦の友人から警察に通報がありました。
    警察官が駆けつけ、夫が40代の妻の顔や腹部を殴ったり蹴ったりしたことを認めたことから夫を傷害の疑いでその場で逮捕しました。
    警察によりますと、夫婦は友人と食事をしていたところ口論になり、酒に酔った夫が妻に暴力をふるったということです。

    また、道東の白糠町でも午後10時すぎ69歳の夫が自宅で60代の妻の顔を殴っていると
    息子から通報があり、駆けつけた警察官が夫を傷害の疑いで逮捕しました。

    さらに函館市では、午後7時ごろ49歳の夫が自宅で40代の妻の顔を殴ったとして暴行の疑いで逮捕されました。

    警察によりますと3人はいずれも酒に酔った状態で妻に暴力をふるっていて、いずれも容疑を認めているということです。

    01/02 07:26

    引用元: ・【北の暴力大将】ポカリ、ポカリ、ポカリ 北海道で飲酒の夫が妻に暴力 逮捕相次ぐ

    【北海道で飲酒の夫が妻に暴力 逮捕相次ぐ】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/12(火) 16:10:26.10 ID:CAP_USER9.net
    3

    自宅寝室で無理心中を図り、認知症の妻を包丁で刺して殺害したとして、殺人罪に問われた福島県南相馬市鹿島区北海老、無職田代光被告(90)の裁判員裁判で、福島地裁は11日、懲役3年6月(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。
     
    宮田祥次裁判長は「被告は家庭内で孤立感を強め、体力の衰えも感じて将来を悲観し、精神的に追い詰められていた」などと指摘。ただ、妻が介護老人施設に入院していたとして「介護に疲れている状態ではなく、執行猶予相当ではない」と判断した。
     
    判決によると、被告は今年4月5日午前9時50分~11時55分ごろ、施設から一時帰宅していた妻千枝さん=当時(85)=の腹部を包丁で刺すなどして殺害した。自身も腹部を切って自殺を図り、一時入院した。

    配信2017年12月12日火曜日
    河北新報
    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201712/20171212_63045.html

    引用元: ・【福島地裁】認知症の妻(85)刺殺 無理心中を図った90歳夫に実刑 「介護に疲れている状態ではない」

    【認知症の妻(85)刺殺 無理心中を図った90歳夫に実刑 「介護に疲れている状態ではない」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/12(火) 13:52:11.65 ID:CAP_USER9.net
    3

    「取り返しのつかないことをした」。夫は静かな法廷でうなだれた。大阪府東大阪市の自宅で4月に妻=当時(35)=を暴行して死なせたとして傷害致死罪に問われた大工の男(37)の裁判員裁判が11月、大阪地裁で開かれた。約20分間に及んだ犯行を「一方的で卑劣な暴行」と非難した検察側に対し、弁護側は「日常的なDV(ドメスティックバイオレンス=配偶者間暴力)はなかった」と主張した。その結果、地裁は被告に執行猶予付き判決を言い渡した。夫の暴行により妻が死亡するという衝撃的な事件。裁判所が実刑判決を言い渡さなかった理由とは。

    ■「I LOVE YOU」のネックレス

     公判資料によると、被告と妻は平成16年、被告がプロポーズし結婚。大工として独立したころで、翌年には長男が、2年後には次男が生まれた。

     「ささいなけんかはあったが、夫婦仲はよかった」と被告は振り返った。順調に進むと思われた生活。だが今年3月、2人の歯車が狂い始めた。

     この月上旬、妻はリビングでストーブやテレビをつけっぱなしで寝ることがあった。被告は何回も注意をしたが、直らなかったといい、約1カ月後、口論の末に被告が家を出て、別居が始まった。被告は離婚届を書き、妻に渡したが、話し合った末、元通りの生活を続けることにした。

     弁護人「関係修復のため、どんなことをしたのか」

     被告「和歌山県の神社にお参りにいきました」

     神社で2人でおはらいをしてもらったという。翌日、被告は自宅に戻った。そのとき、妻の首元に見覚えのないネックレスがかかっているのに気づいた。ネックレスには「I LOVE YOU」という文字が入っていた。

    ■「やり直そうと思った」

     被告は妻に詰め寄った。

     「不倫しているんちゃうか」

     妻は否定したが、被告は携帯を見せるよう要求し、LINEで、ある男性とやり取りしているのを見た。「不倫している」と分かるような親密なものだったという。被告は妻に携帯を投げつけ、頭を蹴り、「出ていってくれ」と怒った。

     その後、被告は家を出た妻に、「子供たちは本当に自分の息子か」「相手に謝罪文を書かせろ」などとメールを送った。だがその後、「子供らに謝りにこないか」とのメールを送信した。「仕事場の人に『離婚はすぐできるから、子供のためにがんばったら?』といわれ、やり直そうと思った」からだったという。

     4月22日、妻は自宅に戻ると、1階リビングで、2人の子供に「ごめんな、ごめんな」と頭を下げ続けた。

    ■頭を蹴り、胸ぐらつかんで投げ倒す

     その後、子供たちは2階の部屋へ上がり、夫婦2人で話し合いになった。

     検察官「会話の内容は」

     被告「はっきり覚えていません。(不倫)いつからしてたん?と聞きました」

     被告は妻の不倫を今年3月の別居後だと思っていた。だが、予想と異なり、妻は別居前の「昨年12月ごろ」と答えた。

     被告はこれに激高。妻の頭を平手で4、5発、たたいたほか、足の裏で頭などを数回蹴り、胸ぐらをつかんで妻を投げ倒した。妻は無抵抗のまま暴力に耐えていたが、投げ倒されると、目を見開いたまま呼吸が不自然になったという。

     暴行は午後11時30分ごろから約20分間続き、妻は翌23日朝、搬送先の病院で急性硬膜下血腫などによる脳ヘルニアにより死亡した。

     検察側によると、事件当時の妻は身長150センチ、体重33キロだった一方、被告は身長177センチ、体重63キロ。かなりの体格差があった。検察側は論告で「2人の体格や力の差は明らか。妻の頭や顔、手足には多くの皮下出血があった。執(しつ)拗(よう)な暴行を一方的に加えた」と指摘。不倫だとしても「これだけの暴行を受ける必要はなく、犯行は身勝手で悪質だ」と非難した。

    >>2以降に続く

    配信2017.12.12 06:30
    産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/171208/wst1712080068-n1.html

    ★1が立った時間 2017/12/12(火) 12:04:09.24
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513050822/

    引用元: ・【大阪地裁】不倫した妻に20分にわたって暴行、死亡させた夫 猶予付き判決の理由は… 無抵抗の体重33kgの妻を投げ倒す★3

    【不倫した妻に20分にわたって暴行、死亡させた夫 猶予付き判決の理由は… 無抵抗の体重33kgの妻を投げ倒す 続報】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/12(火) 04:51:19.19 ID:CAP_USER9.net
    3

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20171212-00000008-jnn-soci
    12/12(火) 4:32
    TBS系(JNN)
    ジェンキンスさん死去、拉致被害者・曽我ひとみさんの夫


     訃報です。新潟県佐渡市で暮らす拉致被害者、曽我ひとみさんの夫、チャールズ・ジェンキンスさんが亡くなりました。77才でした。

     佐渡歴史伝説館の土産物店で働き、観光客に人気だったジェンキンスさん。北朝鮮で同じ時期に暮らしたタイ人女性の拉致被害者の存在を明らかにするなど、39年間の北朝鮮での生活を元に、数多くの貴重な証言を行ってきました。(12日04:05)

    引用元: ・【訃報】ジェンキンスさん死去、拉致被害者・曽我ひとみさんの夫

    【訃報 ジェンキンスさん死去、拉致被害者・曽我ひとみさんの夫】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/25(土) 16:41:01.93 ID:CAP_USER9.net
    1

    夫殴った女 傷害致死で起訴

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/matsuyama/8003014711.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    11月3日、新居浜市で夫を殴ってけがを負わせ、傷害の疑いで警察に逮捕された30代の女について、松山地方検察庁はその後暴行で夫が死亡したとして24日傷害致死の罪で起訴しました。

    起訴されたのは、新居浜市松木町のパート従業員、村尾香織被告です。
    村尾被告は11日月3日午前10時半ごろ新居浜市の自宅で、50代の夫の背中などを手やリモコンで殴ってけがを負わせたとして4日、傷害の疑いで、警察に逮捕されました。

    事件当日の午後夫は病院で死亡し、松山地方検察庁は、死因は暴行によるものだとして村尾被告を24日傷害致死の罪で起訴しました。

    村尾被告は警察の調べに対して傷害の容疑を認めていたということです。

    11/24 19:23

    引用元: ・リモコンや手で殴り死なす 傷害致死で起訴・松山地検

    【妻が夫をリモコンや手で殴り傷害致死で起訴・松山地検】の続きを読む

    このページのトップヘ