あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    1: 小豆大福 2017/09/13(水) 17:47:11.40 ID:CAP_USER9.net
    「いい女を求めるならば、金を稼がないといけない」。
    埼玉県秩父市の冨田俊和市議(70)が会合でそう発言したところ、「女性蔑視」との指摘があがった。
    冨田氏は責任を取って2017年9月11日、常任委員会の委員長を辞任した。

    インターネット上では発言を「下品だな」と非難する書き込みもあるが、「揚げ足取りだよね」といった疑問の声も少なくない。
    冨田氏はJ-CASTニュースの取材に「表現として不適切だった」と認めるとともに、発言の真意を語った。

    ■「この程度で言葉狩りに遭うの?」

    発言は、地元企業などで構成される地域振興団体「FIND Chichibu」の会員9人と市議全22人による、8月7日の意見交換会でのもの。
    議会内で「女性蔑視」などと批判され、各会派代表が集まって協議された。
    約1か月後の9月11日、冨田氏は「まちづくり委員会」委員長を辞任した。
    所属会派の新井重一郎会長からは注意を受けた。

    「いい女を求めるならば、金を稼がないと」発言をめぐって、インターネット掲示板では「下品だなとは思う」「情けない」「分別を弁えろや」と批判の声が出た。
    一方で、「揚げ足取りだよね」「息苦しい世の中になってきたな」「この程度で言葉狩りに遭うの?」という向きも目立つ。

    J-CASTニュースは12日、冨田氏に発言の真意を聞いた。
    冨田氏は団体会員の自己紹介の後で発言。

    「団体が『ファインド』や『イノベーション』を掲げていたが、それにしては大人しすぎるのではないかと感じました。
    地元の経済発展に向けて発奮してもらうため、刺激のある例示を出そうと思ったのです」

    ■「過激な言い方になってしまいますが」と前置き

    そこで「過激な言い方になってしまいますが」と前置きしてから、「いい女を求めるならば、金を稼がないといけない」と述べたという。

    「例え話で耳目を集めようとして、こういう表現になりました。
    趣旨は、既存の枠からはみ出してもらうような施策を打っていこう、ということです。
    女性をお金で買おうなどとは思っていませんし、女性を蔑視する意図はまったくありません。
    しかし、表現は不適切で軽率だったと反省しています」

    会合は「フリートーク」の形でなされたため、「前後の詳しい文脈は覚えていない」という。
    参加した団体会員は全員男性で、「団体側からの批判は特にありませんでしたが、議会の他の会派側から指摘を受けました」としている。
    今後は「失態を認め、プラスに変えていきたい」と話していた。

    https://www.j-cast.com/2017/09/12308308.html?p=all

    引用元: ・【埼玉】秩父市議「いい女を求めるならば、金を稼がないといけない」 「金で女を買うつもりか !?」と“女性蔑視”批判が出て委員長辞任

    【【悲報】埼玉・秩父市議「いい女を求めるならば、金を稼がないといけない」 「金で女を買うつもりか !?」と“女性蔑視”批判が出て委員長辞任】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/09(土) 14:53:54.30 ID:CAP_USER9.net
    3ブラジル先住民10人以上を違法採金業者が殺害か 検察が捜査
    AFPBB News:2017年9月9日 12:22
    http://www.afpbb.com/articles/-/3142288

    【9月9日 AFP】南米アマゾン(Amazon)の熱帯雨林で外界から孤立して暮らす先住民10人以上が違法採金業者に殺害された恐れがあるとして、ブラジル検察当局が捜査を進めていることが分かった。
    現地NGOが8日、明らかにした。

     先住民族の権利保障を訴える国際組織「サバイバル・インターナショナル(Survival International)」によると事件が起きたのは8月で、現場はブラジル西部のジャンディアチューバ川(Jandiatuba River)沿い。
    採金業者らが先住民を殺害したことを自慢げに語っていたことから明らかになったという。
    これまでに2人の採金業者が逮捕されている。

     ペルー国境に面した先住民の土地バーレドジャバリ(Vale do Javari)に居住するワリカマ・ジャパル族の長、アデルソン・コラ・カナマリ(Adelson Kora Kanamari)氏はニュースサイト「アマゾニア・リアル(Amazonia Real)」の取材に対し、18~21人が「襲撃され殺害された」と述べた。
    また現地は「非常に危機的な状況」にあると訴え、「地主や猟師、採掘業者らが侵入して来る。多く(の先住民)が孤立した状態で殺されており、殺害された正確な日付や人数は把握していない」と話した。

     サバイバル・インターナショナルは「話が事実であることが立証された場合、この虐殺に対する大きな責任はミシェル・テメル(Michel Temer)政権にある」と主張し「すべての先住民に対してずっと前の段階で、彼らの土地をきちんと認め保護すべきだった。
    先住民の土地の開拓を求める人々を政府が大っぴらに支援するのは極めて恥ずべきことで、ブラジル先住民の権利を何十年分も後退させている」と非難した。

     バーレドジャバリの先住民居住区は北部アマゾナス(Amazonas)州の州都マナウス(Manaus)から約1200キロに位置し、面積は約8万5000平方キロ。

     テメル大統領は、アマゾンの熱帯雨林の広大な土地を切り開いて大規模な採鉱を行うことを認める法令に署名したが、ブラジルの裁判所は先週、差し止めを命じている。

    引用元: ・【国際】ブラジル先住民18~21人を違法採金業者が殺害か 検察が捜査

    【【ブラジル】先住民殺害 違法採金業者が18~21人殺害か 検察が捜査】の続きを読む

    このページのトップヘ