あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    安室奈美恵

    1: 小豆大福 2018/01/06(土) 20:49:16.62 ID:CAP_USER9.net
     NHKが5日、報道各社に提供した昨年大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」に出演した安室奈美恵(40)の2枚の歌唱写真が当日の本番ではなく、12月30日のリハーサル時に撮影したものだと公表し、謝罪したことを各メディアが報じている。

     報道をまとめると、安室は昨年12月29日と30日にメイン会場のNHKホールとは別の局内にあるスタジオでリハーサルを行い、31日に生中継で出演。

     同局によると、事前に安室側から写真撮影は29日、30日のみと指定され、31日の撮影はNGとされていたという。

     しかし、同局広報局と制作局の複数の現場担当者は、リハーサルが本番と同じ服装、照明で行われたことなどから、リハーサルの写真を本番の代用として提供することを決定。一連の経緯について上司への報告はなかったという。

     そのままスルーされれば何の問題もなかったが、今月4日、第三者から「写真のデータの日付が12月30日になっている」との指摘を受け発覚。担当者らは事実と認めているというのだ。

    「普段から安室の取材をしていれば分かることだが、基本、安室は本番の撮影はNG。出演交渉の段階からそのあたりのことを詰めていれば何の問題もなかった。しかし、NHKは安室に対してまるで“殿様”のようなVIP待遇を提示して交渉。その結果、一般常識で考えたらあり得ないような大失態を犯すことになってしまった」(芸能記者)

     歌手別視聴率ナンバー1を記録しラスト紅白を飾った安室だが、NHKのおかげで“黒歴史”になりそうだ。

    http://wjn.jp/article/detail/4224066/
    no title

    引用元: ・【芸能】安室奈美恵の“殿様”ぶりが招いたNHKの大失態

    【安室奈美恵の“殿様”ぶりにNHKは言われるがまま...】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/02(火) 12:20:27.37 ID:CAP_USER9.net
    3

    「紅白」後半視聴率39・4%

    1/2(火) 10:32配信

    スポニチアネックス

     昨年大みそかに放送された「第68回NHK紅白歌合戦」(後7・15~~11・45)の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が前半(第1部)は35・8%、後半(第2部)は39・4%だったことが2日、分かった。

     今年9月に引退する安室奈美恵(40)が特別枠で14年ぶりに出演。
    リオ五輪・パラリンピックのNHKテーマソング「Hero」を披露し、テレビ生歌唱は7年ぶりとなった。
    同じく特別枠の桑田佳祐(61)は年越しライブ会場の横浜アリーナから中継を結び、昨年前期の連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌「若い広場」を熱唱。
    「ひよっこ」紅白特別編、短編ドラマが2本放送され、桑田は昭和の大作曲家・浜口庫之助を演じた。

     ほかにも、X JAPANのYOSHIKI(年齢非公表)が昨年5月の首の手術以来、封印していたドラムプレーを解禁。
    欅坂46と総合司会のウッチャンナンチャン・内村光良(53)の共演パフォーマンスの最後に、欅坂センターの平手友梨奈(16)志田愛佳(19)鈴本美愉(20)が軽い過呼吸のような状態になるハプニングがあった

     紅組のトリは石川さゆり(59)が2年連続8回目、大トリはゆずが初の大役を務め、石川は「津軽海峡・冬景色」、ゆずは「栄光の架橋」を熱唱した。

     テーマは「夢を歌おう」。総合司会は内村が初の重責。紅組司会は女優の有村架純(24)が2年連続、白組司会は嵐の二宮和也(34)が単独初の大役を担った。

     内村の安定した司会進行ぶりに、インターネット上には絶賛の声が続出。
    「LIFE!~人生に捧げるコント~」のキャラクター・三津谷寛治氏にも扮し、お茶の間の笑いを誘った。

     白組が3年ぶりに勝利し、対戦成績を37勝31敗とした。
    審査方法について、16年は視聴者から「分かりづらい」と批判が相次ぎ、物議を醸したため、17年は視聴者、ゲスト審査員、会場の観客が投票権を持ち、その票すべてを1票として数える方式に変更。
    紅、白の22対戦ごとに集計し、白組=223万7644票(視聴者審査員=223万6339票、会場審査員=1305票)、紅組=143万2371票(視聴者審査員=143万1292票、会場審査員=1079票)(会場審査員にゲスト審査員含む)。
    約80万票差がついた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00000052-spnannex-ent

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1514860105/

    引用元: ・【紅白】視聴率 40%切りで大コケ 事前予想50%超え説も★3

    【紅白視聴率 40%切りで大コケ 事前予想50%超え説も】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/27(水) 22:42:58.48 .net
    【アムロス】安室奈美恵の引退表明で「誰が東京五輪で歌うのか?」と話題 / ネットの声「ジャニーズとAKBは勘弁」「小林幸子が世界の度肝を抜く」などビックリ

    2018年9月16日をもって引退すると電撃発表した歌手の安室奈美恵さん。その功績は余りにも大きく日本中に衝撃が走っているが、なぜか3年後の東京五輪にまつわる話題がネット上で盛り上がりを見せている。

    その内容とは、本命の1人として見られていた安室さんの引退により「誰が東京五輪の開会式で歌うのか?」というもの。ネタ的な意見も含めて、ネット上ではカオス的な展開になっているのでご紹介したい。

    ・本命の1人
    あくまで推測の域を出ないが、やはり安室さんは東京五輪の開会式で歌う本命の1人であったことだろう。歌唱力はもちろんのことエンターテイメント性も含めて、日本を代表するトップアーティストの1人であることは疑う余地がない。

    その他に本命候補と見られているのが、リオ五輪の閉会式で音楽を総合プロデュースした椎名林檎さん。そして2016年にアーティスト活動を再開した宇多田ヒカルさんあたりだろう。どちらも開会式を託すのにふさわしい実力の持ち主だが、ネット上ではこの2人以外の名も多く飛び交っている。

    ・ネットの声
    「順当にいけば椎名林檎か宇多田ヒカルだろうな」
    「その2人なら納得できる」
    「頼むからジャニーズとAKBだけはやめてくれ」
    「嵐が君が代を歌うとする。それに熱狂するジャニヲタとか想像するだけで恐ろしい」
    「EXILEも勘弁な」
    「秋元康先生もジャニー喜多川さんも、おとなしく手を引いてください」
    「SMAP復活フラグが立ったんじゃね?」
    「夏のお祭りには桑田佳祐とサザンが良く似合う」
    「B’zがいるだろうが!」
    「小林幸子が世界の度肝を抜く」
    「日本らしく演歌でいいじゃん。氷川きよしにずんどこ節歌ってもらおう」
    「由紀さおりあたりでいいだろ」
    「みなさん、ピコ太郎をお忘れかな?」
    「別に歌う必要がない」

    印象的だったのは「誰に歌って欲しい」という意見よりも、「ジャニーズやAKBなどのアイドルだけはやめてくれ」という声が多かったこと。アイドル文化はジャパニーズカルチャーのひとつであることは間違いないが、東京五輪の開会式には不向きだと考えている人が多いようだ。

    まだ3年あるとも、もう3年しかないともいえる2020年の東京五輪。安室さんの引退表明は時空を超えて、こんな話題にも影響を及ぼしている。
    https://gunosy.com/articles/aDmeS 



    引用元: ・【五輪】2020東京五輪は誰が歌うのか? ジャニーズAKBはやめての声 ★3

    【【みんなの予想】2020東京五輪の開会式で日本を代表して歌う歌手といえば?】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/25(月) 20:46:01.91 ID:CAP_USER9.net
    3 25日、日本テレビ系情報番組「PON!」の中で、華原朋美が、来年9月をもって引退する歌手・安室奈美恵にコメントを寄せた。

     華原自身も歌手として一時代を築いたが、そんな同業者が決めた決断に、「かっこよさを貫くというのは素晴らしい」とたたえ、「誰よりも素晴らしい、駆け抜けた存在」と評した。そして先を行く安室に「なかなか追いつけなかった」とも吐露。









     また、かつて小室哲哉プロデュースのアーティストたちによる「TKファミリー」が揃って歌う場面では、「1人だけ輝いてました」とコメントしていた。

     そして、これまで全ての曲を携帯に入れて聴いては励まされていたという華原。「ありがとう」と感謝を述べた。 

    http://dailynewsonline.jp/article/1358384/
    2017.09.25 11:33 RBB TODAY

    引用元: ・【芸能】華原朋美、安室奈美恵引退に心境告白「なかなか追いつけなかった」

    【【華原朋美】安室奈美恵引退に心境告白「なかなか追いつけなかった」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/23(土) 17:58:45.26 ID:CAP_USER9.net
    3 2018年の9月16日をもって引退することを発表した歌手の安室奈美恵。40歳の誕生日を迎えた9月20日に突如、自身の公式サイトで引退を表明し、歌姫の決意に日本じゅうが大騒ぎとなり、今なおショックが続いている状況だ。





     安室といえば、1990年代半ばに小室哲哉プロデュースによる楽曲でミリオンセラーを連発。96年に発売された「Don't wanna cry」で日本レコード大賞を受賞し、翌年も200万枚以上を売り上げた「CAN YOU CELEBRATE?」で連続受賞。同時に細眉や厚底ブーツ、茶髪のロングヘアーなど安室の真似をした「アムラー」なる若者が一世を風靡して社会現象になった。常に第一線を走り続けた歌姫ゆえ、その功績は計り知れない。だが、そんな安室にも低迷していた時期があった。週刊誌の芸能担当記者は言う。

    「2000年代に入って一時、存在感がなくなりました。その頃、安室はヒップホップやR&Bに転向し、それまでのイメージとは違う姿にファンも違和感を覚えたのでしょう。ですが、周りから『人気低迷』と言われる中、テレビへの露出を減らしてストイックにR&B路線を追求。次第にそのパフォーマンスが『かっこいい!』と再評価され始め、2008年3月に発売された『60s 70s 80s』が、9年3カ月ぶりにオリコン・シングルランキングで首位を獲得。同年発売されたベストアルバムも1カ月で100万枚を突破しました。最近では、2015年9月から2016年2月にかけて行われた全国アリーナツアーで約40万人を動員したりと、見事“セカンドブレイク“を果たしたのです」

     今回の引退報道では安室の人気ぶりが話題になりがちだが、実際は苦労を重ね現在の地位を築いたということだろう。そして、安室と同じく平成を代表する歌姫で、同じくセカンドブレイクを経験したアーティストが存在する。

    「それは宇多田ヒカル(34)です。作詞作曲の才能やインパクトのある歌声は世間に衝撃を与え、1999年にリリースされたファーストアルバム『First Love』は200万枚突破。安室と同様に若くして大ブームを巻き起こし一時代を築きました。しかし、2010年8月に『人間活動』に専念するということで、アーティスト活動を休止。結婚や出産を経て2016年4月に復帰し、8年ぶりにアルバム『Fantome』をリリースすると、オリコン週間ランキング初登場1位を獲得。CDが売れない時代にもかかわらず、特典も付けずに25万枚の売り上げを記録したのです。まさに、セカンドブレイクと言っても過言ではないでしょう」(前出の記者)

     もちろん、安室はブログやツイッターをやらない一方、宇多田は自身のツイートがたびたび話題になるなど、2人のスタンスは違う。だが、セカンドブレイクという点で共通していたのだ。

    「1度目の黄金期を経験した後に、2度目のブレイクを迎えるケースはかなり難しい。黄金期からさらに脱皮しなければならないのですからね。ゆえに、セカンドブレイクを果たしたということは本物である証拠でしょう。ジャンルは違いますが、有吉弘行(43)やヒロミ(52)など、芸人についてもそう言えます。安室も低迷期に実力を蓄え、再び黄金期を迎えていたわけですから、引退は本当に惜しいです」(同)

     大ヒット曲を放ったその後、姿を見なくなった歌姫たちは数多い。果たして今後、日本のミュージックシーンに第2、第3の安室&宇多田は出現するだろうか? 注目したいところだ。(ライター・丸山ひろし)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170923-00000010-sasahi-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170923-00000010-sasahi-ent&p=2

    ※前スレ
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506148043/

    引用元: ・【芸能】安室奈美恵と宇多田ヒカル…本物の歌姫になれた2人の“ある共通点” ★2

    【安室奈美恵と宇多田ヒカル…本物の歌姫になれた2人の“ある共通点”とは】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/22(金) 12:07:54.46 ID:CAP_USER9.net
    来年9月での引退を発表し、日本中を驚かせている歌手の安室奈美恵(40)。
    現役で迎える年末は2017年の大晦日が最後になるだけあって、「NHK紅白歌合戦の大トリは確実か?」などの報道もあるが、実現には大きなハードルがある、とするファンも少なくない。

    安室が最後に紅白に出場したのは2003年のこと。
    1995年から9回連続で出場したが、この記録が途絶えることになった原因とウワサされるのが02年出演時の出来事だった。
    同年、安室は左腕の肩近くに黒色のタトゥーを入れており、この年の紅白には「安室のタトゥーが見えていた」との抗議がNHKに寄せられたとされる。

    そのためか03年には安室の左腕にタトゥーは確認できず、「ドーランで隠した?」などと話題に。
    その後、04年から安室は紅白に出演しなくなったが、一部ファンの間では「タトゥーを隠しての出演に安室本人が納得していないのでは?」という憶測がネット上で流れるようになった。

    ただ、近年はそのタトゥーについて「薄くなっている」との指摘も多い。
    実際、安室が表紙を飾った15年発売の女性ファッション誌の表紙では、以前に比べてタトゥーがずいぶんと薄くなった姿が話題に。
    また、コンサートの様子がワイドショーなどで報じられた際のVTRでは、左腕にそれらしきものが見当たらないことも多く、「消したのでは?」と推測する声も上がっている。

    「安室さんが入れたタトゥーには、息子さんの名前と亡き母へのメッセージが記されていると言われており、それを隠さなければならない状況では出演できないと安室さんが考えている可能性は十分にあります。ただ、仮に消えているならば、紅白出演へのハードルは下がるかもしれません」(芸能ライター)

    残り1年間の安室の活動には多くの注目が集まりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00000010-nkgendai-ent

    安室奈美恵
    no title

    引用元: ・【歌手】安室奈美恵、NHK紅白ラスト出演の最大ネックはタトゥーか

    【【歌手】安室奈美恵、NHK紅白ラスト出演の最大ネックはタトゥーか】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/21(木) 12:48:48.72 ID:CAP_USER9.net
    3MAXのMINAが、安室奈美恵の引退について手書きのメッセージを公開した。

    MINAは、安室の引退発表から一夜明けた21日、自身のInstagramにて「#愛を込めて」とコメントを添え、写真に映された7枚の直筆と思われる手書きのメッセージを公開。

    「小学生の頃に出会い同じ夢を追い続け共に歩み育った仲間 25年前 SUPER MONKEY’Sとしてデビューが決まり共に上京 あの頃から誰よりも努力家で、自分の道をしっかり歩いてきた奈美恵その姿がカッコよくて誇らしくもあり、羨ましくもあったよ なんだか奈美恵らしいね 本当に本当にありがとう。この一年私も精一杯応援します。美奈子」と、安室の引退にメッセージを寄せた。

    MINAは、以前安室も所属したSUPER MONKEY’Sの一員としてデビュー。その後、安室奈美恵 with SUPER MONKEY’Sにて共に活動したが、安室を除く4人でMAXとして活動を始めた経緯がある。



    この手書きのメッセージにファンからは「手紙泣けます!」「minaさんのメッセージに涙です」「いいね!がいくつあっても足りません」「最後に安室ちゃんとMAXのステージまた見たいです」「涙がまた溢れてきた」「最後にぜひ共演してほしい!!」「素敵なメッセージですね~」「素晴らしい言葉…」というコメントが寄せられていた。

    株式会社イータレントバンク
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00043536-etalent-musi
    no title

    引用元: ・【芸能】MAX MINA、安室奈美恵の引退に手書きメッセージ公開「なんだか奈美恵らしいね」

    【【安室引退】MAX MINA、安室奈美恵の引退に手書きメッセージ公開「なんだか奈美恵らしいね」】の続きを読む

    このページのトップヘ