あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    都道府県

    1: 小豆大福 2017/10/30(月) 21:06:45.00 ID:CAP_USER9.net
    1

    gooランキング2017年10月30日 11時30分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13820263/

    南は沖縄県から北は北海道まで、ご当地グルメやご当地キャラ、観光スポットなど、各都道府県それぞれ個性があります。その土地で使われている方言も各地で大きく異なり、その都道府県のイメージにつながっていますね。
    中でも方言がいかついと思われているのは一体どの都道府県なのでしょうか。そこで今回は、方言がいかついと思う都道府県について探ってみました。

    1位 大阪府
    2位 広島県
    3位 青森県
    ⇒4位以降のランキング結果はこちら!

    1位は「大阪府」!

    食い倒れの街・道頓堀をはじめ、日本国内外から多くの観光客が訪れる人気観光スポットを多数有する大阪府。吉本新喜劇の存在から、笑いを追及する都道府県というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
    そんな大阪府出身の芸能人には、笑福亭鶴瓶、小籔千豊、岡村隆史、矢部浩之など、お笑い芸人が多数。また、ダルビッシュ有、本田圭佑、井岡一翔、入江陵介などの一流スポーツ選手も多く輩出しています。
    大阪弁といえばお笑い芸人のツッコミで多々使用されている「なんでやねん」が有名。その他、「いてまえ」「しばく」「よういわんわ」「けたくそ悪い」といった言葉が有名で、それらを耳にしていかついと感じている人が多数。1位となりました。


    2位は「広島県」!

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: ・【社会】方言がめっちゃいかつい!都道府県

    【方言がめっちゃいかつい!都道府県ランキング 】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/21(木) 21:16:53.99 ID:CAP_USER9.net
    成人男性の喫煙率
    no title


     厚生労働省が実施した平成28年国民健康・栄養調査で、都道府県別の成人男性の喫煙率は群馬が37・3%でトップだったことが21日分かった。最も低かった滋賀は20・6%で地域差が大きい。厚労省の担当者は「理由ははっきりしないが、各自治体は調査結果を参考に、禁煙指導などのたばこ対策を進めてほしい」としている。

     習慣的に喫煙している人の割合は男性30・2%(15年比0・1ポイント増)、女性8・2%(同0・3ポイント増)で、ほぼ横ばいだった。

     都道府県で比較できるよう年齢調整した上で、成人男性の喫煙率を地域別に見ると、最も高かった群馬に続いたのは福井36・6%、北海道35・9%で、低かったのは滋賀に続き奈良22・0%、大分25・3%の順だった。熊本は地震の影響で調査を実施できなかった。

     喫煙を巡っては、他人のたばこの煙を吸い込む「受動喫煙」の防止の動きが進んでいる。神奈川県が10年度に受動喫煙防止条例を導入。東京五輪・パラリンピックに向けて、厚労省や東京都も法整備や条例制定を目指している。

    配信2017.9.21 20:47更新
    産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/170921/wst1709210102-n1.html

    引用元: ・【たばこ】男性喫煙率、最も低かったのは滋賀県 トップの群馬県と17ポント差

    【【たばこ】男性喫煙率、最も低かった都道府県は? 高かったのは・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ