あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    真相

    1: 小豆大福 2017/12/15(金) 12:00:55.00 ID:CAP_USER9.net
    3

    依然として貴ノ岩(27)の聴取を拒否している貴乃花親方(45)。その裏側でとんでもない情報が飛び込んできた。

    警察関係者が声をひそめてこう言う。

    「今回の騒動は貴ノ岩が日馬富士に殴られて、師匠である貴乃花親方が鳥取県警に被害届を提出したことから始まった。貴乃花親方の怒りはすさまじく、県警にも『何を言われようが弟子を守る』と憤っていた。ところが、県警が貴ノ岩を聴取したところ、どうも話が噛み合わないというんです。貴ノ岩は被害者のはずなのに、日馬富士に対する恨みつらみはほとんど聞かれなかったとか。捜査員も、少なくとも本人に被害者感情はなさそうだと思ったらしく、貴乃花親方との温度差に困惑したと聞きます」

    ■言動すべて矛盾

    貴乃花親方は13日も相撲協会からの出頭要請に応じず、危機管理部長の鏡山親方(元関脇多賀竜)の訪問も無視。当初は警察の捜査後なら貴ノ岩の聴取に応じることに同意しながら、協会側に「警察と検察を聞き間違えた」と伝えるなど、まるで子供のような言い訳で逃げ回っている。(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/219492

    引用元: ・【相撲」】貴ノ岩に被害者感情なし 貴乃花親方「弟子を守る」のウソ

    【貴ノ岩に被害者感情なし 貴乃花親方「弟子を守る」のウソ】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/29(金) 11:57:38.45 ID:CAP_USER9.net
     今月離婚した俳優の袴田吉彦が、29日に放送されるTBS系バラエティ番組『今夜解禁!ザ・因縁』(20:57~22:54)に出演し、不倫・離婚の真相を告白。さらに、元妻でタレントの河中あいもVTR出演し、心中を激白する。

     番組では、因縁をもつ芸能人として登場した袴田が、不倫から離婚に至るまでの経緯を告白。
    なぜ不倫に走ってしまったのか、包み隠すことなく真相を語る。女性出演者からは容赦ない追及の言葉が。そして、不倫騒動の全貌を知ったスタジオゲストらが袴田を総攻撃する。

     一方、番組では河中への緊急取材を敢行し、河中が番組スタッフに心中を激白。「すごい吐き気もきて、ショックでした」。週刊誌による袴田の浮気報道を知り、体中に激震が走ったという。初めて語られる離婚騒動の裏側。そして、元妻から見た"アパ離婚"の真実とは? さらに、シングルマザーとして娘と2人で生きる離婚後の生活も初公開する。

     番組MCは有田哲平とDAIGO。スタジオゲストとしてIKKO、小倉優子、草野仁、小柳ルミ子、島崎和歌子、陣内智則、ダレノガレ明美、中尾彬が出演する。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13678989/
    2017年9月29日 8時0分 マイナビニュース

    no title

    引用元: ・【芸能】袴田吉彦の元妻・河中あい、心中激白「吐き気も…」- 離婚騒動の裏側明かす

    【袴田吉彦の元妻・河中あい、心中激白「吐き気も…」- アパ離婚騒動の裏側明かす】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/30(土) 14:04:24.39 ID:CAP_USER9.net
    3

    人気アニメーション「けものフレンズ」の続編を作るにあたり、たつき監督が降板することになった件で、新たな情報が入ってきた。
    たつき監督の降板についてあまりにも少ない情報しかなく、インターネット上では推測と噂が「まるで事実」のように拡散しているが、ここにきて新たな情報を入手することに成功した。

    ・プロジェクトに近い存在の人物
    すでにファンの皆さんが周知の事実の部分もあるが、それも含めて新たに浮上している信憑性が高い情報をお伝えしたいと思う。
    ただし、公式な情報でない以上、これが「事実」とはいえないので、そのあたり念頭に置いてお読みいただきたい。
    「けものフレンズ」プロジェクトに近い存在の人物によると、事の顛末は以下のとおり。

    ・アニメや版権まわりの契約がユルかった
    そもそもの発端は、適当すぎる契約まわり。出始めの人気が悲惨な状況だった「けものフレンズ」。そんなに売れると思っていなかった「けものフレンズ」は、半分終わったコンテンツと思われていたため、アニメや版権まわりの契約がユルく適当だった。
    そんななか、たつき監督が主導で製作したアニメ版が空前の大ヒット。

    ・関係者との間で悪い意味で注目を集める
    契約がユルかったため、たつき監督らは独自に「けものフレンズ」作品の活動を開始
    。コミケで「けものフレンズ」系商品の販売するなどアクティブに行動し、関係者との間で悪い意味で注目を集めた。ちなみに、コミケ商品に関して「製作委員会の許可済み」としておきながらも、実は公式な許可を得ていなかった可能性があるとの情報もある。

    ・ばすてき
    「けものフレンズ」最終話(12話)の1週間後に、たつき監督らが独自に作成してニコニコ動画に掲載した「けものフレンズ」(12.1話 / ばすてき)が、
    関係者の間に亀裂が走る決定打となった可能性があるという。たつき監督らの自由すぎる行動に、関係者の堪忍袋の緒が切れたということか。

    ・烈火のごとくブチギレ激怒
    「ばすてき」に関して特に激怒している人物Xがおり、それが誰なのかは名を伏せるが、阿修羅のように、烈火のごとくブチギレ激怒したとの情報もある。
    人物Xがどれほどの権力があるのか計り知れないが、人物Xの感情がたつき監督の降板に大きく関係している可能性がある。

    http://buzz-plus.com/article/2017/09/29/kemono-freins-basuteki/

    引用元: ・【アニメ】けものフレンズ騒動 たつき監督の降板はコミケと「ばすてき(12.1話)」に関係者がブチギレ激怒したためか★3

    【【けものフレンズ】たつき監督の降板はコミケと「ばすてき(12.1話)」に関係者がブチギレ激怒したためか】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/28(木) 23:31:14.01 ID:CAP_USER9.net
    3人気テレビアニメ『けものフレンズ』の監督で、シリーズ構成などを務めた「たつき監督」が自身のTwitterで同アニメの制作から外れると報告し、波紋を広げている。

    しかし、今回のけものフレンズ製作プロジェクト関係者は「ネットでは限られた情報しか流通していないので、間違った炎上の仕方をしてしまい、申し訳なく思っている」と語る。

    「そもそも、たつき監督が外れた理由は、彼が本当に思い詰めてこれ以上作品を自分が手がけることができなくなったと漏らしていた6月ぐらいからずっと燻っていました。我慢をしていたのですよ。それが、8月上旬にある事件をきっかけにすべてが壊れる方向に進んでしまった」と実態を知るメディア関係者は言う。

    そのある事件とは「『けものフレンズ』のキャラクターデザインや原作原案者扱いであった吉崎観音さんが『もうたつき監督には外れてほしい』と会議の席で明言してしまったのです」とはメディア関係者。

    また制作関係者も「3月末の時点で、吉崎さんが自身で『けものフレンズ』をコントロールできなくなったと感じて、たつき監督の所属する制作会社であるヤオヨロズ社を外してほしいと委員会メンバーに言い始めました」と証言はほぼ一致する。

    アニメ制作に詳しいメディア関係者は「テレビ東京はもとは違うアニメ企画をやるつもりだったのが、ちょっとしたトラブルで埋まらなくなったので、KADOKAWAなどと協議して『けものフレンズ』の放送を決定しました。

    テレビ東京は悪意はないので、今回の事件にはほとんど関係ありませんし、たつき監督が降りるツイッターを書いて騒ぎになったときも最後まで『たつき監督は必要だから』と説得に回っていました」と説明する。

    しかも、27日深夜に発表された製作委員会の公式コメントでは、たつき監督の所属するヤオヨロズ社が許可なくコンテンツを利用して個人用アニメを制作したこと含め、ヤオヨロズ社が勝手に制作を降りる話をしたことになっている。

    これはどういうことか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1359354/


    引用元: ・【アニメ】けものフレンズ監督降板騒動 原作・吉崎観音さんが『たつき監督とヤオヨロズ社には外れてほしい』と言った★5

    【【アニメ】けものフレンズ監督降板騒動 原作・吉崎観音さんが『たつき監督とヤオヨロズ社には外れてほしい』と言った★5】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/27(水) 20:53:56.59 ID:CAP_USER9.net
     アニメ「けものフレンズ」の監督・シリーズ構成などを務めた“たつき監督”が、自身のTwitterで「けものフレンズのアニメから外れる事になりました」と報告していた件について

     製作委員会(けものフレンズプロジェクトA)は9月27日、監督の降板について「アニメーション制作会社であるヤオヨロズ株式会社より8月に入った段階で辞退したい旨の話を受け、制作体制を一から模索することになっている」と現状について説明しました。

     発表によると、すでに発表されていた新規映像化プロジェクトについてはもともと、今年1月~3月に放送されたテレビアニメ第1期と同様の体制を優先して調整していたとのこと。

     しかし、アニメーション制作を担当していたヤオヨロズ(たつき監督の所属会社)側に「関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用」があったため、次回作を依頼するにあたり「情報は事前に共有してほしい」との条件を申し入れたところ、「その条件は受け入れられないので辞退したい」との返答があったそうです。

     ねとらぼ編集部では9月25日の“たつきショック”以降、複数の関係者に事実確認や詳細な経緯に関する取材を試みていましたが、テレビ東京は9月26日の午前時点で「申し訳ないが現段階でお答えできることは何もない」と回答。

     1期のアニメ制作を行っていたヤオヨロズからは「担当者が不在」との回答がありました。たつき監督のツイートが、9月26日時点で既に30万回以上リツイートされていることなどから、各関係者も対応に追われていたとみられています。

    全文はソースで
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00000022-it_nlab-sci

    けものフレンズプロジェクト
    「けものフレンズ」の映像化プロジェクトに関するご報告
    http://kemono-friends.jp/archives/category/news/

    引用元: ・【アニメ】けものフレンズ製作委員会「ヤオヨロズ(たつき監督所属)から8月に辞退の返答」「ヤオヨロズが無断で作品利用してた」★6

    【【けもフレ】けものフレンズ騒動 結局どういうことなの? まとめてみました】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/06(水) 08:40:15.81 ID:CAP_USER9.net
    3ジャニーズ事務所との契約期限が迫っている草彅剛は、退所後に芸能事務所へ所属せず、当面はフリーランスで活動するようだ。

    草彅は穏和で真面目な性格として知られており、芸能界内外で評判がいい。

    「仕事は、前の仕事が押すというようなことがなければ、必ず時間通りに来ます。
    万一遅れた場合も、マネジャーではなく、彼自身がスタッフに謝る。
    敬語をしっかりと使うし、誰にでも愛想がいいため、草彅のことを悪く言う人間はほとんどいません。

    ジャニーズ退所後も草彅と仕事をしたいという人間は多くいるでしょう」(ジャニーズライター)

    しかし、そんな草彅にも“異変”のある時期があった。今年5月に新宿の路上で子犬を抱き、涙しているのを写真週刊誌に報じられ、波紋を呼んだ。

    路上で人目もはばからず泣いていた草彅

    「この件で当該週刊誌も草彅を取材しましたが、『すみません…』、『頑張ります』と話すのみで、涙の真相は語りませんでした。
    しかし、本当はなぜ泣いていたのか理由が分かっていたのですが、対象が草彅だったために、同情して書かなかったというのです」(芸能記者)

    草彅は6月初めにジャニーズ事務所と話し合い、退所の道を選んだ。

    「草彅はかなり人目の付く場所で座って泣いていたのですが、『ふざけるな…』、『裏切りやがって…』、『あの野郎…』と繰り返しつぶやいていたというのです。
    この様子は多くの通行人が目撃していて、草彅とみんな分かっていても声を掛けらなかったそうです。
    つまりは5月の時点で、中居正広の“裏切り”を知っていたのです」(同・記者)

    草彅の涙は、中居に対する“悔し涙”だったのだ。

    「草彅は、中居が『SMAP』の独立を扇動しながら、最後に手のひらを返してジャニーズに残ったことに、恨みすら持っています。
    真面目な草彅だからこそ、なおさら根に持ったのでしょう」(同・記者)

    草彅らしい“涙の真相”だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1352046/
    2017.09.05 19:00 まいじつ

    引用元: ・【芸能】草彅剛が今年5月に路上で涙した本当の理由

    【【芸能】草彅剛が今年5月に路上で涙した本当の理由】の続きを読む

    このページのトップヘ