あずきブログ@2chまとめ

あずきブログは2chまとめブログです。

    視聴率

    1: 小豆大福 2017/09/19(火) 09:15:11.72 ID:CAP_USER9.net
    3 18日に放送された歌手で俳優の山下智久(32)主演のフジテレビ系ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(月曜・後9時)最終回の平均視聴率が16・4%だったことが19日、分かった。

     初回に記録した16・3%を上回り、全10回中最高の数字で有終の美を飾った。

     今回は30分拡大で放送され、瞬間最高視聴率は物語最終盤の午後10時20分と
    21分の2回マークした18・7%だった。

     初回に今クールのドラマNO1の16・3%、第2話も15・6%、第3話14・0%
    第4話13・8%、第5話13・8%、第6話13・7%、第7話13・4%、
    第8話15・4%、第9話13・9%、そして今回と今クール・ドラマ随一の数字を維持。
    ラストカット後に、ドクターヘリの映像ともに「映画化決定」の文字が流れ、
    来年の映画化も発表された。

    全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000068-sph-ent

    引用元: ・【視聴率】月9「コード・ブルー」最終回に最高16・4%!全10回トップで有終の美

    【【月9】「コード・ブルー」最終回に最高16・4%!全10回トップで有終の美】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/14(木) 09:46:42.59 ID:CAP_USER9.net
    3 女優の高畑充希が主演する日本テレビ系連続ドラマ『過保護のカホコ』(毎週水曜 後10:00)が13日最終回を迎え、平均視聴率が14.0%だったことが14日、わかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。
    全10話のなかで自己最高となり、有終の美を飾った。

     大ヒットドラマ『家政婦のミタ』などで知られる脚本家・遊川和彦氏が手がけ、昨年ヒットしたNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』でヒロインを務めた高畑の民放連ドラ初主演作。周囲に溺愛されまくり、なんでもママに頼り切りで一人で起きることさえできなかった女子大生・カホコが、唯一自分に厳しい言葉をかけてきた画家志望の青年・麦野初(竹内)と出会ったことをきっかけに成長、周囲にも影響を与えだすというストーリー。

     最終話ではカホコは、家族を失ってつらい時こそ結婚すべきだという初の言葉に後押しされ、看病疲れで体調を崩しながらも結婚に反対する母・泉(黒木瞳)と父・正高(時任三郎)に、改めて結婚を認めてもらえるよう頑張ると宣言。カホコの祖母・初代(三田佳子)を亡くして落ち込む福士(西岡德馬)を心配したカホコは並木家を訪ねるが、家の中に人の気配は無く、福士は電話で初代に会って来ると言い残す…。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000303-oric-ent

    引用元: ・【視聴率】高畑充希主演『過保護のカホコ』最終話は14.0%

    【【朗報】高畑充希主演『過保護のカホコ』最終話は14.0%】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/11(月) 11:19:33.94 ID:CAP_USER9.net
    橋本環奈出演「警視庁いきもの係」最終回7・7% 前回から2・0ポイント急増で有終の美
    2017年9月11日9時33分 スポーツ報知

    10日に放送された渡部篤郎(49)主演で橋本環奈(18)がヒロインを演じるフジテレビ系ドラマ
    「警視庁いきもの係」(日曜・後9時)最終回の平均視聴率が7・7%だったことが11日、分かった。
    前回の5・7%から数字を2・0ポイント急増させ、有終の美を飾った。

    初回8・9%でスタートした同ドラマ。裏にTBS系日曜劇場という強力ライバルを持つ同枠では
    昨年4月以来となる好数字だった。前クール、この時間帯に放送された観月ありさ(40)主演の
    「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の初回視聴率6・9%を2・0ポイント上回る好発進だったが、
    第2話%7・2%、第3話6・0%、第4話5・7%、第5話6・6%、第6話5・3%、
    第7話5・9%、第8話5・7%、第9話5・7%、そして今回と推移した。

    警視庁総務部総務課の動植物管理係(通称・いきもの係)の鬼警部補(渡部)と
    新米巡査(橋本)のコンビが事件解決に奔走する物語だった。

    フジテレビの調べではキッズ層と橋本ファンと思われる男性視聴者層の人気が高かったという。
    (数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170911-OHT1T50107.html
    「警視庁いきもの係」出演の橋本環奈
    no title

    引用元: ・【ドラマ視聴率】渡部篤郎・橋本環奈出演「警視庁いきもの係」、最終回は7.7%…前回から2.0ポイント増で有終の美

    【【朗報】渡部篤郎・橋本環奈出演「警視庁いきもの係」、最終回は7.7%…前回から2.0ポイント増で有終の美】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/11(月) 09:44:50.67 ID:CAP_USER9.net
    3綾瀬はるかがのんに大敗!? 『この世界の片隅に』声優を袖にした代償で崖っぷちの理由

     女優・のんの躍進が止まらない。今年に入ってからは多数のCMに出演し、さらに『創作あーちすと NON』(太田出版)の出版や音楽活動を開始するなどマルチに活躍している。その一方であるトップ女優が正念場を迎えているという。

     もともと人気女優であったのんだが、いまだ解決をみない当時の所属事務所とのトラブルで一時はメディアから姿を消していた。だが昨年、彼女が主人公・すずを演じた劇場版アニメ『この世界の片隅に』が大ヒット。同作が契機となり、完全復活を果たした。

    のん名義の出世作となったアニメ『この世界の片隅に』。彼女の好演も作品の評価をあげる一因といわれているが、実は当初、この役には違う女優がセッティングされていたと「東スポ」が伝えている。

     記事によれば、主人公のすず役に製作側は女優の綾瀬はるかをイメージ。水面下でオファーもしていたという。だが、クラウドファンディングで資金を募ることなどに対して事務所側が難色を示し、結局断ってしまったそうだ。

    「現在ののんの躍進や作品のヒットを目にした綾瀬の関係者は断ったことを悔やんでいるかもしれませんね。綾瀬は今年の4月に発売した2年ぶりの写真集『BREATH』(集英社)の売上もいまいちといわれるなど、かつての勢いに陰りが見えはじめたよう。

     来月から放送される連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)に主演する綾瀬は裏稼業で暗躍していた過去を持つ専業主婦を演じます。昨年の主演ドラマ『わたしを離さないで』(TBS系)、今年放送された『精霊の守り人II 悲しき破壊神』(NHK)の視聴率が低調な結果に終わっています。ここで高視聴率を獲得して面目躍如を果たしたいところでしょう」(芸能ライター)

     大ヒット作への出演を惜しくも見送ってしまった綾瀬。主演ドラマで見返したいところだが、同作は共演者こそすんなり決まったものの、肝心の相手役選びが難航したと週刊誌で報じられている。

    「当初、綾瀬の相手役は長谷川博己に決まりかけましたが、『小さな巨人』(4月クール/TBS系)で疲弊したことを理由に断られ、結局は西島秀俊に決定したそう。放送どころかキャスティングの段階からつまずいてしまうなど、あまり幸先はよろしくないようにも思えます。長谷川が出演しなかったことを悔やむくらいいい数字が取れればいいのですが......」(芸能記者)

     ひとつの作品への出演の有無をめぐり、明暗が別れてしまったふたり。綾瀬はトップ女優の地位に戻ることができるのだろうか?

    http://biz-journal.jp/gj/2017/09/post_4255.html

    引用元: ・【芸能】綾瀬はるかが、のん(元・能年玲奈)に大敗!? 『この世界の片隅に』声優を袖にした代償で崖っぷちの理由

    【【悲報】綾瀬はるかが、のん(元・能年玲奈)に大敗!? 『この世界の片隅に』声優を袖にした代償で崖っぷちの理由】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/07(木) 01:16:07.20 ID:CAP_USER9.net
    3 「今、フジは完全に非常事態です」。4日に東京・台場のフジテレビ本社大会議室で開かれた10月クールの番組改編発表会見。本来、自信の新番組をお披露目する華やかな場で、ひな壇の中央に座った立木洋之編成部長の口から危機感たっぷりのセリフが飛び出した。

     確かに同局の10月クールの改変率(番組の変わる率)はゴールデン帯(午後7時~10時)34・3%。プライム帯(午後7時~11時)29・8%という大規模なもの。45か月連続で月間視聴率「三冠」を続ける日本テレビの10月期番組改編発表会見も5日に行われたが、ゴールデン帯の改編率は「ほぼ無改編です」(岡部智洋編成局次長)という4・8%。両局を比べると、フジの改変は、まさに大改造と言えるものだった。

     配られた資料の1ページ目に書かれたのが、「『変える、変わる』ためにフジテレビを“reboot(リブート)”します」という大文字。キーワードは「再起動」を意味する「リブート」。資料には「美辞麗句を並べるつもりはありません。フジテレビが生まれ変わるために、フジテレビは頑張ります」という悲壮な文章まで添えられていた。

     象徴的なのがテレビ朝日系「報道ステーション」終了後、三顧の礼で迎え入れた古舘伊知郎氏(62)の「フルタチさん」(日曜・後7時)の終了。同番組は昨年11月、常に20%前後の平均視聴率をたたき出す日本テレビ系「イッテQ!」などがひしめく日曜の激戦区に乗り込んだものの、最新3日放送回の視聴率が4・7%と“惨敗”。1年での同枠撤退となった。

     「報道ステーション」降板後、初のレギュラー番組だった古舘氏にとっても、無念の降板となったが、「リブート」の舞台として同氏司会の新番組「モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!~」が金曜・後7時枠で用意された。

     立木編成部長の「非常事態」発言は、この古舘さんの番組の終了、そして“異動”について聞かれた際に飛び出したものだった。「『フルタチさん』が1年で終わってしまうということですが、今、何をするかということで考えた結果。今の非常時に置いて、何をするかということです」。BSフジで16年に渡って編成に従事。今年4月からフジの編成部長に就任した“編成のプロ”は引き締まった表情でそう言った。

    つづく

    9/6(水) 18:19配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000127-sph-ent

    2017/09/06(水) 21:51:50.63
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1504702310/

    引用元: ・【テレビ】<フジテレビ編成部長>「今、フジは完全に非常事態です!」フジテレビは変われるのか? ★2

    【【テレビ】<フジテレビ編成部長>「今、フジは完全に非常事態です!」フジテレビは変われるのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ