あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    神対応

    1: 小豆大福 2017/10/01(日) 09:15:37.87 ID:CAP_USER9.net
    48グループの現役メンバーの中で注目度はトップクラスでしょう。
    NMB48のキャプテンを務める山本彩さんは、今年の総選挙を辞退したことでも話題を呼びました。
    昨年末の紅白選抜で1位に輝き、総選挙での躍進も確実視されていましたが、NMB全体のことを考えて総選挙は後進に道を譲る形を取ったようです。
    NMBは、突然の結婚宣言が物議をかもした須藤凜々花さんが8月をもって卒業、さらに木下百花さんも3夜連続の卒業イベントを開き、9月27日の公演を最後に“元”メンバーとなりました。
    人気メンバーの相次ぐ卒業に、グループにおける山本さんの存在感はかつてないほど高まっているのです。

    「AKBは嫌いでもさや姉だけは好き」

    しかしながら、山本さんこそ、いつ卒業してもおかしくない実力を持つメンバーです。
    “さや姉”の愛称で親しまれる山本さんですが、メンバーの面倒見が良いのはもちろん、イベントなどでのファンへの対応も「神対応」と言われます。
    そして、一緒に仕事をしたスタッフからも、聞こえてくるのは良いうわさばかり。
    芸能界で長く生き残っていくには「この人とまた一緒に仕事がしたい」とさまざまな人に思われることが大切であり、それも実力のうちと言えますが、その点、山本さんには一切不安がありません。

    さらに、よく言われるのが、48グループファンではない一般の人たちにも人気がある、ということです。
    グループのファンが書き込むネットの掲示板でも「去年の夏電車で浴衣着た結構可愛い女の子がiPhoneに山本彩シール貼ってて覗いたら壁紙もさや姉でびっくりした記憶あるわ」「AKB嫌いとか言う人でもさや姉だけは好きって人多い」といった評判。
    アイドルだからといってファンに過剰にこびている感はなく、それでいてファンをとても大切にしていて、気取ったところがない自然体。
    発言なども「スマートで無理がない」と言えるでしょう。

    もちろん、ビジュアル面でも48グループ屈指の人気があります。
    男性誌のグラビアに水着で登場してセクシーなプロポーションを披露する傍ら、女性ファッション誌にも似合うおしゃれさを兼ね備えています。
    昨年末、1位に輝いた紅白選抜は一般視聴者の投票によるもので、それだけ一般人気が高いということが証明された形です。

    サプライズの好きな48グループだけに、山本さんにもいつどのようなサプライズがあるかわかりませんが、卒業はサプライズというよりもむしろ、歓迎すべき新たな旅立ちと言えそうです。
    今のところ、卒業のうわさが出ても山本さん本人が「今はそのつもりはないですから」と否定しています。
    NMB48の地盤がしっかり固まったと実感できた時が、決断の時となりそうです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171001-00010001-otonans-soci

    NMB48 “さや姉”山本彩
    no title

    no title

    no title

    no title


    [MV] 山本彩 「JOKER」
    https://www.youtube.com/watch?v=jR6f3sTRuJc


    引用元: ・【NMB48】“さや姉”山本彩の魅力はどこから来るのか 神対応、ビジュアル…「AKBは嫌いでもさや姉だけは好き」

    【【NMB48】“さや姉”山本彩の魅力はどこから来るのか 神対応、ビジュアル…「AKBは嫌いでもさや姉だけは好き」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/05(火) 23:12:18.61 ID:CAP_USER9.net
    9月3日、秋篠宮家の長女、眞子さま(25)と、国際基督教大学(ICU)時代の同級生、小室圭さん(25)のご婚約内定会見が開かれた。
     
    午前中に皇居・御所を訪問し、天皇皇后両陛下から裁可を受けられ、正式にご婚約が内定した眞子さまと小室さん。午後3時から始まった会見では、はじめてツーショットでの登場となった。
     
    小室さんは膝の上で拳を固く握り、緊張した面持ち。眞子さまもまず「7月の九州北部豪雨と、その後の各地における豪雨の影響で、今もなお大変な思いをされている方々がいらっしゃいます」と被災地を気遣う言葉を述べられた。
     
    おふたりの顔がほころんだのは「普段はお互いをどう呼び合っているか」という質問のときだった。眞子さまと小室さんは揃って「普段はお名前で呼んでおります」と明言を避けたものの、記者からはさらに「具体的にはどういうふうな」と質問が飛んだ。
     
    顔を見合わせ困惑した様子のおふたりだったが、眞子さまは「ちょっとここでは実演はご遠慮申し上げるのですけれども」とかわしつつ、「お互いファーストネームで呼びあっております」と笑顔で明かされたのだった。
     
    Twitter上では《見事な切り返し》《眞子さまの対応が大人すぎ》《実演するわけにも公開するわけにもいかないおふたりの対応が微笑ましい》と、眞子さまの対応に絶賛の声が上がっていた。
     
    5年間の交際を経てご婚約内定となった眞子さまと小室さん。「ファーストネームで呼び合う」というおふたりの親密さが伝わる会見となった。

    2017年9月5日 11時0分 女性自身
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13569290/

    写真
    no title

    引用元: ・【皇室】<眞子さま>ご婚約会見での無茶ぶりにも…“神対応”に絶賛の声!《見事な切り返し》《眞子さまの対応が大人すぎ》

    【【皇室】<眞子さま>ご婚約会見での無茶ぶりにも…“神対応”に絶賛の声!《見事な切り返し》《眞子さまの対応が大人すぎ》】の続きを読む

    このページのトップヘ