あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    睡眠時間

    1: 小豆大福 2017/10/17(火) 21:09:47.69 ID:CAP_USER9.net
    女優の橋本環奈(18)が17日、自身が出演する映画「斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのサイなん)」(21日公開)のヒットを祈願した女性限定ピンクハロウィーンイベントに、山崎賢人、監督・脚本の福田雄一氏と出席した。
    事前に集められた質問に答えるコーナーでは、睡眠時間が3時間ほどのショートスリーパーであることを告白した。

    「授業中に眠い時はどうしたらよいですか」という質問からトークは発展。
    橋本は「(日中に)眠いときありますよ。睡眠時間短いんですよ。だいたい3時間ぐらいで。昨日、今日、それぐらいで」と日々、あまり寝ていないことを明かした。

    福田監督から、マネジャーが深夜4時ごろまでトランプに付き合わされている、という情報をぶつけられると、「さすがに撮影中はマネジャーさんが運転するから大変じゃないですか。さすがにそこは…。マネジャーさんと一緒に住んでるんですけど、先に寝てもらって、という感じです。移動が長いし。トランプは時間がある時だけです」と釈明していた。

    「斉木-」は週刊少年ジャンプに連載されている同名のギャグマンガを原作にした作品で、山崎は超能力者の斉木楠雄を、橋本環奈はヒロインの照橋心美を演じる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000118-dal-ent

    映画「斉木楠雄のΨ難」女性限定ピンクハロウィーンイベント 橋本環奈、山崎賢人、福田雄一監督
    no title

    no title

    no title

    引用元: ・【女優】橋本環奈はショートスリーパー「睡眠時間はだいたい3時間ぐらい」

    【橋本環奈はショートスリーパー 睡眠時間は? 】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/29(金) 09:33:09.59 ID:CAP_USER9.net
    3今、もっともコンサートのチケットが取れないアーティストの1人に挙げられる星野源(36)。彼の激務に歯止めがかからず、睡眠わずか1時間の超過密スケジュールに追われていることを、発売中の『女性自身』(光文社)が報じている。

     星野は現在、10月スタートの連続ドラマ『コウノドリ』(TBS系)の撮影の真っただ中。主演の綾野剛(35)と同期の産婦人科医・四宮ハルキを演じる。

     星野は昨年放送のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(同)を大ヒットさせ、いまや主演級のタレントともいえるが、『コウノドリ』の撮影現場では主演の綾野を立てることを忘れていないようだ。

    『女性自身』の記事では、プレッシャーからピリピリムードを発する綾野に対して、星野が積極的に声をかけたりメールを送るなどして緊張がほぐれるようにフォロー。綾野から送られるメールについて

    「彼のメールにはハートマークがついていてかわいい」

     などと周囲に打ち明けるほどの仲だという。

    「『コウノドリ』は2015年に放送されて好評だったため、今回の続編が決まりました。綾野と星野は勝手知ったる仲なので、現場の雰囲気も良好です。プロデューサーは『逃げ恥』も手掛けていることから、星野としては並々ならぬ覚悟をみなぎらせています」(週刊誌記者)

     しかし、ドラマ以外の仕事も立て込み、星野をひっ迫させている。

    ■年末に向けて過重労働に拍車

     星野はドラマの撮影の合間を縫って全国ツアーを展開。ドラマの撮影当日には、深夜3時までラジオ番組『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)に生出演している。こうした過密スケジュールが、睡眠1時間生活を強いているようだ。

    「星野は執筆活動にも取り組んでいます。マルチな才能が過重労働を招いています」(週刊誌記者)

     人気者星野には、年末年始に向けての仕事が飛び込み、激務に拍車がかかることが予想される。『逃げるは恥だが役に立つ』とドラマのタイトルを地で行くように職場放棄しないか、気になるところだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1358960/
    2017.09.29 08:50 デイリーニュースオンライン

    引用元: ・【芸能】星野源は睡眠1時間でダウン寸前?全国ツアーにドラマ撮影の激務生活

    【【星野源】睡眠1時間でダウン寸前?全国ツアーにドラマ撮影の激務生活】の続きを読む

    このページのトップヘ