あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    週刊新潮

    1: 小豆大福 2017/12/01(金) 08:22:13.96 ID:CAP_USER9.net
    3

    https://www.daily.co.jp/general/2017/11/30/0010778103.shtml#btnMore
     日本相撲協会が30日、東京・両国国技館で定例の理事会を開いた。「週刊新潮」に対して抗議文を送ることを決議したと発表した。

     週刊新潮は12月7日号で「『貴乃花』停戦条件は『モンゴル互助会』殲滅」、のタイトルで、モンゴル出身力士同士で、八百長相撲が行われているのではないかと指摘する記事が掲載された。
     このことを受け、尾車事業部長(元大関琴風)は「モンゴル力士同士の星のまわし合いを報道していることについては、協会の名誉に関わることであり、抗議書を文章で送ることを決めました」とした。

    色物です
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511788584/1

    引用元: ・【報道】相撲協会が週刊新潮に抗議文送付へ 八百長指摘記事に「名誉に関わる」

    【相撲協会が週刊新潮に抗議文送付へ 八百長指摘記事に「名誉に関わる」】の続きを読む

    31: 小豆大福 2017/09/07(木) 05:56:51.88 ID:CAP_USER9.net
    http://www.asagei.com/wp-content/uploads/2017/09/20170906_asagei_araki.jpg
     ブレイク間近の若手女優に突如発覚した新事実に世間の人々もショックを隠し切れないようだ。

     放送中の月9ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~3rd season」(フジテレビ系)に主要キャストの1人としても出演中の新木優子が、宗教法人「幸福の科学」の信者であることを8月31日発売の「週刊新潮」が報じている。

     同誌によると、全国の教団施設で、2時間弱にも及ぶ新木の守護霊インタビューが公開。同インタビューで新木の守護霊は、10年後には「幸福の科学」の活動に合流したいことや、所属事務所には同団体の信者であることをカミングアウトしているということを明かした内容だ。

     これを新木の所属事務所の社長も認めているということで、事実ではあるようだが、幸福の科学といえば、2月に清水富美加が同団体の活動に専念することを理由に芸能界を引退。清水は多数の番組に出演していたが、収録を突如欠席したり、出演予定の映画に代役が立てられたりと、多大な迷惑をかけた引退劇を演じたため、世間の印象は実際のところよくはない。そのため、今回の報道に世間の人々からは「優子ちゃん、注目してたのにな」「まさかこの子もそんな闇を抱えていたとは…」「好きだったからかなりショックです」といった悲しみの声ばかりが目立っている。

    「4~6月放送のドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジ系)では、みごとなアクションシーンを見せて注目を集めた新木。そのままの勢いで月9に出演するなど伸び盛りの女優だっただけに今回の報道がどんな影響を与えるのか気になります。5月には同じ事務所に所属するももいろクローバーZがレギュラー出演するバラエティ『桃色つるべ』(カンテレ)に出演。かつてメンバーと一緒にレッスンを受けたりと、旧知の仲で、この日がテレビ初共演でした。新木も『最初は涙こらえるので必死でした』と、大満足していましたから、全国のモノノフ(ももクロファン)も、またの共演を期待していたようですが、今回の報道でその心境も複雑なようですね」(エンタメ誌ライター)

     ただ、新木は親を交え所属事務所との話し合いも済んでおり、突然出家するなどの迷惑をかけないことを約束しているといい、報道直後も通常通りインスタグラムを更新しており、目立った変化は見られていない。しかし、仕事が忙しくなったりで、どういった心境の変化が見られるかは未知数なだけに、そのうち清水のように暴露本を突然出版して「社長を殺したい発言」のようなものが飛び出さないか、事務所側もヒヤヒヤなことだろう。

    (田中康)

    http://www.asagei.com/excerpt/88248

    引用元: ・【芸能】“モノノフ”も落胆!? 新木優子、「第二の清水富美加」報道に「好きだったのに」

    【【新木優子】モノノフ落胆!? 「第二の清水富美加」報道に「好きだったのに」】の続きを読む

    このページのトップヘ