あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    子供

    1: 小豆大福 2017/10/23(月) 20:38:13.65 ID:CAP_USER9.net
    国民生活センターは、未婚率の上昇に伴って、独身の子を持つ親向けに結婚相手を紹介する仲介サービス業者が契約を迫るなどのトラブルが年々増加しているとして、注意を呼びかけている。

    未婚率が上昇し、晩婚化が進むなかで、最近、子供の結婚相手の情報を親に提供したり、親が子の代理としてお見合いするなど、親が成人した我が子の結婚に関与するサービスが増えている。

    サービス増加に伴って、全国の消費者センターには、親に対する電話での勧誘や家庭訪問などをきっかけに、しつこく勧誘を迫るトラブルに関する相談が増えており、2012年度以降、毎年500?700件以上の相談が寄せられるという。

    具体的には、当事者である子や周囲に秘密にするよう約束させられて、登録料や月会費、情報提供費40万円を支払ったケースや、クーリング・オフを申し出たところ返金を断られたり、何度催促しても誰も紹介されないなどのケースなどのほか、本人に対する説明や理解を得られないまま、海外でのお見合いプランを勧められたり、国際結婚の成婚料として250万近い大金を請求されるなどの相談が寄せられている。

    報告された相談のなかには、「娘が独身のままなのは親の責任だ」などと責めるような口調で話し、自宅まで勧誘に押しかけるケースもあったという。国民生活センターは、「業界団体の制度では、契約者は独身である結婚の当事者本人であることが求められており、子に内緒で親が契約した事例ではトラブルを引き起こす」と述べて、契約時には子と十分に話し合ったうえで、サービス内容や契約条件を比較検討して業者を選ぶよう注意を呼びかけている。

    親が独身の子の結婚に関与するサービスの増加で、トラブルにまつわる相談が増えている(国民生活センター
    no title

    国民生活センターが親向けに作った心得より
    no title


    配信2017年10月23日 16時40分
    ハザードラボ
    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/2/22436.html

    引用元: ・【社会】「子が独身なのは親の責任?」 親心につけいる結婚紹介業者のトラブル 相談急増

    【注意!!「子が独身なのは親の責任?」 親心につけいる結婚紹介業者の手口】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/18(水) 00:18:00.37 ID:CAP_USER9.net
    1

     2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、全国的に禁煙ムードが高まっている。
     そんななかで、都民ファーストの会から「東京都子どもを受動喫煙から守る条例案」が9月の都議会定例会に提出され、10月5日に賛成多数で可決された。この条例では、子どもがいる自宅や自家用車の中、通学路などを禁煙とする。当初は努力義務だが、いずれ罰則付きとする可能性を示唆している。さらに、将来的には飲食店などの屋内が罰則付きで全面禁煙になるという。
     これに対しては、支持する声もあるが、非喫煙者や法律の専門家からも「やりすぎではないか」という声も上がっている。当然、愛煙家たちは歓迎したくないだろう。
     喫煙擁護派は、この条例をどのようにみているのだろうか。そこで今回、『たばこはそんなに悪いのか』(ワック)という書籍を上梓している「喫煙文化研究会」に話を聞いた。同研究会は、作曲家のすぎやまこういち氏が代表で、東京大学名誉教授の養老孟司氏、作家の筒井康隆氏、脚本家の倉本聡氏、漫画家のさいとうたかを氏などの著名人が多く会員に名を連ねている。

    ■都民ファーストの会の条例案は人権侵害問題
    「タバコの煙を子どもに吸わせてはいけないという部分に関しては、もちろん賛成です。ただ、家の中に政治や行政が介入するというのは大きな問題だと考えています。現在の提案は努力義務で済んでいますが、これが今後、罰則が付くようになると、近隣住民の喫煙を監視し合うような通報社会になりかねません。これがもっとも危惧するところです。
     また、これは条例であり、法律でもなければ憲法でもありません。そんなものがプライバシーに介入していいのでしょうか。タバコをはじめとする嗜好品というものは、その根本に憲法で規定されている幸福追求権があるわけですから、これは喫煙者どうこうの話ではなく、人権に関わるレベルの話だと考えています」(喫煙文化研究会事務局長・山森貴司氏)
     そもそも、都の条例をはじめとする世の禁煙ムードは、オリンピック招致に際し、日本は受動喫煙対策が遅れているという批判から高まったように思える。しかし、実際にはそれは誤った認識だという。
    「日本の受動喫煙対策が遅れているというのはとんでもない誤解で、実際は屋内も屋外も分煙がされていて、世界的に見てもかなり規制が進んでいます。それでは、なぜ遅れていると言われるかというと、WHO(世界保健機関)の『タバコ規制枠組条約』の基準が、屋外ではなく、屋内をどれだけ禁煙にするかという部分に重きを置いているからです。それに照らして考えると、確かに日本は諸外国と比べて屋内全面禁煙をしていないために、規制が進んでないといわれるのです。しかし、ヨーロッパなどは屋外の喫煙に関しては規制が非常に緩いですから、屋外の状況も踏まえて客観的に考えれば、日本が遅れているというのは誤りといえるでしょう」(同)

    ■タバコは決して「百害あって一利なし」ではない
     このように、世の禁煙ムードを助長させている「日本の受動喫煙対策は、世界の中でも最低レベル」という風潮が、そもそも間違っているという。そして、もとを正せばタバコが「百害あって一利なし」という認識自体、疑問を呈するところだと山森氏は語る。
    「もちろん、タバコは体にいいものではないでしょう。実際、COPD(慢性閉塞性肺疾患)や肺気腫に悪いというのは確実だと証明されています。ただ、一般的にいわれている肺がんへの影響については非常に不確かです。日本の喫煙率は1966年の成人男性83.7%をピークに下がり続け、現在は男女合わせて18.2%という調査結果が出ていますが、その一方で肺がんによる死亡率は上がり続けているわけで、実際には理由付けができないはずです。そもそも、今や2人に1人ががんになる時代ですから、それを全部喫煙のせいにするのはおかしな話です。
     喫煙の影響は20~30年後に表れるという反論もありますが、すでに喫煙率のピークから30年以上たっているのに、平均寿命はまだ伸び続けています。したがって、一般的にいわれているほどタバコは体に悪くないのではないかというのが私の見解です」(同)
     また、山森氏によれば、タバコバッシングは、タバコに対する過剰なまでの健康被害意識によるところだけではないという。
    (略)

    ■タバコを100円値上げして完全密閉の喫煙所設置
    (略)

    ビジネスジャーナル:http://biz-journal.jp/2017/10/post_20966.html

    ★:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508224316/

    引用元: ・【東京都】「自宅禁煙」条例が波紋…過剰なタバコ・バッシングに喫煙擁護派が反論 ★2

    【東京都の自宅禁煙条例 厳しすぎると喫煙擁護派が反論】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/18(水) 15:53:27.08 ID:CAP_USER9.net
    1

    [17日 ロイター] - 米ジョージア州アトランタで、2人の幼い息子を生きたままオーブンに入れて殺害したとして母親が警察に逮捕された。米メディアが報じた。

    ラモラ・ウィリアムズ容疑者は2歳と1歳の兄弟を殺害した容疑で訴追された。

    当局によると、ウィリアムズ容疑者は子どもたちを中に入れた状態でオーブンのスイッチを入れ、子どもたちの父親に連絡して殺害する様子をビデオで見せたという。

    捜査員が到着した時、子どもたちはやけどで重傷を負った状態で発見された。

    家族によると、ウィリアムズ容疑者が精神疾患を患っていた。容疑者の母親は、子供たちの親権をはく奪するよう福祉当局に要請していたと話している。

    配信2017年10月18日 / 13:10
    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/georgia-crime-mother-idJPKBN1CN0CK

    引用元: ・【米国】幼い兄弟(2歳・1歳)を生きたままオーブンで殺害 母親逮捕 ジョージア州・アトランタ

    【幼い兄弟(2歳・1歳)を生きたままオーブンで殺害 母親逮捕】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/16(月) 19:56:03.39 ID:CAP_USER9.net
    1

    愛知県豊橋市の自宅アパートに長女(8)と1歳7カ月の長男を約5時間放置したとして、豊橋署は16日、保護責任者遺棄の疑いで会社員の父親(31)と無職の母親(41)を書類送検した。両親はその間、外出してスロット遊びをしていた。帰宅すると長男が倒れており、搬送先の病院で死亡した。

     送検容疑は8月8日午後2時ごろから約5時間、自宅に長女と長男を放置した疑い。2人は容疑を認め、過去にもパチンコやスロットをするため、子どもを自宅に残しての外出を繰り返していたという。

     豊橋署によると、同日午後7時10分ごろに帰宅した母親が、裸でぬれた状態の長男が居間で倒れているのを発見、119番した。両親が帰宅した際、風呂の浴槽から水があふれていた。両親は「午後2時ごろに外出した際、浴槽は空だった」と説明している。

     司法解剖の結果、長男は溺死とみられ、長女と水遊びをしていた可能性があるという。豊橋署は、2人を放置したことと長男の死亡との因果関係を立証するのは困難だとして保護責任者遺棄致死容疑の適用は見送った。

    配信2017.10.16 19:05更新
    産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/171016/wst1710160073-n1.html

    引用元: ・【愛知】1歳7カ月の長男放置しスロット、浴槽で溺死 両親書類送検

    【1歳7カ月の長男放置 スロット遊び中に浴槽で溺死】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/02(月) 20:51:54.81 ID:CAP_USER9.net
    3


     妻の実家に侵入したとして、福岡県警粕屋署は2日、ウェブサービスのガイアックス(東京・千代田)の社長、上田祐司容疑者(43)=東京都品川区東品川4=を住居侵入の疑いで現行犯逮捕した。同署によると、上田容疑者は「侵入したのは間違いない」と容疑を認めているという。

     逮捕容疑は2日午前8時45分ごろ、福岡県古賀市にある上田容疑者の妻の実家で、義父(61)の制止をふりきって自宅に侵入した疑い。

     同署によると、上田容疑者の妻が数日前に子供2人を実家に連れ帰ったため、上田容疑者が実家に侵入したという。

     ガイアックスは1999年設立で、交流サイト(SNS)事業などを手掛ける企業。名証セントレックスに上場している。同社は「事実関係を確認中」としている。

    配信2017/10/2 13:30
    日経新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21772130S7A001C1ACX000/

    引用元: ・【福岡】妻の実家に住居侵入容疑 ガイアックス社長(43)を逮捕

    【速報 妻の実家に住居侵入容疑 ガイアックス社長(43)を逮捕】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/25(月) 11:17:27.33 ID:CAP_USER9.net
    子どもらに銃の扱い方を教える米兵
    no title


    金武町の米軍キャンプ・ハンセンを一般市民に開放する「ハンセン・フェスティバル2017」が23日、2日間の日程で始まった。在沖米海兵隊の兵器展示のほか、ライフル銃を自由に触れるコーナーもあり兵士が子どもに銃の扱いを説明する場面もあった=写真。

    県内の米軍活動を監視している県平和委員会の大久保康裕事務局長は「自衛隊基地内で銃を触らせることが問題になり、最近は全国の米軍基地でも触らせることはなくなっていたが、先週末も横田基地でもあった。展示が再開されたのか。軍隊の美学を宣伝する狙いがあるのではないか」と問題視した。

    会場ではコンサートイベントのほか、米海兵隊に配備されている自走式高機動ミサイル砲システム「HIMARS(ハイマース)」や155ミリ榴弾砲なども展示された。

    配信2017年9月24日 10:23
    琉球新報
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-582158.html

    引用元: ・【沖縄】米兵が子どもらに銃の扱い方教示 米軍キャンプ・ハンセンフェスで/金武町

    【【米軍】米兵が子どもらに銃の扱い方教示 米軍キャンプ・ハンセンフェスで】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/21(木) 19:16:03.38 ID:CAP_USER9.net
    3南カリフォルニア大(米国)は21日、日米の10代の子どもとその親それぞれ約600組を対象にしたスマートフォンなどモバイル端末の使用に関する調査の結果を発表した。

    子どもが新たなスキルを習得するのに役立つと考える親の割合は米国の88%に対し日本は25%にとどまりモバイル端末の有用性などを巡る両国の意識の違いが浮き彫りになった。



    米国の調査を担当したNPO「コモン・センス・メディア」のジェームズ・ステイヤー代表は「米国では、21世紀を生き抜く上で科学技術の知識を活用する能力が不可欠だと親たちが認識している」と解説。
    同様の意識は日本でも高まるだろうと指摘した。

     北國新聞
     http://www.hokkoku.co.jp/newspack/shuyo2017092101001600.html

    引用元: ・【社会】スマホ有用性、日米で認識差 ― モバイル端末巡る調査

    【【意識調査】子供のスキル習得に対するスマホの有用性、日米で大きな認識差】の続きを読む

    このページのトップヘ