あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    女性患者

    1: 小豆大福 2017/10/19(木) 06:59:33.25 ID:CAP_USER9.net
    3
    「週刊文春」編集部
    42分前

    source : 週刊文春 2017年10月26日号


     東大医学部出身の精神科医・ゆうきゆう氏(本名・安田雄一郎・42)が、自らが経営する「ゆうメンタルクリニック」の女性患者と不誠実な肉体関係を持ち、女性が自殺未遂をするまで追い詰められていたことが「週刊文春」の取材でわかった。


    (写真)
    直撃取材に答えるゆうき氏 ©文藝春秋


     小誌に告発したのはA子さん(19)。思春期に摂食障害で悩んだこともあり、現在も抗精神病薬が手放せない。A子さんはゆうき氏主催の心理学イベントに参加したことで、氏とメールのやりとりをするようになった。
    昨年9月初旬の18歳の誕生日当日には氏の自宅兼事務所に誘われ、そこで初めて関係を持ったという。その後も週に1、2回、そこで会い続けた。

     だが、それは10代のA子さんが思い描く“交際”ではなく、性欲を満たすために利用されるだけの関係だった。

    「私は体が弱いのですが、先生を尊敬していたこともあって頑張って応えていました。私が精神的なトラブルを抱えていて、ゆうメンタルクリニックで抗精神病薬を処方されたことを伝えたりもしました。
    しかし、先生は『ピルはすぐに処方できる』とか言って、避妊してくれないことも多かった」(A子さん)

     ゆうき氏は都内でメンタルクリニック6カ所、脱毛・皮膚科クリニック2カ所を経営し、心理学関係の著作は70冊以上にのぼる。なかでも原作を手掛けた「マンガで分かる心療内科」(全15巻)は、
    若い世代を中心に支持され、シリーズ累計300万部を超えるベストセラーになっている。A子さんにとって著名なゆうき氏は「憧れの人だった」という。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    http://bunshun.jp/articles/-/4596

    引用元: ・【漫画原作者】カリスマ精神科医・ゆうきゆう氏が10代女性患者と不誠実な関係

    【カリスマ精神科医・ゆうきゆう氏が10代女性患者と不誠実な関係】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/07(土) 14:58:13.82 ID:CAP_USER9.net
    1

    仙台市消防局で8月、通報を受けた担当部署が救急隊に誤った住所を伝え、救急車の到着が遅れるミスがあったことが6日、分かった。患者は搬送先の病院で死亡が確認された。市消防局は後日、遺族に経緯を説明し謝罪した。
    複数の関係者によると、8月31日夜、青葉区の60代女性が意識を失って倒れたと家族が119番した。市消防局指令課の職員が家族から住所を聞き取り、青葉消防署に指令書を出したが、別の住所の地図が記載された。

    地図の住所地に赴いた救急隊が誤りに気付き、本来より約10分遅れて女性の自宅に到着。女性は既に心肺停止の状態だった。心肺停止は蘇生開始が1分遅れるごとに救命率が約10%ずつ下がるとされる。
    市消防局の指令システムは、区役所の住民登録情報に基づいて入力された住所と周辺地図を、指令書に反映させる仕組み。転居などで住所が変更されても、地図の更新は2カ月に1回の点検時に合わせて行われるため、一時的に旧住所の地図のままとなるケースがあるという。

    市消防局では、2015年9月と16年8月にも指令ミスや救急車の脱輪事故で現場到着や病院収容が約8~16分遅れ、いずれも患者が死亡した。市消防局は、この2件について発表したが、今回は現時点で公表していない。
    市消防局は取材に、「個別具体の事案については答えられない」としている。

    配信2017年10月07日土曜日
    河北新報
    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201710/20171007_13028.html

    引用元: ・【宮城】指令ミスで救急車遅れ 搬送先で60代女性患者死亡 仙台市消防局が誤った住所伝える

    【指令ミスで救急車遅れ 搬送先で60代女性患者死亡 仙台市消防局が誤った住所伝える】の続きを読む

    このページのトップヘ