あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    当選

    1: 小豆大福 2017/10/22(日) 00:03:46.58 ID:CAP_USER9.net
    3

    あの豊田真由子氏(43)が子供や学生に大人気なのだという。「このハゲーッ」の暴言、暴行のニュースで豊田氏は自民党を離党する憂き目に遭い、穂坂泰氏(43)という若くてイケメン、おまけに父親は埼玉県会議長で元志木市長というサラブレッドを自民党から「刺客」に立てられる絶体絶命の危機。ところが、このニュースが逆に豊田氏の知名度を上げ、記念撮影をせがむ若者が絶えないのだという。     

     選挙戦終盤の20日、豊田氏の姿は東武東上線志木駅前にあった。

     公示前と違い、謝罪ではなく「行ってらっしゃいませ」と幾分、控えめな呼びかけ。「大きな声で話さないと、聞こえないぞ」と檄なのか、ヤジなのか判然としない声をかける初老の男性がいたが、豊田氏は「ありがとうございます」と頭を下げる。

    豊田氏のそばを2人連れの男子高校生が行ったり来たりしている。おそらくは写真を撮りたいのだろう。結局、名残惜しそうに去って行った。もう1組、高校生の2人組が豊田氏と記念撮影をしていった。豊田氏によれば、朝霞駅に立った際は何組も写真をせがまれ、大いに盛り上がったそうだ。

     驚いたのは、励ます人が多いこと。これは公示前より目に見えて増えた。

     「応援してるからな」 「頑張ってください」

     男女問わず声をかけていく。これも一種の判官びいきなのだろうか。それから、かつての地元密着の政治活動の成果か、以前からの支持者が駆け寄ってきて、抱擁する場面も何回かあった。

    http://www.sankei.com/premium/news/171021/prm1710210019-n1.html
    http://www.sankei.com/premium/news/171021/prm1710210019-n2.html

    引用元: ・【衆院選】子供や学生らに大人気 豊田真由子氏、次の選挙は無所属でも当選確実?

    【衆院選 子供や学生らに大人気の豊田真由子氏、無所属でも当選確実か】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/14(土) 11:37:43.49 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000282-sph-soci

     「口は災いの元」で批判にさらされた「魔の2回生」の2人が、対照的な選挙戦を繰り広げている。元秘書に対する暴言、暴行が報じられ、自民党を離党して埼玉4区から無所属で出馬した豊田真由子氏(43)は有権者一人一人にひたすら謝罪を繰り返し、改めて支持を訴えるドブ板選挙。その徹底ぶりに、対抗陣営からは“恐怖”の声も上がる。一方、度重なる放言が話題となった東京16区の自民前職・大西英男氏(71)は「下町のトランプ」よろしくマイペースの演説を続けている。

     街頭演説の予定場所に選挙カーが止まった瞬間、ドアが開き「みそぎの白」の上下スーツを着た豊田氏が飛び出して来た。

     「真由子ちゃ~ん」「頑張って!」の声も飛ぶ中、ビラを手に駆け寄ると一人一人と固い握手を交わし、まずは「お騒がせしました」と謝罪。続けて「よろしくお願いします」と深々と頭を下げる。周囲にスタッフは誰もいない。人混みに歩み寄り、はいずるようにして支援を訴える姿を「みすぼらしい選挙」と自嘲した。

     元秘書の男性に対し「このハゲーッ!」などと暴言を吐いたことが報じられて自民を離党。同時に、支持者も離れた。演説を聴いていた60代の男性は「あんな言葉にだまされちゃいけねえ…」と自らに言い聞かせるかのようにつぶやいた。「『このハゲーッ』の人、出てるんだ」としらけた表情で歩き去るカップルも目に付くなど、豊田氏を否定する有権者も多い。

    だが、元秘書への態度とは180度異なる低姿勢でのドブ板選挙を見たライバル陣営は、笑って見てはいられないようだ。豊田氏の陣営は組織なし、動員なしだが、街頭演説の集客力は候補者中トップクラス。

     豊田氏が初当選した際にも戦った維新の新人・青柳仁士氏(38)は、豊田氏の“人気”を目の当たりにした。「公示日前日に(選挙区内の)和光市市民体育祭があって、各候補者が集まった中、一番人気が豊田さんだった」と振り返った。

     「個人の候補者の名前を挙げるつもりはありませんが…」と話した希望の党の新人・吉田芳朝氏(43)も「良識がある人がそろっているのが埼玉4区。私は信じています」。暗に豊田氏と彼女を支援する人たちを批判したのは、意識している証拠だろう。

    演説では「私の唯一の財産は皆さんとの信頼の絆。切れてしまった人とは絆を結び直し、
    つながっている人はもっと太く、強くさせていただきます」と話しつつ、衆院2期の実績を
    アピールした豊田氏。その言葉が有権者に届いているのか、それとも単なる「怖いモノ見たさ」
    なのかは、投票結果が明らかにしてくれる。

    埼玉4区は、朝賀英義(67)=共新=、青柳仁士(38)=維新=、吉田芳朝(43)=希新=、
    穂坂泰(43)=自新=の4氏も立候補している。


    街頭演説中には涙をこらえるしぐさも見せた豊田真由子氏
    no title


    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507941659/
    1が建った時刻:2017/10/14(土) 09:40:59.52

    引用元: ・【ハゲーっ!】元秘書への態度とは180度異なる低姿勢でのドブ板選挙。圧倒的集客力を見せる豊田真由子氏に対抗陣営が危機感★2

    【「ハゲーっ!」ドブ板選挙で圧倒的集客力を見せる豊田真由子氏 当選あるかも】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/24(日) 21:54:29.60 ID:CAP_USER9.net
    3奈良県の天理市長選は24日、告示された。無所属で現職の並河健氏(38)のほかに立候補の届け出はなく、無投票で並河氏の再選が決まった。
    同市長選の無投票当選は1996年以来。

    天理市長、風俗店利用を謝罪 公務出張中「合法だが…」

     並河氏は、届け出締め切り後、支持者らが集まる天理市中心部の駐車場に向かい、「祝勝会」に出席。支持者らが万歳するなか、頭を下げ続けた。



     花束を贈られた後、マイクを握り、無投票当選について「白紙委任をいただいたわけではないと思っている」。続けて「天理市も少子高齢化が進む。どうすれば持続的にまちを発展させていけるか。正念場の2期目だと思います。これまでと同様にみなさんと支え合って、まちづくりにがんばりたい」と話した。

     終了後、報道各社の取材に応じた。
    公務出張中に風俗サービスを利用したことを8月末に週刊誌に報じられたことを問われ、「叱咤(しった)激励をしていただいたと受け止め、これまで以上に精進していきたい」と答えた。

    http://www.asahi.com/articles/ASK9R5RPLK9RPOMB00F.html

    引用元: ・【奈良】出張デリヘル利用の天理市市長が無投票当選

    【【奈良】出張デリヘル利用の天理市市長が無投票当選】の続きを読む

    このページのトップヘ