あずきブログ@2chまとめ

あずきブログは2chまとめブログです。

    女子大生

    1: 小豆大福 2017/10/12(木) 17:05:41.54 ID:CAP_USER9.net
    1

    埼玉県警春日部署は12日、路上で女子大生の体を触ったとして、強制わいせつの疑いで同県春日部市中央、さいたま市立東岩槻小教諭、春川明人容疑者(23)を逮捕した。

    逮捕容疑は8月31日午後9時55分ごろ、春日部市内の路上で帰宅途中の20代女子大生の腕をつかんで住宅の外壁に押し付け、体を触ったとしている。

    署によると「ナンパ目的で声を掛けたが断られ、むらむらしてやった」と供述し、容疑を認めている。
    女子大生が父親を通じて110番通報。
    防犯カメラの映像解析などで容疑者を割り出した。

    さいたま市教育委員会によると、春川容疑者は昨年4月に臨時教員として採用され、今年4月から小2の担任だった。
    細田真由美教育長は「教育公務員としてあるまじき行為で極めて遺憾」とのコメントを出した。

    以下ソース:産経ニュース 2017.10.12 16:41
    http://www.sankei.com/affairs/news/171012/afr1710120020-n1.html

    引用元: ・【埼玉】「ナンパ断られ、むらむら…」強制わいせつ容疑でさいたま市立小教諭(23)を逮捕 春日部署

    【「ナンパ断られ、むらむら…」強制わいせつ容疑でさいたま市立小教諭(23)を逮捕】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/24(日) 15:49:10.23 ID:CAP_USER9.net
    3愛知県豊田市で、原付バイクの女性を軽トラックでひき逃げし、大けがをさせた疑いで23歳の男が逮捕されました。

    逮捕されたのは知立市弘法町の作業員宮川雄喜容疑者(23)です。
    豊田警察署によりますと、宮川容疑者は昨夜6時45分頃豊田市伊保町の交差点で軽トラックを運転中、原付バイクと衝突し、逃げた疑いが持たれています。

    原付バイクを運転していた名古屋市天白区の20歳の女子大学生は頭などを強く打ち脳挫傷の大けがです。

    目撃者からの110番通報で近くにいたパトカーが現場に駆けつけると、通報から数分後、
    宮川容疑者が現場に戻ってきて、「運転手は私です」などとひき逃げを認めたと言うことです。

    以下ソース:CBC 24日11:51
    http://www.hicbc.com/news/detail.asp?id=00044CDC

    引用元: ・【愛知】豊田で女子大生重傷のひき逃げ 23歳男逮捕

    【悲報 愛知・豊田で女子大生重傷のひき逃げ 23歳男逮捕】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/17(日) 13:31:53.38 ID:CAP_USER9.net
    10613年前の茨城大生殺害事件で、国際手配されているフィリピン人の男が、「自転車から引きずりおろした」などと、犯行の詳細を語っていたことがわかった。
    FNNが、フィリピンで直撃取材した男(31)は、当時18歳だった2004年に、ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(36)らとともに、茨城大学の女子大生(当時21)を暴行し殺害した疑いで、国際手配されている。
    男は取材に対し、犯行を認めていて、親族に対して、「自転車から引きずりおろし、犯行に及んだ」と語っていた。
    フィリピン人の男(31)の親族は「彼女は、(フィリピン人の男の)友達だったが、友人が彼女を引きずりおろした。彼女は、自転車から転落した」と話した。
    警察の調べでも、女子大生は、自転車で外出したあとに殺害されたことがわかっていて、自転車も現場から離れた空き地で見つかっている。

    09/17 12:33
    http://www.fnn-news.com/sp/news/headlines/articles/CONN00370700.html

    引用元: ・【茨城女子大生殺害】「自転車から引きずりおろした」フィリピン人の男、犯行詳細を語る

    【【報道】茨城女子大生殺害「自転車から引きずりおろした」フィリピン人の男、犯行詳細を語る】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/08(金) 20:49:26.90 ID:CAP_USER9.net
    10613年前の女子大生殺害、「日本で人殺しをした」(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170908-00000066-jnn-soci
    9/8(金) 18:06配信

     13年前、茨城県で殺害された女子大学生の遺体が見つかった事件で、国際手配されている当時18歳だった男が、フィリピンで知人に「日本で人殺しをしたから逃げてきた」と話していたことがわかりました。

     フィリピン国籍で岐阜県瑞穂市の工員ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35)。13年前、茨城大学農学部2年の女子大学生(当時21)を殺害したなどとして先週、逮捕されました。

     警察は、遊び仲間だったという事件当時19歳だった容疑者A(33)と、18歳だった容疑者B(31)による3人の犯行と断定し、AとBを国際手配しています。

     JNNは、フィリピン・ルソン島にある容疑者Aの実家がある町を取材。すると、Aは妻子をもち、隠れることもなく生活していた様子が明らかになりました。

     「(Q.容疑者Aを見た?)見ましたよ」(容疑者Aを知る人)
     「(先月)見ましたよ。あそこを歩いているのを見かけた。突然、彼の姿を見かけなくなった」(容疑者Aを知る人)

     Aは先週もこの町で目撃されていました。

     「先週、彼(容疑者A)を見かけたよ。でもあれから見かけなくなった」(容疑者Aを知る人)

     しかし、地元住民によりますと、Aはランパノ容疑者の逮捕後、姿を見せなくなったということです。

     さらにJNNは事件当時18歳だった容疑者B(31)がかつて住んでいたマニラ市内の住宅地へと向かいました。

     「国際手配されている2人の男のうち1人は、フィリピンに帰国後、ちょうどこの辺りに住んでいたということなんですが、その際、周囲の人たちに日本で殺人を犯したと話していたということです」(記者)

     Bをよく知るこの男性。男性はBから「日本で人殺しをしたからフィリピンに帰ってきた」と告白されたことを証言しました。

     「彼(容疑者B)から『緊急で帰ってきたのは人を殺したから』と聞いた」(容疑者Bを知る人)

     またJNNは容疑者AとBの出入国の記録も入手。それによるとAとBは事件から3年後の2007年に日本からフィリピンに入国し、それ以降は出国していないことがわかりました。

     警察は、ICPOに捜査協力を求めるなどし、2人の男の行方を追っています。(08日16:39)

    引用元: ・【転寝】茨城女子大生殺人事件 国際指名手配中の一人は妻子持ち、フィリピンで隠れることもなく生活

    【【茨城】女子大生殺人事件 国際指名手配中の一人は妻子持ち、フィリピンで隠れることもなく生活】の続きを読む

    このページのトップヘ