あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    裁判

    1: 小豆大福 2017/12/12(火) 16:10:26.10 ID:CAP_USER9.net
    3

    自宅寝室で無理心中を図り、認知症の妻を包丁で刺して殺害したとして、殺人罪に問われた福島県南相馬市鹿島区北海老、無職田代光被告(90)の裁判員裁判で、福島地裁は11日、懲役3年6月(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。
     
    宮田祥次裁判長は「被告は家庭内で孤立感を強め、体力の衰えも感じて将来を悲観し、精神的に追い詰められていた」などと指摘。ただ、妻が介護老人施設に入院していたとして「介護に疲れている状態ではなく、執行猶予相当ではない」と判断した。
     
    判決によると、被告は今年4月5日午前9時50分~11時55分ごろ、施設から一時帰宅していた妻千枝さん=当時(85)=の腹部を包丁で刺すなどして殺害した。自身も腹部を切って自殺を図り、一時入院した。

    配信2017年12月12日火曜日
    河北新報
    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201712/20171212_63045.html

    引用元: ・【福島地裁】認知症の妻(85)刺殺 無理心中を図った90歳夫に実刑 「介護に疲れている状態ではない」

    【認知症の妻(85)刺殺 無理心中を図った90歳夫に実刑 「介護に疲れている状態ではない」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/27(月) 04:47:20.27 ID:CAP_USER9.net
    3

    「弁護士生活35年。裁判官の質問で原告が涙するシーンを初めて見ました」
     
    東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった石巻市大川小の児童23人の遺族が起こした訴訟の控訴審で、原告代理人を務める斎藤雅弘弁護士がこんな感想を漏らした。
     
    仙台高裁で10月12日にあった口頭弁論で、高裁は震災前の津波ハザードマップで大川小の通学地域の一部が津波浸水予想区域に含まれる点に着目。潮見直之裁判官が被告の市側に「津波と無関係な学校ではありませんよね」とただした。
     
    一審の最大の争点は海岸から約4キロ離れた大川小まで津波が来ることを予見できたかどうか。潮見裁判官の指摘は、大川小は3.11前から津波に備え、子供たちの安全を確保する責務があったことを示唆する。
     
    原告遺族の佐藤和隆さん(50)は「学区そのものが大川小なんだ、という裁判官の指摘に目からうろこの思い」と話す。
     
    原告側が指摘してこなかった問題点を裁判官がただし、原告の涙を誘った。裁判官の鋭い突っ込みに感心する一方、大川小問題担当キャップとして問題意識が十分だったか自問する。(報道部次長 山崎敦)

    2017年11月24日 金曜日
    河北新報
    http://sp.kahoku.co.jp/column/desk/20171124_01.html

    関連スレ
    【仙台高裁】大川小訴訟 唯一生き残った教師尋問せず来年1月結審★5
    https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511441554/

    ★1が立った時間 2017/11/26(日) 18:55:13.53
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511701737/

    引用元: ・【仙台高裁】大川小訴訟 「津波と無関係な学校ではありませんよね」 裁判官の質問で原告が涙★3

    【大川小訴訟 「津波と無関係な学校ではありませんよね」 裁判官の質問で原告が涙★3】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/09(木) 11:12:41.39 ID:CAP_USER9.net
    1

    <夫婦別姓>サイボウズ社長「選択できず不利益」国を提訴へ
    11/9(木) 11:05配信

    日本人と外国人との結婚では同姓か別姓かを選べるのに、日本人同士の結婚だと選択できないのは「法の下の平等」を定めた憲法に反するとして、東証1部上場のソフトウエア開発会社「サイボウズ」(東京都中央区)の青野慶久社長(46)ら2人が、国に計220万円の損害賠償を求め、来春にも東京地裁に提訴する方針を固めた。代理人弁護士によると、法律婚した男性による夫婦別姓訴訟は初めて。

    青野さんは、旧姓の「青野」で経営者としての信頼を築き、サイボウズは2000年に東証マザーズ上場。
    翌01年の結婚時に妻の姓を選択してからも旧姓を通称として使ってきた。
    しかし、所有していた株式の名義を戸籍上の姓に書き換えるのに約300万円を要した。
    「働き方が多様になった方が働きやすくなるのと同じで、姓も選択できる方が生きやすさにつながるはず」と訴える。

    女性の社会進出によって選択的夫婦別姓を望む人は増えている。
    原告代理人の作花知志弁護士は「姓は人権としての側面が出てきている。
    戸籍法を改正して旧姓使用の選択を認めればいいだけなのに現状は憲法の精神に反する」と主張する。

    神奈川県内の20代女性も同時に提訴する予定。この女性は旧姓への愛着が強く、「名前はアイデンティティーそのもの。紙1枚で別人になったことが悔しい」と話す。

    民法750条は婚姻の際に「夫または妻の氏を称する」と規定しており、
    最高裁は15年に「合憲」と判断している。【坂根真理】

    11/9(木) 11:05配信 毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000020-mai-soci

    引用元: ・【裁判】サイボウズ社長、夫婦別姓「選択できず不利益」 国を提訴へ

    【サイボウズ社長、夫婦別姓「選択できず不利益」 国を提訴へ】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/08(水) 12:25:05.25 ID:CAP_USER9.net
    1

    Hiroyuki Nisimura? @hiroyuki_ni 9:51 - 2017年11月8日

    2ちゃんねるの商標に関して、レースクイーン社が特許庁に無効審判を申し立てた結果がでました。

    「レースクイーン社が2ちゃんねるを違法に乗っ取ったことが認定されました。」

    ありがとうございました。

    ▼参考資料のリンクはソースでご覧下さい

    https://twitter.com/hiroyuki_ni/status/928062288539602944

    引用元: ・【5ch裁判】ひろゆき「レースクイーン社が2ちゃんねるを違法に乗っ取ったことが認定されました」

    【5ch裁判 ひろゆき「レースクイーン社が2ちゃんねるを違法に乗っ取ったことが認定されました」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/07(火) 19:44:21.14 ID:CAP_USER9.net
    1

    いじめ自殺裁判で同級生の父親「男子生徒を思っての暴力」
    11/7(火) 11:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000023-mbsnewsv-l25

     6年前、滋賀県大津市でいじめを受けていた中学2年の男子生徒が自殺し、遺族が同級生らに損害賠償を求めている裁判で、同級生の父親が法廷に立ち「男子生徒を思っての暴力だった」などと述べました。

     6年前、大津市で同級生から暴行されるなどいじめを受けていた中学2年の男子生徒が自宅マンションから飛び降りて死亡しました。遺族は大津市や同級生3人らを相手に損害賠償を求め提訴。市とは和解が成立しましたが、同級生らは「いじめではなかった」として争っています。

     7日はいじめに関わったとされる同級生の父親の尋問が行われ、父親は息子が暴力を振るったことは認めたうえで「被害者を思ってのことだった。当時は仲が良いと思っていたので、いじめがあるとの疑いはなかった」と述べました。午後には別の保護者と同級生への尋問が行われる予定です。

    ★1:2017/11/07(火) 14:48:40.84
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510044624/

    引用元: ・【滋賀】いじめ自殺裁判で同級生の父親「男子生徒を思っての暴力」 滋賀・大津市 ★3

    【いじめ自殺裁判で同級生の父親「男子生徒を思っての暴力」 滋賀・大津市】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/27(水) 22:13:23.24 ID:CAP_USER9.net
    3“夫逮捕と思い 救急車呼べず”

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/osaka/2003523581.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    大阪・堺市の3歳の男の子の行方がわからなくなり、その後、遺体が山の中で見つかった事件で、傷害致死などの罪に問われている両親の裁判が開かれ、母親は、「救急車を呼んだら、息子への暴力がばれて夫が逮捕されてしまうと思い呼べなかった」と述べました。

    大阪・堺市の鉄筋工、梶本卓被告(36)と妻の千穂被告(33)は、おととし12月、当時住んでいた松原市の住宅で、長男の樹李ちゃん(当時3)の頭を殴ったり、壁に打ちつけたりして死亡させ、遺体を千早赤阪村の山に遺棄したとして、傷害致死や死体遺棄などの罪に問われています。

    27日、大阪地方裁判所堺支部で開かれた裁判員裁判で、千穂被告は、弁護士の質問に対し、
    「夫が息子をたたいている時、ドア越しに注意したり、ドアを開けて右ひじをつかんだりしたが、止めることはできなかった」と述べました。

    また、
    「夫は、息子が亡くなると遺体を2階に運んだ。このまま隠すのだろうと思っていた。山の中に捨てたことは、逮捕されたあとに知った」と述べました。

    裁判長から「救急車を呼べなかったのか」と聞かれると、千穂被告は、「息子への暴力がばれて、夫が逮捕されてしまうと、生活に支障が出ると思い呼べなかった」と述べました。

    09/27 20:40

    引用元: ・【裁判】我が子より夫が大事ラブラブ妻 救急車呼ぶと夫が逮捕されてしまうと、息子(3)が殴られ死んでも通報せず・堺市の事件

    【【裁判】我が子より夫が大事ラブラブ妻 救急車呼ぶと夫が逮捕されてしまうと、息子(3)が殴られ死んでも通報せず・堺市の事件】の続きを読む

    このページのトップヘ