あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    広告収入

    1: 小豆大福 2017/12/08(金) 12:01:36.85 ID:CAP_USER9.net
    3

     民放キー局の2017年4~9月期決算によると、フジ・メディア・ホールディングス(HD)傘下のフジテレビジョンが唯一、営業赤字となった。一人負けに歯止めがかからない状態だ。視聴率の低迷が続き、広告収入が減った。復活への道は険しいようだ。

     フジ・メディアHDの連結決算の売上高は前年同期比4.8%減の3118億円、営業利益は12.3%減の116億円、純利益は8.8%減の116億円だった。減収減益決算となったのは、主力子会社フジテレビの不振が原因だ。

     フジテレビ単体の売り上げは1272億円。前年同期より166億円、11.8%減と大幅に落ち込んだ。営業損益は8億3600万円の赤字
    (前年同期は23億500万円の黒字)、最終損益は5億2200万円の赤字(同16億4700万円の黒字)に沈んだ。
    http://biz-journal.jp/2017/12/post_21616.html

    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512669449/

    引用元: ・【経済】キー局で唯一、フジテレビが赤字に転落 「一人負けに歯止めがかからず」 ★2

    【キー局で唯一、フジテレビが赤字に転落 「一人負けに歯止めがかからず」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/16(土) 09:38:18.31 ID:CAP_USER9.net
    106 長らくプロ野球中継を牽引してきたTBSラジオが、“今季限りで撤退する”という内部情報を入手した。TBSラジオは東京放送ホールディングスの連結子会社で、個人聴取率調査では2001年から現在まで16年連続首位を維持する日本を代表するラジオ局だ。

     同局のプロ野球の初中継は1952年3月の巨人VS毎日のオープン戦まで遡る。現在は毎週火~金曜のナイターを中継しており、巨人戦が約8割を占めている。衣笠祥雄氏や佐々木主浩氏など解説陣も豪華だ。

     なぜTBSラジオはプロ野球中継から撤退しようとしているのか。TBS社員が声をひそめる。

    「近年の野球中継の聴取率低下で広告収入が激減したことが大きな理由です。各球場のラジオ用ブースの使用契約料もバカにはならず、採算が厳しくなっています」

     TBSラジオの入江清彦社長は2015年5月の記者会見で、〈ラジオで野球を楽しむ習慣が遠のいている〉と述べていた。

     TBSラジオに“撤退”について問い合わせたところ、「お伝えできる情報はございません」(編成局編成部番組宣伝班)というのみだったが、TBSラジオで30年以上プロ野球中継を担当した“世界の松下”こと元TBSアナウンサーの松下賢次氏が明かす。

    「撤退は10月に正式発表すると聞いていますが、ラジオ中継のファンからブーイングが起きるんじゃないでしょうか。TBSラジオは日本で最初にデイリーで野球中継をした老舗です。音声だけであらゆるものを網羅するラジオの野球中継はひとつの文化。赤字だからやめるというのは悲しい。他局が追随しなければいいのですが」

     オールドファンにとっては「時代の変化」を感じる寂しいニュースだ。

    ※週刊ポスト2017年9月29日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170916-00000009-pseven-spo

    ★1 2017/09/16(土) 07:20:26.11

    前スレ
    【野球】TBSラジオが野球中継撤退へ… 野球中継の聴取率低下で広告収入が激減… 採算が厳しい状況に… [無断]©2ch.net
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505514026/

    引用元: ・【野球】TBSラジオが野球中継撤退へ… 野球中継の聴取率低下で広告収入が激減… 採算が厳しい状況に…★2

    【【悲報】TBSラジオが野球中継撤退へ… 野球中継の聴取率低下で広告収入が激減… 採算が厳しい状況に…】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/06(水) 19:18:01.42 ID:CAP_USER9.net
    3人気マンガをネットに掲載容疑で逮捕 多額の広告収入か
    9月6日 18時21分

    マンガ雑誌の発売前に人気マンガの内容の一部をインターネットのサイトに載せたとして、沖縄県などの男女のグループと秋田県の男が著作権法違反の疑いで逮捕されました。警察によりますと、このうち、秋田県の男は、サイトを閲覧したことによる広告収入で少なくとも3億500万円を得ていたというこ
    以下ソース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170906/k10011129301000.html

    引用元: ・【アフィカス】ジャンプを発売日前にインターネット上に掲載した容疑で逮捕 広告収入3億5000万円「生活費を稼ぐためにやった」

    【【ジャンプ掲載】ジャンプを発売日前にインターネット上に掲載した容疑で逮捕 広告収入3億5000万円「生活費を稼ぐためにやった」】の続きを読む

    このページのトップヘ