あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    自衛隊

    1: 小豆大福 2018/01/07(日) 14:18:39.91 ID:CAP_USER9.net
    3

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180107-00010000-alterna-soci

    「ぼくがあの漫才をしたのは、ストレス発散。後付けとして理由はいくらでも語れますが、正しいことが伝わらないモヤモヤした思いを発散したかっただけかもしれない」――ウーマンラッシュアワーの村本大輔さん(37)は昨年末に披露した時事ネタ漫才についてそう振り返る。村本さんは大飯発電所がある福井県おおい町生まれ。弟は自衛隊員。熊本の被災地や沖縄にも足を運び、「好きな人が困っていることを知ってしまったから動いた。声なき声の拡声器になりたい」と話す。SNSで話題になったあの漫才はどのようにして生まれたのか。村本さんにとって漫才とは何か。(聞き手・オルタナS編集長=池田 真隆)

    ――昨今、マイノリティーを中傷するバラエティ番組が批判を浴びるなか、社会問題とお笑いの関係についてどうお考えでしょうか。

    まず、お笑いには抑圧されたものを解放する力があると思っています。例えば、障がい者やLGBTなどは、「いじってはいけない」とされていますが、ぼくはいじります。それは、髪の毛の薄い人に「ハゲ」と言ったり、太っている人に「デブ」と言ったりするのと同じ感覚です。

    ぼくたちのライブに来てくれたお客さんに車イスに乗っている人がいたときに「車イスに乗っていて何か言われることはある?」などと質問します。公演後には、「触れてくれてありがとう」とコメントをもらいます。実は、「腫物」を扱うかのように触れないことが、本人にとって一番寂しいことではないでしょうか。

    ぼくは「声にならない声」の拡声器になりたい。そうして漫才を通して彼/彼女らに触れていきたいと考えています。

    ――「声にならない声」とはどのような人の声でしょうか。

    例えば、基地移設問題で揺れている沖縄では、賛成派と反対派がいますが、地元に住んでいるからこそ、近所付き合いを気にしてしまい声を出せない人たちがいます。外へ出て声をあげている人ばかりではないのです。

    報道では、座り込みするおじいさん・おばあさんが無理やり若い機動隊に連れていかれる過激な映像が主に流れます。そんな悲惨な映像を見ると、誰でも怖くて声を出すことをためらってしまうでしょう。「声にならない声」は、テレビでは流されず、ほったらかしにされています。

    だから、笑いにしてほしいと思っている人に手を差し伸べたい。「声にならない声」の拡声器として触れていきたい。THE MANZAI2017で披露した漫才もこうした思いから生まれました。


    ――あの漫才は熊本・益城町の仮設住宅や沖縄で披露して、泣いて喜ばれたこともあるそうですね。

    実は一番、あの漫才で泣いたのは、熊本でも沖縄でもなく、ぼくの友人です。東京・恵比寿にあるカフェで閉店後、ジャーナリストの堀潤さんや周辺のお店の店長らを呼んで夜な夜な語り合っています。

    堀さんからは、よく熊本や沖縄に行ってきた話を聞くのですが、「なんで沖縄や熊本にそんなに行くの?」と聞いたら、「友達ができたから」と答えました。

    すでに震災から一定の時間が経ち、ニュース番組で取り扱わなくなり、世間の関心も薄れているのに、友達にまた会いたいと思って行くわけです。

    それを聞いて、この人優しいなと思いました。これをきっかけに、被災地や沖縄に関心を持ち始めてニュースを見るようになったのですが、単純に、「末っ子が悲鳴をあげて泣いている」ように見えました。

    例えば、アメリカが日本の上司だとして、部下の家族が47人いて、父親から一番末っ子の耳に、無理やりピアスの穴を空けさせられているように見えたのです。ほかの46人の兄弟が、「かわいそうだ。やめろ」と言えない状態で。

    それに基地移設に反対する人たちには、「プロ市民」や「金で雇われている」などいろいろ言われていますが、現地に行ったときに、ちゃんと地元の人もいた。全員がプロ市民だと決めつけられているのがかわいそうだと思いました。

    堀さんはこの状況をSNSで投稿していますが、残念ながら正しいことを書いても一定の層にしか広がりません。そこで、堀さんを喜ばせたくて漫才でこの状況を伝えようと思いました。

    (略)

    引用元: ・【村本大輔】ぼくは「声にならない声」の拡声器になりたい。「声にならない声」は、テレビで流されず、ほったらかしにされています

    【ウーマン村本大輔 ぼくは「声にならない声」の拡声器になりたい。「声にならない声」は、テレビで流されず、ほったらかしにされています】の続きを読む

    1: 小豆大福 2018/01/03(水) 18:07:23.79 ID:CAP_USER9.net
    3

    お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔(42)が1日(12月31日未明)放送の『朝まで生テレビ! 〜元旦スペシャル〜』(テレビ朝日系)に出演し、その発言によって番組内で総バッシングに遭い、視聴者の間でも大きな波紋を呼んでいる。

    「この日、村本が論客から袋叩きにあったのは3つめのテーマ『ド~なる?!憲法改正と自衛隊』でした。
    村本はおもむろに『ちょっといいですか! これだけ教えてください』と声を上げ、司会の田原総一郎(83)らの議論の腰を折って『(自衛隊が)違憲って、何が違憲なんですか?』と”そもそも論”を言い出してきた。これには東京大学大学院の井上達夫教授(63)も『キミ、9条2項(陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権はこれを認めない)読んだことあるの?』『少し自分の無知を恥じなさい』と怒り、村本が悪びれもせず『ないです』と答えると、田原も『読めよ』と声を荒げるなど袋叩きにされました」(週刊誌記者)

     議論を視聴者の目線に落とすのが村本の役目だとしても、政治風刺漫才を標榜しながら、ニュースでも話題になっている「改憲議論」の大元を読んだことさえないのは責められて当然か。
    だが、当の村本の心は折れることなく、その後も果敢に主張をくり返したのだった。

    ■「沖縄はもともと中国から取ったもの」で評価急落

    「その後も、村本はめげることなく『なぜ中国や北朝鮮が日本を侵略する(と改憲派が考える)のか、意味が分からない』『北朝鮮が日本を狙うのは、アメリカの味方をするから』などと自論を展開。
    井上が『抵抗しなければ自分や家族が殺される状況になったらどうするの?』と尋ねると、『自分は殺されます』と堂々と答えていました。スタジオには溜め息が漏れ、筑波大学学長補佐の落合陽一が『小学校行こうよ』とぼやいた声をマイクが拾っていました(同記者)

     自称「政治問題に関心が高い」村本の主張は、いわゆる『非武装中立』で、いっさい武器は持たず、他国から侵略を受けた場合も抵抗せずにそれを受け入れるという、お花畑的な理想主義でしかなかった。
    さらに村本はこの後、無知をさらして大恥をかくことになる。

    「非武装中立を主張する村本に、龍谷大学の李相哲教授(58)に『尖閣諸島をよこせと言ったら大丈夫と言ったけど、じゃあ、沖縄を下さいと言われたらあげるんですか』 と聞いた時、村本は『もともと中国から取ったんでしょ』とポロッと言って、また無知をさらしてしまったんです。もちろん沖縄は琉球王朝の時代から、独立国家であり、たった一度も中国の領土になったことはありません」(同記者)

     案の定、同日の村本のTwitterは大炎上。さすがにこの失言は今後の仕事にかかわると考えたのか、村本もこの点に関しては1日にTwitterで「沖縄は中国だったってのは、僕のこれを読んでの咄嗟の拡大解釈でした。反省」と投稿している。

     ともあれ、12月17日の『THE MANZAI』(フジ系)で政治風刺漫才を披露し、テレビカメラに向かって「国民の意識が低すぎる」と挑発した、その男の意識の高さがこれではさすがに叩かれても仕方ない。やはり日本のお笑いシーンに「政治風刺」は合わないのか、新年早々、行く末が危ぶまれる村本の初日の出ならぬ初炎上であった。

    http://dailynewsonline.jp/intro/1390624/

    引用元: ・【芸能】お花畑的な理想主義のウーマン村本に視聴者ガッカリ? 風刺漫才での話題から一転して評価急落「小学校行こうよ」と言われる

    【お花畑的な理想主義のウーマン村本に視聴者ガッカリ? 風刺漫才での話題から一転して評価急落「小学校行こうよ」と言われる】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/16(土) 10:28:07.13 ID:CAP_USER9.net
    3

    http://www.sankei.com/world/news/171216/wor1712160004-n1.html

    http://www.sankei.com/images/news/171216/wor1712160004-p1.jpg

     米国の軍事行動などに伴う朝鮮半島有事にあたり各国が自国民を避難させる非戦闘員退避活動(NEO)について、韓国政府が米国以外とは各国軍の活動に関する協議を拒否していることが15日、分かった。このため日本政府は、自衛隊の航空機と艦艇の活用に向け、カナダやオーストラリアなど有志連合で韓国政府と協議する検討に入った。協議の枠組みとしてティラーソン米国務長官が提案した国連軍派遣国会合を有志連合会合に改編することも視野に入れる。

     NEOでの自衛隊の活用には韓国政府の同意が必要だが、韓国では自衛隊に抵抗感が強い。そのため日本政府は米国やカナダなどを中心とした有志連合の一角として、各国軍と連携した形で自衛隊を派遣することを検討している。

     NEOについて、韓国政府は米国との協議を受け入れている。一方、複数の日本政府高官によると、自衛隊の活動に関する日本との協議を拒んでいるほか、カナダやオーストラリアなどとの間でも各国軍に関する協議を拒否していることが判明した。

     背景には文(ムン)在寅(ジェイン)大統領ら左派特有の価値観があるとみられる。元駐韓外交官は「在韓基地がある米国は例外として、極力、支援や介入を避けようとの意識ではないか」と指摘している。

     韓国国内には多くのカナダ人やオーストラリア人がいるため、各国政府も自国軍を派遣するNEOの計画策定が進まないことに危機感を強めている。日本政府は個別に働きかけるより、各国が一致して韓国政府に協議を求めるのが得策だと判断している。

     協議の枠組みはティラーソン氏が提案したものの年内開催が見送られた国連軍派遣国会合の参加国を絞り込み、改編する案もある。

     朝鮮戦争で編成された国連軍は17カ国で構成され、朝鮮半島情勢と縁遠く、韓国にいる自国民も少ないエチオピアやコロンビアなどが含まれる。協議の参加国が増えると機微な情報が不必要に拡散する恐れがある。

     それらの国を除外した上で国連軍構成国に日本が加わる会合に改編すれば、NEOで協力する有志連合のメンバー国と重なり、その後の連携も円滑化できる。



    2017/12/16(土) 08:42:25.13
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513381345/l50

    引用元: ・【朝鮮半島有事】韓国が米以外との退避協議を拒否 韓国では自衛隊に強い抵抗感 日本政府は有志連合で対応へ★2

    【朝鮮半島有事 韓国が米以外との退避協議を拒否 韓国では自衛隊に強い抵抗感 日本政府は有志連合で対応へ】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/03(金) 18:53:56.46 ID:CAP_USER9.net
     あなたは連邦派? それともジオン派? 往年のガンダムファンにとって、「陸上自衛隊にモビルスーツ(以下、MS)が配属されている」と聞けば、さぞ心が躍ることだろう。実は10年前、防衛省は当時進めていた『先進個人装備システム』のことを“ガンダムの実現に向けて”と銘打って取り組んでいた。あれから10年、東アジアの国際問題がきな臭くなる中、果たして新MS開発の進捗具合はどうなっているのか、防衛省の担当者に聞いた。

    ■攻撃ヘリを圧倒!「ガンタンク」にそっくりな自衛隊装備

    ファンの一部から「ガンタンク」と呼ばれる【87式自走高射機関砲】略称:87AW 愛称:スカイシューター(陸上自衛隊HPより引用)
    no title


     自衛隊の中で、非公式の愛称ながら「ガンタンク」と呼ばれる装備がある。それは『87式自走高射機関砲』。防衛省での略称は「87AW」、広報向け愛称を「スカイシューター」としている本機関砲は、捜索・追随レーダーと射撃統制装置が連動することで敵の攻撃ヘリを効果的に撃墜する陸自が誇る対空火器。炸裂弾を使用しており、その攻撃力は堅い装甲を誇る空対地ヘリもひとたまりもない。高価な兵器で日本国内にわずか52両というレア感と相まって、ファンからの人気が高い装甲戦闘車両だ。そのルックスが人気アニメ『機動戦士ガンダム』に登場するMSに似ていることから、ファンの間で「ガンタンク」とも呼ばれている。元陸自隊員のライター・井上晋太郎氏は、「当時最新だった87式自走高射機関砲は実際に目にしたことはありませんが、こうして見ると『機動戦士Zガンダム』に登場する『ガンタンク2』に似ていますね(笑)。私は首都圏の普通科連隊(歩兵)に所属していたのですが、偵察隊や戦車大隊の機甲科には憧れていました」と、骨太な戦闘車両は“男の浪漫”を刺激すると力説する。

    ■「ガンダム開発」計画は次の段階に突入

    装着する隊員が使い易く、防護力・攻撃力が高まるシステムであり、隊員の任務遂行能力向上を目的とした『先進個人装備シテム』
    no title


     防衛省では以前、“ガンダムの実現に向けて”と銘打った企画が進行していた。ガンタンクの次はガンダム? それは聞き捨てならないということで、防衛省の担当者に『ガンダム開発』計画について話を聞くと、当時、旧技術研究本部が主催した『防衛技術シンポジウム2007』において同コピーが記載されていたようだ。担当者は「このシンポジウムは、防衛省が行う研究開発活動において国民の皆様にご理解いただけることを期待し、旧技術研究本部技術企画部が企画し、各研究所等から発表を行っていました。現在は『防衛装備庁技術シンポジウム』と名称を改めていますが、今に至るまで毎年開催しています。従来から本シンポジウムにおいては国民の皆様に親しみを抱いていただけるよう、わかりやすいキャッチコピーを使用するなどの様々な工夫を行っています」とのこと。

     つまり「ガンダムを開発する」と防衛省が発表したわけではなく、最新技術を国民にわかりやすく伝えるため、“ガンダム”を例えに出したということが真相だ。前出の井上氏は「当時想定された『先進個人装備シテム』は、装着する隊員が使い易く、防護力・攻撃力が高まるシステムであり、隊員の任務遂行能力向上を目的としたもの」と説明。では、その計画は今どうなっているのだろうか。

     防衛省担当者は「『先進個人装備システムの研究』は一定の成果を得て事業を終了。他方、隊員の任務遂行能力向上という目的の技術研究としては、現在は、隊員の機動力を高めたり、不整地でバランスを崩さずに任務を遂行したり、大きな力を出すことを目指した『パワードスーツ』関連の研究に軸足を移している」と、計画は次のフェーズに移ったと語る。
    『パワードスーツ』研究の進展次第では巨大ロボットが誕生!?

    >>2 以降に続く

    配信2017-11-03
    オリコンニュース
    https://www.oricon.co.jp/special/50407/

    ★が立った時間 2017/11/03(金) 12:00:09.55
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509678009/

    引用元: ・【防衛省】 「ガンダム開発」計画はどうなった? 防衛省担当者に聞く Part.2

    【「ガンダム開発」計画はどうなった? 防衛省担当者に聞く 続報】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/03(金) 12:00:09.55 ID:CAP_USER9.net
     あなたは連邦派? それともジオン派? 往年のガンダムファンにとって、「陸上自衛隊にモビルスーツ(以下、MS)が配属されている」と聞けば、さぞ心が躍ることだろう。実は10年前、防衛省は当時進めていた『先進個人装備システム』のことを“ガンダムの実現に向けて”と銘打って取り組んでいた。あれから10年、東アジアの国際問題がきな臭くなる中、果たして新MS開発の進捗具合はどうなっているのか、防衛省の担当者に聞いた。

    ■攻撃ヘリを圧倒!「ガンタンク」にそっくりな自衛隊装備

    ファンの一部から「ガンタンク」と呼ばれる【87式自走高射機関砲】略称:87AW 愛称:スカイシューター(陸上自衛隊HPより引用)
    no title


     自衛隊の中で、非公式の愛称ながら「ガンタンク」と呼ばれる装備がある。それは『87式自走高射機関砲』。防衛省での略称は「87AW」、広報向け愛称を「スカイシューター」としている本機関砲は、捜索・追随レーダーと射撃統制装置が連動することで敵の攻撃ヘリを効果的に撃墜する陸自が誇る対空火器。炸裂弾を使用しており、その攻撃力は堅い装甲を誇る空対地ヘリもひとたまりもない。高価な兵器で日本国内にわずか52両というレア感と相まって、ファンからの人気が高い装甲戦闘車両だ。そのルックスが人気アニメ『機動戦士ガンダム』に登場するMSに似ていることから、ファンの間で「ガンタンク」とも呼ばれている。元陸自隊員のライター・井上晋太郎氏は、「当時最新だった87式自走高射機関砲は実際に目にしたことはありませんが、こうして見ると『機動戦士Zガンダム』に登場する『ガンタンク2』に似ていますね(笑)。私は首都圏の普通科連隊(歩兵)に所属していたのですが、偵察隊や戦車大隊の機甲科には憧れていました」と、骨太な戦闘車両は“男の浪漫”を刺激すると力説する。

    ■「ガンダム開発」計画は次の段階に突入

    装着する隊員が使い易く、防護力・攻撃力が高まるシステムであり、隊員の任務遂行能力向上を目的とした『先進個人装備シテム』
    no title


     防衛省では以前、“ガンダムの実現に向けて”と銘打った企画が進行していた。ガンタンクの次はガンダム? それは聞き捨てならないということで、防衛省の担当者に『ガンダム開発』計画について話を聞くと、当時、旧技術研究本部が主催した『防衛技術シンポジウム2007』において同コピーが記載されていたようだ。担当者は「このシンポジウムは、防衛省が行う研究開発活動において国民の皆様にご理解いただけることを期待し、旧技術研究本部技術企画部が企画し、各研究所等から発表を行っていました。現在は『防衛装備庁技術シンポジウム』と名称を改めていますが、今に至るまで毎年開催しています。従来から本シンポジウムにおいては国民の皆様に親しみを抱いていただけるよう、わかりやすいキャッチコピーを使用するなどの様々な工夫を行っています」とのこと。

     つまり「ガンダムを開発する」と防衛省が発表したわけではなく、最新技術を国民にわかりやすく伝えるため、“ガンダム”を例えに出したということが真相だ。前出の井上氏は「当時想定された『先進個人装備シテム』は、装着する隊員が使い易く、防護力・攻撃力が高まるシステムであり、隊員の任務遂行能力向上を目的としたもの」と説明。では、その計画は今どうなっているのだろうか。

     防衛省担当者は「『先進個人装備システムの研究』は一定の成果を得て事業を終了。他方、隊員の任務遂行能力向上という目的の技術研究としては、現在は、隊員の機動力を高めたり、不整地でバランスを崩さずに任務を遂行したり、大きな力を出すことを目指した『パワードスーツ』関連の研究に軸足を移している」と、計画は次のフェーズに移ったと語る。
    『パワードスーツ』研究の進展次第では巨大ロボットが誕生!?

    >>2 以降に続く

    配信2017-11-03
    オリコンニュース
    https://www.oricon.co.jp/special/50407/

    引用元: ・【防衛省】 「ガンダム開発」計画はどうなった? 防衛省担当者に聞く

    【「ガンダム開発」計画はどうなった? 防衛省担当者に聞く】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/30(月) 18:59:52.08 ID:CAP_USER9.net
    1

    12歳中1女子とみだらな行為し現金2万円渡す 陸自隊員逮捕 愛知・豊川駐屯地
    10/30(月) 18:52配信

    陸上自衛隊の隊員の男が、当時12歳の女子中学生とみだらな行為をして現金を渡したとして、逮捕されました。

    逮捕されたのは、陸上自衛隊・豊川駐屯地に所属する陸士長・一木皓太容疑者(21)です。

    一木容疑者は去年12月、当時12歳だった中学1年の女子生徒と名古屋市中区のホテルでみだらな行為をし、現金2万円を渡した疑いです。

    一木容疑者は、女子生徒とスマートフォンのアプリを通じて知り合ったということで、警察が家出中の女子生徒を補導し、事情を聞く中で犯行が発覚しました。

    調べに対し、一木容疑者は「若い女性と性行為がしたかった」と、容疑を認めているということです。

    10/30(月) 18:52配信 東海テレビ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00001466-tokaiv-l23

    引用元: ・【愛知】「若い女性と性行為がしたかった」 12歳中1女子とみだらな行為をして現金2万円を渡した疑い、豊川駐屯地の陸自隊員(21)逮捕

    【「若い女性と性行為がしたかった」 12歳中1女子とみだらな行為をして現金2万円を渡した疑い、豊川駐屯地の陸自隊員(21)逮捕】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/29(日) 11:04:44.55 ID:CAP_USER9.net
    1

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00050033-yom-soci

    陸上自衛隊第4師団司令部は29日、大分県の日出生台演習場で訓練中に行方不明になっていた第16普通科連隊の男性2等陸曹(32)を同日未明、演習場内の雑木林で発見し、死亡を確認したと発表した。

    携行していた小銃や銃剣などは現場付近で見つかったという。

    発表によると、遺体は首をつった状態だった。2等陸曹は28日午後1時頃に
    行方不明となり、同師団が捜索していた。

    引用元: ・【社会】訓練中不明の陸自隊員、首吊った状態で遺体発見

    【訓練中不明の陸自隊員、首吊った状態で遺体発見 】の続きを読む

    このページのトップヘ