あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    調査結果

    1: 小豆大福 2018/01/01(月) 12:33:10.09 ID:CAP_USER9.net
    3

    あなたの国は50年前より良くなっている? 各国で見方に違い
    Forbes JAPAN:2018/01/01 08:00
    http://forbesjapan.com/articles/detail/18904

    あなたの国は、50年前と比べて良くなっていると思いますか──?
    米調査機関ピュー・リサーチ・センターは今年6月27日~7月9日、世界38か国の4万3000人を対象に、この質問に対する考え方を調査した。
    その結果から明らかになったのは、人々の見方は国によって非常に大きく異なるということだ。

    米国は1967年も、多くの問題を抱えていた。多くの暴動が発生、東西冷戦は緊張の度合いを高め、ベトナム戦争は激化していた。また、中東ではイスラエルが周辺国との間で6日間戦争を起こした。

    1967年当時はバスや地下鉄で通勤する途中、スマートフォンの画面にくぎ付けの人たちに取り囲まれることも、AirPodsからもれてくる音楽を耳にすることもなかった。インターネットなどは、人の理解を超えたものだった。

    ここ50年間の進歩や発展から、現在の方がより幸福だと考えている人が多くを占める国もある。
    当然ながら、ベトナムでは88%の人が、国が分裂して容赦ない戦いを繰り広げていた1967年よりも、今の方がより良い状況にあると感じている。
    また、過去50年の間に圧倒的な経済成長を遂げたインドでは、およそ10人に7人が現在の方が良くなっていると答えた。

    こうした楽観的な見方は、アジアの国・地域に共通している。特に、目覚ましい経済発展を遂げた韓国では68%、日本では65%の人たちが、こうした考えを持っている。

    一方、米国で自分たちの暮らしを楽観的に見る人は、より低い割合にとどまっている。50年前より良くなっていると考える人は37%、悪くなっていると見る人は41%だ。
    また、フランスやイタリアではこうした傾向がさらに顕著になっており、改善していると見る人は、それぞれ33%、23%だった。
    ピュー・リサーチ・センターは、人々の自分の暮らしに対する見方を左右するのは、経済情勢だと指摘している。

    前出の質問に対する各国の調査結果は、以下のとおりだ(一部の国のみ紹介、数字は左が「悪化している」、右が「改善している」と答えた人の割合)。

    ・ベトナム: 4%/88%
    ・インド: 17%/69%
    ・韓国: 17%/68%
    ・日本: 15%/65%
    ・ドイツ: 20%/65%
    ・スペイン: 28%/60%
    ・カナダ: 24%/55%
    ・ロシア: 28%/50%
    ・オーストラリア: 33%/50%
    ・南アフリカ: 36%/47%
    ・英国: 31%/45%
    ・米国: 41%/37%
    ・ブラジル: 49%/35%
    ・フランス: 46%/33%
    ・イタリア: 50%/23%
    ・メキシコ: 68%/13%
    ・ベネズエラ: 72%/10%
     

    引用元: ・【国際】「あなたの国は50年前より良くなっている?」 各国で見方に大きな違い 38か国4万3000人に質問 米調査会社

    【「あなたの国は50年前より良くなっている?」 各国で見方に大きな違い 38か国4万3000人に質問 米調査会社】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/05(火) 12:49:00.17 ID:CAP_USER9.net
    no title

    大相撲の元横綱・日馬富士による暴行事件で、日馬富士は日本相撲協会の調査に対し、「貴ノ岩がその場で謝っていればこんなことにはならなかった」などと話していることがわかった。

     協会の危機管理委員会の調査で、日馬富士は、横綱・白鵬から説教されていた貴ノ岩が
    スマホをいじったことをきっかけに、暴行を始めたとしている。

     その後の関係者への取材で、日馬富士が協会の調査に、「貴ノ岩がその場で謝っていればこんなことにはならなかった」と話していることがわかった。また、同席した力士らは、貴ノ岩のケガについて、それぞれの親方に報告しなかった理由について、「翌朝、貴ノ岩が日馬富士に謝りに来て終わったと思っていた」と話したという。

     今月20日の理事会に提出される調査の最終報告には、白鵬らがすぐに暴行を止めなかった理由も盛り込まれるという。

    日テレNEWS24
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171205-00000025-nnn-soci

    引用元: ・【相撲】日馬富士「貴ノ岩がその場で謝っていれば」

    【日馬富士「貴ノ岩がその場で謝っていれば」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/01(水) 12:48:28.57 ID:CAP_USER9.net
    1

    35歳から54歳の未婚者の約半数が「あえて結婚していない」として、結婚を望んでいないことが分かりました。

    明治安田生活福祉研究所が35歳から54歳の男女1万人を対象に行った結婚意識に関する調査によりますと、未婚者の49%が「あえて結婚していない」と答え、「結婚したいができていない」の51%とほぼ同数でした。

    「あえて結婚しない」理由としては「元々、結婚を望んでいない」という独身主義が最も多く、「独身は精神的・時間的に自由がきく」が続いています。また、男女とも年齢が高くなるほど「今さら、結婚するような年齢ではない」との回答が多くなっています。

    逆に「結婚したいが、現在も独身でいる」理由としては、男性では「家族を養うほどの収入がない」、女性では「希望の条件を満たす異性に巡り会わない」がトップでした。このほか、これまでに経験した結婚のチャンスについて聞いたところ、「0回」と答えた人が男性で57%、女性で42%となり、「3回以上」と答えたのはともに1割ほどでした。

    ---明治安田生活福祉研究所---
    2017年 35~54歳の結婚意識に関する調査(2017年10月27日)
    http://www.myilw.co.jp/research/report/2017_03.php
    http://www.myilw.co.jp/research/report/pdf/myilw_report_2017_03.pdf

    ■あえて結婚していない理由
    (「もともと結婚を望んでいない」)
    男性 5人に2人
    女性 3人に1人

    ■結婚したいものの現在独身でいる理由
    男性 「家族を養うほどの収入がない」3割
    女性 「希望の条件を満たす異性に巡り合わない」4割

    ■一生独身でいることを決意・覚悟した理由
    (「結婚に向いていない」)
    男性 4割
    女性 3割

    ■45歳以上でやっぱり結婚したいと思うようになった理由
    (「老後1人で生活することへの不安」)
    男性 4割
    女性 5割

    ■これまでに経験した結婚のチャンスが「0」回
    未婚男性の6割
    未婚女性の4割

    ■理想・条件を下げておくべきだったと考える年齢
    男性 30代前半
    女性 20代後半~30代前半

    ■結婚相手として希望する相手の年齢
    男性 「自分よりも年下」
    女性 「自分と同年齢層」

    ■結婚相手に求める理想・条件を下げた年齢
    男性4割 30代前半
    女性4割 20代後半

    ■理想・条件を下げて後悔している50代前半既婚者
    男性 4割
    女性 6割

    配信2017/10/27 16:21
    テレ朝ニュース
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000113232.html

    ★1が立った時間 2017/10/28(土) 21:05:15.82
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509484864/

    引用元: ・【調査】35~54歳の未婚者 半数が「あえて結婚していない」 「結婚したいができていない」とほぼ同数★27

    【35~54歳の未婚者 半数が「あえて結婚していない」 「結婚したいができていない」とほぼ同数 続報】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/21(土) 20:05:33.75 ID:CAP_USER9.net
    1

    産経ニュース2017.10.21 19:37更新
    http://www.sankei.com/entertainments/news/171021/ent1710210013-n1.html

     電通は21日までにテレビ番組のインターネット同時配信に関する調査結果をまとめた。導入された場合、利用するとの回答が半数に上る一方、有料の場合、金額が100円でも、その約60%が見ないと答えている。導入の際には改めて課金問題が焦点となりそうだ。

    放送番組を放送と同時にネットでも提供するネット同時配信は、放送業界が検討を進めており、NHKは2019年度の常時同時配信を目指している。

     調査では同時配信の利用頻度の予想を聞き、「毎日3回以上」から「月に1回以下」とした回答を足し上げた50・7%を「利用予定者」と定義。利用頻度は「週2~3回」が10・4%と最多で、1日当たりの利用時間は30分~2時間未満が主流だった。

     ただ、利用予定者のうち、61・4%は100円でも課金されれば利用しないと回答。500円を超えると9割以上となった。同時配信に「魅力を感じない」「利用しない」との回答もそれぞれ35・5%、13・8%あった。

    引用元: ・【ネット同時配信】有料の場合、100円でも60%が見ない 課金に抵抗感 電通調査

    【ネット同時配信 有料の場合、100円でも60%が見ない 課金に抵抗感】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/07(土) 09:03:16.42 ID:CAP_USER9.net
    1

    「低身長で嫌な思いをしたことがあるか」の調査結果
    https://www.kyobun.co.jp/wp-content/uploads/2017/10/n20171006_02-300x225.jpg

    ㈱ファイザーはこのほど、「低身長の子供をもつ親と本人への低身長に関する意識調査」の結果を発表した。身長が低いことで嫌な思いをしたことがある「本人」は約8割で、「子供が嫌な思いをした」と答えた親の3割と比べ、認識に隔たりが見られた。

    同調査は9月20日の子供の成長啓発デーを前に実施。同性同年齢の人と比べて、-2SD(標準偏差)以下の低身長に該当する18歳以上の男女500人と、3歳から18歳の低身長の子供を持つ母親500人に、8月30日から9月1日の2日間にアンケートを行った。

    自身、または子供の低身長に対し、「健康なので特に問題ない」という回答は本人73.0%、親61.0%。

    身長が低い原因は、遺伝と考えている人が最も多く、本人75.0%、親53.0%と半数以上だった。一方、病気と答えた割合は本人9.4%、親7.2%だった。

    身長が低いことで、実際に嫌な思いをしたことがあると答えた本人の割合は79.6%、子供が嫌な思いをしたことがあると答えた親は33.0%と、親と子供の認識に隔たりが見られた。

    また、「身長が低くなかったら、今とは違った生活だったと思う」と考えている人は61.8%だが、親は17.2%と、3倍以上の差があった。

    背が伸びにくい原因について、遺伝や食生活、睡眠以外にも、成長ホルモンが出にくい体質・病気の可能性があることや、医療機関で検査でき、治療法があることを示し、認知度を調べた。知っていたと答えたのは、本人は31.6%、親は49.2%で、半数以上が病気の存在を知らなかった。

    また、条件を満たせば、成長ホルモン療法に関する費用助成が受けられることについて、知っていた親は23.6%。本人は8.2%と低い割合に留まった。一方、助成を受けられたことを知っていれば医療関係者に治療を相談したいと思う割合は、親が34.5%だったのに対し、本人は50.4%と半数に上った。

    ファイザー公式
    低身長の子どもをもつ親と本人への低身長に関する意識調査
    http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2017/2017_09_20.html

    配信2017年10月6日
    教育新聞
    https://www.kyobun.co.jp/news/20171006_02/

    引用元: ・【調査】「低身長で嫌な思いした」約8割 親の認識と隔たり ファイザー

    【調査「低身長で嫌な思いした」約8割 親の認識と隔たり ファイザー】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/26(火) 09:23:58.56 ID:CAP_USER9.net
    減少傾向にある湯船入浴時間
    no title


    花王は9月25日、「日本在住外国人の入浴に関する実態・意識調査」の結果を発表した。

    日本在住外国人の実態を把握する上で、まずは日本人の実態を確認するため「1日あたりの湯船入浴時間」の調査結果を挙げた。同調査は2005年から毎年1月、日本人女性600人を対象に実施している、

    2005年には平均11.5分だった湯船入浴時間は、減少傾向にあり、特に今年は9.7分と過去最低。調査開始と比べ約16%短くなっている。

    ■仕事や家事、育児で「短め入浴」にならざるを得ない?

    日本人の湯船入浴頻度
    no title


    しかし入浴頻度に関しては、「週1回以上湯船入浴する」人が毎年9割以上をキープ。「週7日入浴する」人も64.1~67.7%と、調査開始から大きな変化はない。シャワー派は2013年の6.4%から今年で8.7%と微増しているが、湯船に入る人が依然大多数のようだ。

    また今年3月に実施した別調査では、9割が「湯船に入る入浴は好きだ」(89.5%)と回答している。また「ゆっくり入浴をしたいけれど、忙しくてじっくり湯船に入れていないと思う」(39.6%)という回答も4割近く見受けられた。

    同社はこの結果について「ゆっくりと湯船に浸かる入浴が好きではあるものの、仕事や家事、育児などの忙しさもあり、”短め入浴”にならざるを得ない姿が浮かび上がってきます」とプレスリリースで分析している。

    ■外国人の9割が「来日して湯船に浸かる頻度が増えた」

    日本在住外国人の来日による入浴スタイルの変化
    no title


    8月30日~9月15日には日本人在住の外国人(英語圏を中心とする9か国の男女)54人を対象に入浴に関するアンケートを実施した。

    来日する以前の母国での入浴スタイルを尋ねると、51.9%が「シャワーのみ浴びる」と回答し、「湯船のみ浸かる(シャワーは浴びない)」は20.4%、「シャワーも浴びて湯船にも浸かる」は27.8%となっている。

    しかし来日してから「シャワーのみ浴びる」は18.5%と、33.4ポイント減少している。その一方で「湯船のみ浸かる(シャワーは浴びない)」(7.4%)と「シャワーも浴びて湯船にも浸かる」(74.1%)を合計すると81.5%にのぼり、来日をきっかけに、外国人が湯船に浸かるようになっている実態が伺える。

    また「母国にいた頃よりも湯船に浸かるのが好きになった」と思うようになった人は「そう思う」(27.3%)と「ややそう思う」(59.1%)で、9割近くにのぼった。

    さらに「母国にいた頃よりも湯船に浸かる頻度が増えた」と回答した人も合計86.4%、「実際に湯船に浸かる時間が増えた」という人の合計も65.9%となっている。来日で、多くの外国人の入浴スタイルや入浴に対する意識が変化したようだ。

    配信2017.9.25
    キャリコネニュース
    https://news.careerconnection.jp/?p=40998

    引用元: ・【調査】日本人の入浴時間が12年間で16%減少 「忙しくてじっくり入れない」という人が4割-花王

    【【悲報】日本人の入浴時間が12年間で16%減少 「忙しくてじっくり入れない」という人が4割-花王】の続きを読む

    このページのトップヘ