あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    少年

    1: 小豆大福 2017/12/06(水) 08:48:05.10 ID:CAP_USER9.net
    部屋を暗闇にし、集団で女子学生襲う 少年4人を強制性交等未遂容疑で逮捕 柳川署
    2017年12月05日 13時47分
    https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/378046/

     福岡県警柳川署は5日、強制性交等未遂容疑で、16歳の少年2人と、17歳の少年2人を逮捕した、と発表した。
     逮捕容疑は、4人で共謀して福岡県内に住む女子学生(21)相手に性的行為をしようと企て、10月22日夜、女性方に上がり込み、部屋の電気を消し、暗闇状態の中で、女子学生を引き倒し、押さえつけて抵抗できない状態にした上で、強制的にわいせつな行為をしようとしたが、未遂に終わった疑い。

    引用元: ・【福岡】部屋を暗闇にし、集団で女子学生襲う 少年4人を強制性交等未遂容疑で逮捕 柳川署

    【部屋を暗闇にし、集団で女子学生襲う 少年4人を強制性交等未遂容疑で逮捕 柳川署】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/27(月) 11:55:32.87 ID:CAP_USER9.net
    1

    福岡県警小倉北署は27日、福岡県苅田町、飲食店従業員の少年と、北九州市若松区、会社員の少年の2人を、強制わいせつ容疑などで逮捕した。

     逮捕容疑は、共謀し、10月28日午前4時すぎ、北九州市小倉北区魚町の路上で、女性保育士を背後から襲い、羽交い絞めにして、近くの有料駐車場に連れ込み、代わる代わる、女性保育士の体を触る強制わいせつ行為をした疑い。飲食店従業員の少年は、強制性交等未遂容疑でも逮捕された。

    配信2017年11月27日 11時29分
    西日本新聞
    https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/376148/

    引用元: ・【福岡】少年2人がかり、女性保育士に強制わいせつ、強制性交等で逮捕 駐車場に連れ込み、代わる代わる、わいせつな行為

    【少年2人がかり、女性保育士に強制わいせつ、強制性交等で逮捕 駐車場に連れ込み、代わる代わる、わいせつな行為】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/27(月) 01:02:21.54 ID:CAP_USER9.net
    3

    札幌市東区で帰宅途中の女性が背中を刺された事件で、北海道警は26日、同市内の中学1年の少年(12)を殺人未遂の非行内容で保護し、同市児童相談所に通告した。道警によると、少年は「人を傷つけたい気持ちがあった」と話しているという。


    引用元: ・【速報】 北海道・札幌市で女性が刺された事件。 12歳の少年を児童相談所に通告! 0:43

    【北海道・札幌市で女性が刺された事件。 12歳の少年を児童相談所に通告!】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/13(月) 12:21:09.05 ID:CAP_USER9.net
    北九州市で20歳の男と女子中学生を含む少年4人が17歳の少年を監禁したり、けがをさせるなどしたとして逮捕されました。

    警察によりますと、15歳の女子中学生と17歳から18歳の少年3人は先月3日、北九州市小倉北区の17歳の少年を無理やり車に乗せ、6日午前にわたって公園や仲間の家に連れ回して監禁した疑いが持たれています。

    さらに、20歳の宮尾改容疑者を加えた5人でその間に殴る蹴るの暴行を加え、ライターのオイルを掛けてやけどをさせるなど、全治1カ月以上の重傷を負わせた疑いが持たれています。警察は少年らの認否を明らかにしていません。

    17歳の少年は女子中学生と以前、交際していて、その友人だった少年らと知り合ったということです。警察で動機など詳しい経緯を調べています。

    no title


    以下ソース:テレビ朝日 2017/11/13 11:51
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000114402.html

    引用元: ・【福岡】20歳男や女子中学生らのグループが…17歳少年を“連れ去り暴行” 北九州市

    【20歳男や女子中学生らのグループが…17歳少年を“連れ去り暴行” 北九州市】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/21(土) 13:45:16.12 ID:CAP_USER9.net
    少年が教室で銃乱射、6人死傷=いじめ引き金に-ブラジル


    【サンパウロ時事】ブラジル中西部ゴイアス州の州都ゴイアニアの私立中学校で20日昼ごろ、14歳の少年が教室内で拳銃を乱射し、男子生徒2人が死亡、女子生徒3人と男子生徒1人の計4人が負傷した。
    死傷者はいずれも13歳前後で、2人が重体との情報もある。
     
    地元報道によると、少年は授業が終わって教師が教室を出た午前11時50分ごろ、かばんから拳銃を取り出して発砲を始めた。教室はパニックに陥ったが、弾が切れた隙を見て職員が少年を取り押さえて警察に引き渡した。少年の父親は警察官で、銃は家から持ち出していた。
     
    少年は普段はおとなしかったといい、クラスメートは「皆に臭いと言われたり、からかわれたりしていた」と証言。
    少年は警察で「いじめっ子に復讐(ふくしゅう)したかった。(1999年4月に米コロラド州で13人が殺害された)コロンバイン高校事件などを参考に、2カ月前から計画を練っていた」と供述している。
    (2017/10/21-07:10)

    時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017102100224
    20日、ブラジル中西部ゴイアス州の州都ゴイアニアの私立中学校で起きた銃乱射事件で、
    悲しみに暮れる生徒たち(AFP=時事)
    no title

    引用元: ・【ブラジル】「いじめっ子に復讐したかった」少年(14)が教室で銃を乱射、6人死傷

    【ブラジル 少年(14)が教室で銃を乱射、6人死傷】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/11(水) 19:15:34.02 ID:CAP_USER9.net
    全裸にし冬の川に…少年を溺死させたか 組員ら逮捕
    (2017/10/11 18:47)

    男らは少年を全裸にしたうえ、冬の川で溺死(できし)させたとみられています。

    津曲拓馬容疑者(21)と指定暴力団住吉会系の組員・糀谷龍之介容疑者(21)ら3人は去年11月、川崎市の多摩川河川敷で、横浜市に住む無職の高橋瑞樹さん(18)を溺死させた疑いが持たれています。

    捜査関係者によりますと、高橋さんは全裸で川に浮いている状態で見つかっていて、事件直前に河川敷で津曲容疑者らと口論になっている姿が目撃されていました。
    警察は、逮捕された3人以外に仲間1人の行方を追っています。

    テレ朝news
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000111935.html
    no title

    引用元: ・【神奈川】全裸にして冬の川に… 川崎市の多摩川河川敷で少年を溺死させた疑い、暴力団組員ら3人を逮捕

    【全裸にして冬の川に… 川崎市の多摩川河川敷で少年を溺死させた疑い、暴力団組員ら3人を逮捕】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/26(火) 20:12:26.55 ID:CAP_USER9.net
    3
    俗に「三十路を過ぎても童貞ならば魔法使いになれる」などといった話も冗談まじりに語られるように、男性にとっても、女性にとっても、若い頃のちょっとしたチャンスを逃してしまうと、なかなか初体験を済ませることができないものだ。しかしかつてこの国においては、そうした“初体験”を手軽に済ませてくれる大人が住むという、なんとも不思議な集落が存在していたという。

    「要は年頃になった男がね、筆おろしのために行くというか。そういうのをやってくれる場所だったんだよね、あそこは」

    自身が生まれ育った東海地方のとある地域に実在したという“筆おろし村”の存在についてそう語るのは、愛知県在住の元自営業・田中力助さん(仮名・78)。田中さんの話によれば、かつて当地の若い青年たちは、こぞってその“筆おろし村”を訪れては、年上の女性たちから性の手ほどきを受け、初体験を済ませていたのだという。

    「一応、“村”とは呼んではいるけども、どちらかといえば、村はずれにある集落っていう感じかな。とにかく、そこにはね、なぜか女しかいない家ばかりがあって、だいたいあそこらで生まれた男は、15、6歳くらいになると、こっそりとそこを訪ねてね、コトを済ませていたものだよ」

    少年にとって記念すべき初体験を提供するその集落の女性たちは、彼らの求めに応じる形で、手馴れた様子でセックスを行い、それこそ「手取り足取り」、彼らに性の手ほどきを行うという。しかもそこまでの行為を行っていながらも、少年たちから金品をとることもなく、ただただ“無料奉仕”としてそうした行為を行い続けていたのだそうだ。

    「もともと、あの地域じゃ、昔から、女を知らない男の初めての相手になると、寿命が延びるとか、若返るだなんていう話があってね。おそらく、そういう迷信っていうのかな? 真顔で信じて、そういう習慣が定着したんじゃないかなって思うよ」

    ちなみに、今ではさすがにその痕跡すら見当たらないというこの“筆おろし村”の習慣。もともと当地にこうした習慣が定着したのは、前出の迷信のほかに、中心地にある色町から、元娼婦の女性が流れ住んだことも大きく影響していると考えられるそうだが、いずれにしかり、なかなか初体験を済ませることができずに悶々とした日々を送っている諸兄にとっては、なんとも羨ましい習慣であると言えそうだ。

    (取材・文/戸叶和男)

    http://tocana.jp/2017/09/post_14447_entry.html

    引用元: ・【奇習】東海地方に実在した「筆おろし村」 童貞少年たちがこっそり通った謎の集落とは?

    【【奇習】東海地方に実在した「筆おろし村」 童貞少年たちがこっそり通った謎の集落とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ