あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    苦痛

    1: 小豆大福 2017/11/24(金) 11:22:44.88 ID:CAP_USER9.net
    1

    「心は男」なぜ女性刑務所 性同一性障害の県内被告、「死ぬほど苦痛」涙の訴え
    11/24(金) 5:00配信

    「女性刑務所に入るくらいなら即、死刑にしてほしかった」。窃盗の罪で服役することになった県内の20代被告が、拘置施設の面会室で悲痛な声を響かせた。頬には涙の跡が幾筋も光る。髪は肩まで伸びているが、声は低く、一見した限りでは性別が分からない。被告には、体は女性だが心は男性という性同一性障害がある。控訴審判決が出た直後の今月21日、金沢刑務所拘置区(金沢市)で面会し、現在の心境などを聞いた。
    (社会部・中島慎吾)

    被告は6月、県西部の商業施設で食料品などを盗んだ疑いで逮捕、起訴された。
    執行猶予期間中の犯行だったこともあり、一審富山地裁高岡支部で懲役1年の判決を受けた。
    猶予されていた刑期を合わせると3年4カ月ほどになる。

    性別を変更するため、かねてから適合手術を望んでいたが、経済的な理由で受けられずにいた。
    性同一性障害の専用刑務所はなく、このままでは戸籍上の性別に従って女性刑務所に入ることになる。
    それを避けるには実刑から逃れるしかない。執行猶予付き判決を求め、名古屋高裁金沢支部に控訴した。

    しかし、面会直前の判決で一審の判断が変わることはなかった。
    「社会内での更生の道を自ら閉ざした。障害を酌むとしても限界がある」。
    安易に犯行を繰り返したと断じる裁判長の言葉が法廷に重く響く。「これ以上どうしようもない」。
    風船から空気が抜けるように闘争心を失った被告は、この日のうちに上告する権利の放棄を申し出たという。
    放棄が確定すれば受刑者として服役することになる。

    自らが犯した罪に対し懲役刑を受けることはやむを得ない。
    だが、女性として服役を強いられるのは「二重の刑罰」だと感じている。
    男性の外見を保つためのホルモン投与も逮捕後は受けられず、女性に近づいていく自らの容姿に
    強い嫌悪感を抱くようになった。「自殺したい」との思いも頭をよぎる。

    一方で、それに打ち勝ち、罪を償って出所できたなら、同じ境遇の人を支えたいとの願望もある。
    「もう誰にも同じ思いをしてほしくない。刑務所で体の自由が制限されても、性別の自由は奪われないよう、
    世の中を変えたい」

    (後略、全文はソースで)
    11/24(金) 5:00配信 北日本新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00091051-kitanihon-l16

    引用元: ・【石川】「体は女性だが心は男性」「女性刑務所に入るくらいなら死刑に」…性同一性障害の被告「死ぬほど苦痛」涙の訴え

    【「体は女性だが心は男性」「女性刑務所に入るくらいなら死刑に」…性同一性障害の被告「死ぬほど苦痛」涙の訴え】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/17(日) 10:33:35.69 ID:CAP_USER9.net
    314日に放送された、日本テレビ系『ダウンタウンDX』に、先日、結婚宣言からグループ卒業で一躍有名になった元NMBの須藤梨々花が出演し、恋人とののろけ話を皮切りに、言いたい放題の暴露話を披露した。

    「AKBグループは恋愛は禁止でも片思いはOKだから、1年間片思いだった」(1年片思いすれば恋愛OKというわけではない)。「握手会が嫌で、ミンティアを彼氏だと思って我慢していた」「結婚宣言をする総選挙で、そのことを隠して投票を呼び掛けたのは、アイドルとしての営業であり仕事」

     総選挙での突然の結婚宣言に対し、露骨に不快感を表していた高橋朱里のような仲間もいたが、その後の須藤に対する風当たりは、それほど強かったわけではない。卒業公演もあり、レギュラーだったテレビ番組も穏やかに終わり、最後の握手会にも、涙ながらに応援をし続けたファンもいる。

     どんなに本音では嫌であろうとも、そういうファンまでも、一括りにして足蹴にする発言に、普段はアイドルヲタに厳しいネット住民も「清々しいまでの死体蹴り」「これ、古巣のみならず、すべてのグループの人間まとめて地獄に叩き落としたな」「ごり押しした運営、のったファン、まとめて馬鹿にする根性は嫌いじゃないが、芸能界に残っては欲しくないね」 と、ドン引き。

     AKBの大家志津香は「考え方は人それぞれだけどすべてのアイドルがビジネスで握手をしているわけじゃないと思う」と火消しに走るも、人のいいファンたちも、「さすがにそこまで言われて握手はしたくない」「ヲタ卒させてくれてありがとう」などと言い出している。

     正直な話、須藤の発言は事実だろうと思う。

     握手会も、厄介なファン、あるいは暴言を吐きにくるアンチを相手にもニコニコ笑っていないといけないのだから、精神的にも、あるいは体力的にもしんどいだろうし、年頃の女の子に恋愛をするなと本気で強要したら人権侵害だろう。心と裏腹なヲタ媚びで売り上げを伸ばすのもプロとしての仕事であるというのも否定はできない。

     問題は、そのことを、暖かく送り出すファンに涙の謝罪をしたばかりのタイミングで言うかということ。すべてのアイドルが須藤と同じ感覚でアイドルをしているわけではないのだが、この発言で、48グループも、坂道グループも、その他のアイドルグループも、ビジネスなのではないかという疑惑の目で見られることになる。

     自分の発言がどれほど他人に迷惑をかけるのかを想像できないほど、愚かな頭の持ち主とは思えないだけに、非常に残念な発言だ。

     思えば、須藤はドラフトでNMBに入ったあと、選抜、センターと、明るい道を歩き続け、哲学だの麻雀だのと話題の中心になってきた。少しでも人気を上げたくて、必死にスキルを磨き、あるいは握手会で印象を残そうと苦労しているメンバーのことは目に入っていなかったのだろうし、これまでグループを育てていた先輩や運営の苦労も、自分のために用意された踏み台でしかなかったのだろうか?

    2017年9月16日 21時13分 財経新聞
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13622766/

    引用元: ・【テレビ】<元NMB須藤梨々花の激白!>「握手会が嫌で、ミンティアを彼氏だと思って我慢していた」

    【【テレビ】<元NMB須藤梨々花の激白!>「握手会が嫌で、ミンティアを彼氏だと思って我慢していた」】の続きを読む

    このページのトップヘ