あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    紅白歌合戦

    1: 小豆大福 2018/01/02(火) 12:20:27.37 ID:CAP_USER9.net
    3

    「紅白」後半視聴率39・4%

    1/2(火) 10:32配信

    スポニチアネックス

     昨年大みそかに放送された「第68回NHK紅白歌合戦」(後7・15~~11・45)の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が前半(第1部)は35・8%、後半(第2部)は39・4%だったことが2日、分かった。

     今年9月に引退する安室奈美恵(40)が特別枠で14年ぶりに出演。
    リオ五輪・パラリンピックのNHKテーマソング「Hero」を披露し、テレビ生歌唱は7年ぶりとなった。
    同じく特別枠の桑田佳祐(61)は年越しライブ会場の横浜アリーナから中継を結び、昨年前期の連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌「若い広場」を熱唱。
    「ひよっこ」紅白特別編、短編ドラマが2本放送され、桑田は昭和の大作曲家・浜口庫之助を演じた。

     ほかにも、X JAPANのYOSHIKI(年齢非公表)が昨年5月の首の手術以来、封印していたドラムプレーを解禁。
    欅坂46と総合司会のウッチャンナンチャン・内村光良(53)の共演パフォーマンスの最後に、欅坂センターの平手友梨奈(16)志田愛佳(19)鈴本美愉(20)が軽い過呼吸のような状態になるハプニングがあった

     紅組のトリは石川さゆり(59)が2年連続8回目、大トリはゆずが初の大役を務め、石川は「津軽海峡・冬景色」、ゆずは「栄光の架橋」を熱唱した。

     テーマは「夢を歌おう」。総合司会は内村が初の重責。紅組司会は女優の有村架純(24)が2年連続、白組司会は嵐の二宮和也(34)が単独初の大役を担った。

     内村の安定した司会進行ぶりに、インターネット上には絶賛の声が続出。
    「LIFE!~人生に捧げるコント~」のキャラクター・三津谷寛治氏にも扮し、お茶の間の笑いを誘った。

     白組が3年ぶりに勝利し、対戦成績を37勝31敗とした。
    審査方法について、16年は視聴者から「分かりづらい」と批判が相次ぎ、物議を醸したため、17年は視聴者、ゲスト審査員、会場の観客が投票権を持ち、その票すべてを1票として数える方式に変更。
    紅、白の22対戦ごとに集計し、白組=223万7644票(視聴者審査員=223万6339票、会場審査員=1305票)、紅組=143万2371票(視聴者審査員=143万1292票、会場審査員=1079票)(会場審査員にゲスト審査員含む)。
    約80万票差がついた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00000052-spnannex-ent

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1514860105/

    引用元: ・【紅白】視聴率 40%切りで大コケ 事前予想50%超え説も★3

    【紅白視聴率 40%切りで大コケ 事前予想50%超え説も】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/16(木) 11:00:22.30 ID:CAP_USER9.net
    3

    紅白出場歌手46組を発表…初出場は10組
    11/16(木) 10:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00050026-yom-ent

     NHKは16日、大みそかに放送される「第68回紅白歌合戦」の出場歌手を発表した。

     発表された出場歌手は、紅、白それぞれ23組の計46組で、初出場は紅4組、白6組の計10組。

     発表された出場歌手(かっこ内は出場回数)は次の通り。

     【紅組】AI(3)、E-girls(5)、石川さゆり(40)、市川由紀乃(2)、AKB48(10)、丘みどり(初)、倉木麻衣(4)、欅坂46(2)、坂本冬美(29)、椎名林檎(5)、SHISHAMO(初)、島津亜矢(4)、Superfly(2)、高橋真梨子(5)、天童よしみ(22)、TWICE(初)、西野カナ(8)、乃木坂46(3)、Perfume(10)、松たか子(3)、松田聖子(21)、水森かおり(15)、Little Glee Monster(初)

     【白組】嵐(9)、五木ひろし(47)、X JAPAN(8)、エレファントカシマシ(初)、関ジャニ∞(6)、郷ひろみ(30)、三代目J Soul Brothers(6)、SEKAI NO OWARI(4)、Sexy Zone(5)、竹原ピストル(初)、トータス松本(初)、TOKIO(24)、氷川きよし(18)、平井堅(8)、福田こうへい(4)、福山雅治(10)、Hey!Say!JUMP(初)、星野源(3)、三浦大知(初)、三山ひろし(3)、山内恵介(3)、ゆず(8)、WANIMA(初)

    引用元: ・【NHK紅白】紅白出場歌手46組を発表…初出場は10組

    【NHK紅白出場歌手46組を発表…初出場は10組】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/16(木) 10:00:59.01 ID:CAP_USER9.net
    3

    紅白歌合戦には、歌手、俳優として活躍中の竹原ピストル(40)や女性ボーカルグループ、Little Glee Monster(リトルグリーモンスター、以下リトグリ)も初出場が内定した。

    竹原は住友生命のCM曲に起用された「よー、そこの若いの」がロングヒット。2020年東京五輪・パラリンピックの機運を高めるため、64年東京五輪時に故三波春夫さんらが歌った
    「東京五輪音頭」を現代風にした「東京五輪音頭2020」を加山雄三、石川さゆりとともに歌っている。リトグリは5人全員10代で、14年にメジャーデビュー。
    1月に行った初の日本武道館公演チケットは発売開始1分で完売。確かな歌唱力と抜群のハーモニーで幅広い世代に支持されている。

    ほか、男性3人組バンドのWANIMA(ワニマ)、女性3人組バンドのSHISHAMO(シシャモ)、韓国のガールズグループ、TWICE(トゥワイス)、三浦大知(30)の初出場も内定した。
    紅白の出場者は明日16日、NHKから正式に発表される。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13892357/
    2017年11月15日 7時9分 日刊スポーツ

    前スレ                   2017/11/15(水) 09:28
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1510705692/

    引用元: ・【芸能】竹原ピストルやリトグリらも紅白内定 あす正式発表 ★2

    【竹原ピストルやリトグリらも紅白内定 あす正式発表】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/13(月) 19:22:24.22 ID:CAP_USER9.net
    1

    紅白歌合戦の司会者決まる

     大みそか恒例のNHK紅白歌合戦の司会者が13日、発表され、総合司会はNHKの番組「LIFE!」で座長を務めるお笑い芸人の内村光良さん、紅組はことしの連続テレビ小説でヒロインを演じた俳優の有村架純さん、白組は人気グループ「嵐」のメンバー、二宮和也さんが務めることになりました。

     総合司会に決まった内村光良さんはお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」で人気を集め、NHKの番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」では座長を務めています。

     内村さんは「全く予想外の事でした。すごく緊張するだろうと思いましたが、貴重な機会なのでお受けしようかと。紅白の総合司会とは一体どんな総合なのか、総合的に体感してみようと思います。とにかく皆さんと一緒に楽しもうと思います」とコメントしています。

     紅組の司会に決まった有村架純さんは、ことし放送されたNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」で、高度経済成長の時期に茨城県から上京して下町の町工場などで働くヒロインを演じました。

     紅組の司会は去年に続き2回目で、「今からすでに緊張していますが、内村さん、二宮さんのお力をお借りしながら、2017年楽しく締めくくれるように頑張りたいと思います!」とコメントしています。

     一方、白組の司会を務める二宮和也さんは、「嵐」のメンバーとして5年連続で司会を経験していますが、個人としては初めてです。

     二宮さんは「今年を代表する歌手の皆様と、そして観てくださる皆様と一緒に、今年を締めくくる事が出来るのを大変光栄に思います。昨年から歌い継がれた夢を、今年も歌手の皆様に紡いで頂き、たくさんの夢の数々を来年に…。笑って2018年を迎えましょう」などとコメントしています。

     第68回NHK紅白歌合戦は、大みそかの午後7時15分から総合テレビとラジオ第1で放送されます。

    NHK NEWS WEB 11月13日 17時56分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171113/k10011221961000.html

    ★1が立った日時 2017/11/13(月) 17:16:22.30
    前スレ http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1510564399/

    引用元: ・【テレビ】紅白歌合戦の司会者決まる 総合司会は内村光良、紅組・有村架純、白組・二宮和也(嵐)★3

    【紅白歌合戦の司会者決まる 総合司会は内村光良、紅組・有村架純、白組・二宮和也(嵐)】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/27(金) 21:05:28.91 ID:CAP_USER9.net
    3

    安室奈美恵、B’z、ももクロも出演せず、大物歌手は当然不在!? NHK紅白の目玉ゼロ状態とは?

     今年も放送が迫ってきた国内最大の視聴率を誇る紅白歌合戦。いまだに、国民的番組としてNHKを代表する怪物コンテンツだ。ただ、ここ数年では出演者の過剰な若返りを番組サイドが画策し、中高年層からはバッシングを受けることも多くなっている。

    「ジャニーズを過剰に出演させることに始まり、AKB48やももいろクローバーZ、乃木坂46など若手アイドルの出演がここ数年は相次ぎました。特にAKB48やジャ
    ニーズは紅白サイドの考える企画性の高いイベントにも協力を惜しまないことで、逆に悪目立ちしバッシングの対象となっています」(スポーツ新聞記者談)

     視聴率は関係ないと言われるNHKの番組だが、紅白歌合戦だけは例外。視聴率で評価の良し悪しが決まってしまうという裏事情がある。

    「紅白はとにかく視聴率を上層部から求められる番組です。関わる人間も膨大で数百人規模の人員で挑む番組ですから、広告が入らないNHKとはいえ視聴率でそ
    の年の審査を行っている。なので、どれだけ話題性の高い歌手を呼べるかブッキング担当のプロデューサーには毎年試練が待ち構えています。司会に関しては9
    月頃から、出場歌手に関しては10月頃からブッキングに入り内定が決まっていきます。演歌や歌謡曲系の歌手は10月の段階である程度確定のラインナップが決ま
    り、11月から目玉となる歌手のブッキングが本格化します」(スポーツ新聞記者談)

     数字を取れる歌手といえば、旬のアイドルやJ-POP歌手、そしてレジェンドと呼ばれる面々だろう。過去にも、長渕剛や物議を醸したサザンオールスターズ、
    矢沢永吉など度肝を抜くブッキングを成功させたが、昨年はX JAPAN、宇多田ヒカル、欅坂46などで、他の番組でも見かけただけにサプライズは無かったに等し
    い。

    「今年の紅白は例年事ですが松任谷由実や中島みゆきなどに声をかけ、さらに桑田佳祐や矢沢永吉にも声をかけている。しかし、どこからもいい返事はもらえて
    いないようです。

     サプライズ系ではブルゾンちえみとオースティン・マホーンのコラボ。また、AKB48グループも昨年のような投票システムを使った演出で協力するとか。紅白
    卒業を宣言したももいろクローバーZは今年も出場しないらしいです」(スポーツ新聞記者談)

     紅白には馴染みの薄いアーティストのブッキングにも余念がない。

    「B’zと安室奈美恵の出演はどんなことをしてでも獲得しろと号令がかかっているようです。特に安室に関しては、引退が迫っていますので今回を逃す手はない
    。B’zに関しても紅白出演のない最後の大物とも言われ、こちらはライブ会場からの出演で交渉が進んでいるというが、出場決定には至らず。

     安室に関しては『MCは無しでいい』という特別条件のもとで、収録かもしくは中継での出演で話が進むとの見方も。出演に関しては、安室の育ての親でもある
    ライジングの平社長も動いたようで、安室の出演が実現したらライジング期待の三浦大知を出演させるというバーターも提案されていると聞きます。とはいえ、
    引退発表した際にNHKが前夫のSAMとの入籍会見の映像を流したことに安室が激怒したとあって、出演は難しいのでは…という声もちらほら」(週刊誌記者談)

     昨年は解散騒動のSMAPを出演させることができなかった紅白。今年に関しては、サプライズ連発も実現できそうだ。

    https://news.biglobe.ne.jp/trend/1027/toc_171027_6313590668.html

    引用元: ・【テレビ】安室奈美恵、B’z、ももクロも出演せず、大物歌手は当然不在!? NHK紅白の目玉ゼロ状態とは?

    【NHK紅白の目玉ゼロ状態とは? 安室以外にも次々と出演辞退の大物歌手】の続きを読む

    このページのトップヘ