あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    監禁

    1: 小豆大福 2018/01/04(木) 08:08:26.78 ID:CAP_USER9.net
    3

    http://yomiuri.co.jp/national/20180103-OYT1T50135.html

     大阪府寝屋川市の自宅で柿元愛里さん(33)が約15年間、監禁されるなどして死亡した事件で、逮捕された両親が「娘には自分たちの食事の残り物を与えていた」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。

     監視カメラを使って監禁の様子を録画し、保管していたことも判明。録画期間は10年に及ぶ可能性もあるという。愛里さんは栄養不足などが原因で死亡しており、府警は映像を確認して監禁の実態を調べる。

     父親の泰孝(55)、母親の由加里(53)の両容疑者は2002年から、精神疾患と診断された長女・愛里さんを小部屋(約2畳)に監禁し、昨年12月に死亡させたとして、今月2日に保護責任者遺棄致死と監禁の両容疑で再逮捕された。

    (ここまで307文字 / 残り201文字)

    引用元: ・【寝屋川監禁】両親「娘には自分たちの食べ残し与えた」…10年間に及ぶ監禁録画も

    【寝屋川監禁 両親「娘には自分たちの食べ残し与えた」…10年間に及ぶ監禁録画も】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/03(水) 19:07:17.28 ID:CAP_USER9.net
    3

    ツイッターで知り合った少女の首絞める 殺人未遂容疑などで男を逮捕

     少女の首を絞めるなどして殺害しようとした上、乱暴したとして、警視庁八王子署は3日、殺人未遂と強制性交、未成年者誘拐容疑で、東京都八王子市久保山町、新聞配達員、斎藤一成容疑者(28)を逮捕した。

     「殺してほしいといわれたので殺そうと思った」と容疑を認めているという。

     八王子署によると、昨年12月30~31日、関東地方に住む10代の少女が短文投稿サイト「ツイッター」上に「死にたい」などと投稿しているのを斎藤容疑者が発見。
     「殺してあげる」などと連絡を取るようになり、今月2日午後に都内の駅で待ち合わせて斎藤容疑者方まで連れてきたという。

     斎藤容疑者は自宅に着くとすぐに少女の首を両手で絞めた後、ビニールひもでも絞めたが途中でやめ、乱暴。
     少女を放置したまま3日未明に職場に向かったという。
     少女は斎藤容疑者がいなくなった隙に逃げ出し、親族に連絡して保護された。

     逮捕容疑は、2日午後、自宅で少女の首を手やビニールひもで絞めるなどした上、乱暴したとしている。

    産経新聞  2018年1月3日 18時40分
    http://news.livedoor.com/article/detail/14111617/

    引用元: ・「死にたい」投稿の少女を自宅に連れて行き首を絞めたが途中でやめて乱暴 殺人未遂・強制性交・未成年者誘拐容疑で新聞配達員逮捕

    【「死にたい」投稿の少女を自宅に連れて行き首を絞めたが途中でやめて乱暴 殺人未遂・強制性交・未成年者誘拐容疑で新聞配達員逮捕】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/02(火) 19:25:12.68 ID:CAP_USER9.net
    no title

    【寝屋川監禁】「療養生活させていた」「満足の食事与えたつもり」「『暑い』と言って服を脱ぐ」…再逮捕の両親、容疑を否認 大阪府警
    産經新聞:2018.1.2 19:00更新
    http://www.sankei.com/west/news/180102/wst1801020053-n1.html

    http://www.sankei.com/west/news/180102/wst1801020053-p1.html
    複数の花束が置かれた現場の自宅周辺=平成29年12月28日午後、大阪府寝屋川市(桑村朋撮影)

     大阪府寝屋川市の民家に設置された隔離部屋で、柿元愛里さん(33)が凍死し、両親が死体遺棄容疑で逮捕された事件で、大阪府警捜査1課は2日、精神疾患にかかった長女の愛里さんを約15年にわたり部屋に閉じ込め、死亡させたとして、監禁と保護責任者遺棄致死の疑いで、父親の柿元泰孝容疑者(55)と母親の由加里容疑者(53)を再逮捕した。

     泰孝容疑者は「監禁しようとしたわけではなく、療養としてあの部屋で生活させていた」と供述。
    由加里容疑者も「監禁ではない」と述べ、いずれも容疑を否認している。

     再逮捕容疑は、精神疾患があった愛里さんが突然暴れたり奇声を発したりするようになったため、平成14年ごろから自宅の部屋に鍵をかけて監禁。
    昨年1月から急激にやせて衰弱していたのに、満足な食事や治療を受けさせずに全裸で放置し、昨年12月に凍死させたとしている。

     府警によると、一家は7年ごろに現在の自宅へ引っ越した。隔離部屋のスペースはもともと子供部屋として使用していたが、14年ごろに泰孝容疑者が改装し、二重扉にするなど内側から開けられないようにした。
    愛里さんはその前年に、複数の医療機関で統合失調症と診断されていたという。

     両容疑者の供述によると愛里さんには1日2食を食べさせていたが、昨年1月から急激にやせ始め、体調を考慮し1日1食に減らした。
    「私たちなりに考えたうえで満足する量の食事を与えていたつもりだ」(泰孝容疑者)としている。愛里さんが極度にやせ始めた理由は明らかになっていない。

     また愛里さんを全裸にしていたのは「『暑い』と言って服を脱ぐから」と説明している。府警は2日、寝屋川署に捜査本部を設置。長期間にわたる監禁生活の実態解明を急ぐ。

     愛里さんは昨年12月23日に裸で毛布にくるまれた状態で発見された。同18日ごろに死亡したとみられ、身長145センチに対し、体重は19キロだった。
    両容疑者は別居している次女に愛里さんの死亡を伝えた後、同23日に自首した。

     隔離部屋には監視カメラが設置され、両容疑者はダイニングのモニターで常時監視。死体遺棄容疑で逮捕された当初は「16、17歳ごろから精神疾患で暴れるようになったため、監禁していた」と説明していた。

    引用元: ・【寝屋川監禁】「療養生活させていた」「満足の食事与えたつもり」「『暑い』と言って服を脱ぐ」…再逮捕の両親、容疑を否認

    【寝屋川の監禁「療養生活させていた」「満足の食事与えたつもり」「『暑い』と言って服を脱ぐ」…再逮捕の両親、容疑を否認】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/26(火) 18:10:22.14 ID:CAP_USER9.net
    3

     大阪府寝屋川市の民家で、住人女性がやせ細った状態で死亡した事件で、女性が約16年間にわたって監禁されていたとみられる小部屋にインターホンが設置されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。

    死体遺棄容疑で逮捕された両親は「娘とは、インターホン越しに話していた」と供述。女性は死亡前、自力で動けない状態だったとみられるが、最近、周辺の病院を受診した記録は確認されていないという。

     府警によると、死亡した柿元愛里さん(33)は23日、自宅にある部屋の中に間仕切りを設けて作られた2畳ほどのスペースの中で見つかった。間仕切りの高さは天井まであったという。

    (ここまで276文字 / 残り544文字)

    http://sp.yomiuri.co.jp/national/20171226-OYT1T50066.html

    関連スレ
    【大阪】2畳のプレハブ(施錠・監視カメラあり・トイレ付き)に娘を十数年間閉じ込めか 遺棄容疑で両親逮捕
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514252347/

    引用元: ・【大阪寝屋川】娘衰弱死、16年間監禁の小部屋にインターホン 母親「娘とは、インターホン越しに話していた」

    【大阪寝屋川の娘衰弱死、16年間監禁の小部屋にインターホン 母親「娘とは、インターホン越しに話していた」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/14(木) 10:14:41.27 ID:CAP_USER9.net
    3

    交際相手を脅してホテルなどから19日間帰れなくしたとして、兵庫県警西宮署は13日、監禁の疑いで、住居不定、無職の男(42)を逮捕した。男は「脅したつもりもないし、家に帰れなくしていない」と容疑を否認している。

     逮捕容疑は、11月24日午後10時15分ごろから12月13日午後2時10分ごろまでの間、交際相手の住所不定、無職の女性(32)を大阪市内の簡易宿泊所やホテルなどで監禁した疑い。

     同署によると、女性が別れ話を切り出したところ「別れるなら俺の一生かけても殺す」などと脅され、男の乗用車に乗せられたという。女性は長男(4)と一緒で「逃げたくても子どもがいるので逃げられなかった」と説明、2人にけがはなかった。

     女性がスマートフォンの写真共有アプリ「インスタグラム」で知人に助けを求め、それを知った女性の母親が西宮署に相談。アプリの文面などから同署員らが13日午後、大阪市浪速区で3人が乗った車を発見した。

    配信2017/12/14 09:50
    神戸新聞NEXT
    https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201712/0010816780.shtml

    引用元: ・【兵庫】「別れるなら俺の一生かけても(殺)す」 子供がいる32歳の交際相手を19日間監禁した疑い 無職の男(42)逮捕

    【「別れるなら俺の一生かけても(殺)す」 子供がいる32歳の交際相手を19日間監禁した疑い 無職の男(42)逮捕】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/30(木) 11:44:33.07 ID:CAP_USER9.net
    1

    地下室に10年間監禁 性的暴行の末、2児を出産した29歳女性が救出される(伊)

     「女性に対する暴力撤廃の国際デー」であった11月25日、この日は世界各国で様々な集会が行われたほか、フランスではマクロン大統領が国内における対策を発表したことなどが話題となった。
     だが残念なことに女性に対する暴力や虐待は、インドやアフリカのようにあからさまな性差別がはびこる国や地域だけでなく世界中で発生している。
     このほどイタリア南部ジッツェリーアでも19歳だった女性を10年間地下室に閉じ込め、性奴隷のように扱っていた52歳の男が逮捕された。

     『La Repubblica.it』『Il Quotidiano del Sud』などイタリアの複数メディアによると、2007年にルーマニアからやって来た当時19歳の女性が男の家族の介護人として雇われた。
     だが介護を担当していた家族の死後、女性は男から身体的そして性的に暴力を振るわれるようになり、同時に地下室に監禁されることとなった。
     女性が逃げ出さないように地下室の扉は鎖で固定され、ベッドはダンボール製、水道やトイレはなく代わりにゴミ箱が置かれるなど劣悪な環境の下、彼女は男から日常的に暴力を受け続けた。
     時に女性は重傷を負うほどであったが、傷口はなんと釣り糸で縫われていたという。

     このような異常な生活の中で、女性は男との間に男児(現在9歳)と女児(現在3歳)を出産した。妊娠中や出産の時も医師に診てもらうことなく、地下室での出産を強制されている。

     10年間明るみに出ることのなかったこの事件が発覚したきっかけは、警察の交通取締りであった。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    Techinsight 2017年11月30日 10時55分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13961421/

    引用元: ・【イタリア】地下室に10年間監禁 性的暴行の末、2児を出産した29歳女性が救出される

    【地下室に10年間監禁 性的暴行の末、2児を出産した29歳女性が救出される】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/08(日) 15:12:01.62 ID:CAP_USER9.net
    1

    乗用車で自転車の女性(57)をひき逃げした上、女性を車に連れ込み逃走したとして、大阪府警東住吉署は8日、道交法違反(ひき逃げ)や監禁などの疑いで、大阪市東住吉区公園南矢田の会社員、村上英次容疑者(32)=同法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕=を送検した。「警察にばれたくない、逃げ切りたいという思いがあった」と容疑を認めている。

     送検容疑は、6日午後7時55分ごろ、同区矢田の市道交差点で乗用車を運転中、自転車に乗っていた女性をはねて頭などに重傷を負わせた上、女性を自らの車に乗せて逃走し、約1時間半、車内に監禁したなどとしている。

     同署によると、村上容疑者は、一時、事故現場から離れたが数分後に戻り、路上に倒れていた女性を抱きかかえて自らの車に乗せて逃走した。

     目撃者からの通報を受けて警戒していた警察官が約6キロ北の大阪市天王寺区内の路上を走行する村上容疑者の車を発見。停車させると車内の助手席に女性がぐったりとした状態で座っており、警察官が救助して病院に搬送したという。

     村上容疑者の呼気から基準値以上のアルコールが検出されたため、同署は7日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕。その後の調べで、ひき逃げ事故についても関与を認めたため、監禁容疑なども含めて送検したという。

    配信2017.10.8 14:45更新
    産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/171008/wst1710080036-n1.html

    引用元: ・【大阪】「警察にバレたない…」 ひき逃げ後現場に戻り、はねた女性(重傷)を助手席に乗せ逃走 32歳男を送検

    【「警察にバレたない…」 ひき逃げ後現場に戻り、はねた女性(重傷)を助手席に乗せ逃走 32歳男を送検】の続きを読む

    このページのトップヘ