あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    道交法違反

    1: 小豆大福 2018/01/02(火) 09:30:04.03 ID:CAP_USER9.net
    3

    大半の運転者がルールを守らないとき、どうすべきか。警察の取り締まり強化を求める声が多く寄せられました。取り締まりは、ここ10年で倍増しています。それでも事故はなくなりません。交通心理学の専門家は、背景にある日本人の振る舞いや、道路をめぐる欧米との意識の違いを指摘します。寄せられた提言などとともに紹介します。

    ■言い訳せず まず停止

     アンケートには、道交法の原点に立って考えるべきだという意見が多く寄せられました。その一部です。

    ●「道路交通法は我々の社会生活の安全を担保する社会ルールだと思っています。横断歩道に歩行者、自転車がいるときは渡らせなければならない、という道交法第38条の他、交通弱者である歩行者の安全を守るという社会ルールは義務教育で教え、PTAで教え、自治会で教え、学ばなければならないと思っています」(千葉県・60代男性)

    ●「横断歩道に立っていてもほぼ止まらないため、手を挙げるようにしています。歩行者も渡りたいのかの意思表示が必要ですね」(愛知県・50代男性)

    ●「警察が取り締まりを徹底すべきです」(秋田県・70代男性)

    ●「諸外国の郊外など、横断歩道に立っていれば渡りたいんだとすぐに判断が出来ると思いますが、狭い煩雑な日本の街中などただ単に立っているのか渡りたいのかが不明な場合が多々あります。私が歩行者の場合には積極的に手を上げて渡りたいとの意思表示をしています。そうすると左右両方の車両の運転手にも分かりやすく、すぐに止まってくれます」(神奈川県・60代男性)

    ●「自動車は一時停止できる構えで横断歩道に接近するべきなのに、そのように実行している運転手はほとんどいない。『歩行者が横断する気か分からない』という言い訳があるけれども、分からないならばいったん停止してみてはどうか。それが運転する上での安全配慮というものだろう。『そんなことやってられない』というのがドライバーの本音だと思うが?」(東京都・50代男性)

    ●「人と車が衝突したら100%人が負けるわけで、そういう力関係のもとで車の不法行為がまかり通ってしまっている。もはやマナーに期待はできない。どんどん取り締まって罰金を科すべきである」(東京都・60代男性)

    ●「『歩行者が待っていてくれるだろう』という運転手が多すぎる。信号なし横断歩道では、横断しようとする人がいれば一時停止、いるかどうか分からない時は徐行ですから(道交法38)、直進車と横断者の事故は本来、起こりえないはずなんです。即効性のある解決策は、信号なし横断歩道の手前にバンプをつけることです。そうすれば、どんな車も速度を落とさざるをえませんし、減速したのでそのまま止まって歩行者を優先するようになると思います。あとは取り締まり強化しかありません」(東京都・40代女性)


    ■「弱者に冷たい」背景に

     日本人や日本の社会についての意見もありました。

    ●「やはりこれは『他の人も止まらないから』という日本人の横並び意識からきていると思う。シートベルトや一時停止、酒気帯びなど、日本の交通ルールは警察が厳しい取り締まりをしだしてから守る人が増え始め、ある一定の割合以上になると急にほとんどの人が守るようになる傾向にあると思う。明らかに歩行者優先の横断歩道で事故が頻発しない限りは警察も取り締まりを強化しないのかもしれない」(京都府・50代男性)

    ●「日本は車に限らずだいたい強者優先の社会で、弱者は我慢せよ、と冷たい。それが車優先にも出ているのでは。横断歩道で渡ろうと、運転者の目をじっと見ていてもほとんど無視され止まってくれません。ちなみに歩道を走る自転車も、歩行者を押しのけるように走っていくのが多いです」(東京都・40代女性)

    ●「車の流れに乗らない方が危険というのをよく聞くが、ただの言い訳に過ぎない。『赤信号、みんなで渡れば怖くない』とほとんど変わらない。それで法律違反が許されるならホントに警察はいらない。歩行者優先を徹底しないと何よりも大切な命を守ることが出来ません」(埼玉県・50代男性)

    >>2以降に続く

    配信2017年12月31日05時03分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASKDW11LPKDVUPQJ00K.html

    関連過去スレ
    【調査】信号機のない横断歩道、止まらぬ車 運転者の意見は?「かえって危険」「マナーではなくルール」★7
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514151283/

    ★1が立った時間 2017/12/31(日) 17:19:05.64
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514708345/

    引用元: ・【交通ルール】「他の車も止まらない」横並び意識 信号機ない横断歩道 「言い訳せず、まず停止」★2

    【交通ルール「他の車も止まらない」横並び意識 信号機ない横断歩道 「言い訳せず、まず停止」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/12/07(木) 12:23:08.23 ID:CAP_USER9.net
    3

    酒気帯び運転
    大阪府警巡査長を逮捕 物損事故で口止めも

     車を飲酒運転して物損事故を起こした上、他人が身代わりになったことを同僚の警察官に口止めしたとして、大阪府警は7日、寝屋川署直轄警察隊の巡査長、大江翼容疑者(27)=同府寝屋川市幸町=を道交法違反(酒気帯び運転など)と犯人隠避教唆の疑いで逮捕した。

     また、自ら身代わりになって事故を申告したとして、兵庫県宝塚市寿楽荘の会社役員、小久保弘一容疑者(56)=公職選挙法違反の疑いで逮捕=を犯人隠避の疑いで再逮捕した。

     大江容疑者の逮捕容疑は10月12日午前3時半ごろ、寝屋川市早子町の京阪寝屋川市駅前ロータリーで、酒を飲んだ状態で乗用車を運転。
     後進して植え込みに突っ込む事故を起こし、その場で会っていた小久保容疑者が身代わりになって申告したことを、事故処理を終えた同署の男性巡査長(32)と女性巡査(21)に打ち明けて口止めしたとしている。
     両容疑者は容疑を認めている。

     府警は署員2人も犯人隠避容疑で書類送検する方針。

     監察室によると、大江容疑者は11日午後7時半ごろ~12日午前2時ごろ、市内の飲食店などで知人女性と生ビールやハイボールなどを10杯以上飲酒。
     女性が小久保容疑者の息子から「(10月22日投開票の)衆院選に関するアルバイトがある」と持ちかけられたことを聞き、息子と話し合うため自宅から車で同駅に向かった。
     駅に来ていた小久保容疑者に飲酒運転が知られ、その場を離れようとした際に事故を起こした。

     小久保容疑者は衆院選で選挙運動の報酬を支払うと約束したなどとして、衆院選投開票後に府警に逮捕されていた。【津久井達】

    毎日新聞2017年12月7日 12時06分(最終更新 12月7日 12時06分)
    https://mainichi.jp/articles/20171207/k00/00e/040/282000c

    引用元: ・【大阪】飲酒運転して物損事故を起こした上、他人が身代わりで事故申告したことを同僚警官に口止め 巡査長(27)逮捕

    【飲酒運転して物損事故を起こした上、他人が身代わりで事故申告したことを同僚警官に口止め 巡査長(27)逮捕】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/08(日) 15:12:01.62 ID:CAP_USER9.net
    1

    乗用車で自転車の女性(57)をひき逃げした上、女性を車に連れ込み逃走したとして、大阪府警東住吉署は8日、道交法違反(ひき逃げ)や監禁などの疑いで、大阪市東住吉区公園南矢田の会社員、村上英次容疑者(32)=同法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕=を送検した。「警察にばれたくない、逃げ切りたいという思いがあった」と容疑を認めている。

     送検容疑は、6日午後7時55分ごろ、同区矢田の市道交差点で乗用車を運転中、自転車に乗っていた女性をはねて頭などに重傷を負わせた上、女性を自らの車に乗せて逃走し、約1時間半、車内に監禁したなどとしている。

     同署によると、村上容疑者は、一時、事故現場から離れたが数分後に戻り、路上に倒れていた女性を抱きかかえて自らの車に乗せて逃走した。

     目撃者からの通報を受けて警戒していた警察官が約6キロ北の大阪市天王寺区内の路上を走行する村上容疑者の車を発見。停車させると車内の助手席に女性がぐったりとした状態で座っており、警察官が救助して病院に搬送したという。

     村上容疑者の呼気から基準値以上のアルコールが検出されたため、同署は7日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕。その後の調べで、ひき逃げ事故についても関与を認めたため、監禁容疑なども含めて送検したという。

    配信2017.10.8 14:45更新
    産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/171008/wst1710080036-n1.html

    引用元: ・【大阪】「警察にバレたない…」 ひき逃げ後現場に戻り、はねた女性(重傷)を助手席に乗せ逃走 32歳男を送検

    【「警察にバレたない…」 ひき逃げ後現場に戻り、はねた女性(重傷)を助手席に乗せ逃走 32歳男を送検】の続きを読む

    このページのトップヘ