あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    魅力

    1: 小豆大福 2017/10/01(日) 09:15:37.87 ID:CAP_USER9.net
    48グループの現役メンバーの中で注目度はトップクラスでしょう。
    NMB48のキャプテンを務める山本彩さんは、今年の総選挙を辞退したことでも話題を呼びました。
    昨年末の紅白選抜で1位に輝き、総選挙での躍進も確実視されていましたが、NMB全体のことを考えて総選挙は後進に道を譲る形を取ったようです。
    NMBは、突然の結婚宣言が物議をかもした須藤凜々花さんが8月をもって卒業、さらに木下百花さんも3夜連続の卒業イベントを開き、9月27日の公演を最後に“元”メンバーとなりました。
    人気メンバーの相次ぐ卒業に、グループにおける山本さんの存在感はかつてないほど高まっているのです。

    「AKBは嫌いでもさや姉だけは好き」

    しかしながら、山本さんこそ、いつ卒業してもおかしくない実力を持つメンバーです。
    “さや姉”の愛称で親しまれる山本さんですが、メンバーの面倒見が良いのはもちろん、イベントなどでのファンへの対応も「神対応」と言われます。
    そして、一緒に仕事をしたスタッフからも、聞こえてくるのは良いうわさばかり。
    芸能界で長く生き残っていくには「この人とまた一緒に仕事がしたい」とさまざまな人に思われることが大切であり、それも実力のうちと言えますが、その点、山本さんには一切不安がありません。

    さらに、よく言われるのが、48グループファンではない一般の人たちにも人気がある、ということです。
    グループのファンが書き込むネットの掲示板でも「去年の夏電車で浴衣着た結構可愛い女の子がiPhoneに山本彩シール貼ってて覗いたら壁紙もさや姉でびっくりした記憶あるわ」「AKB嫌いとか言う人でもさや姉だけは好きって人多い」といった評判。
    アイドルだからといってファンに過剰にこびている感はなく、それでいてファンをとても大切にしていて、気取ったところがない自然体。
    発言なども「スマートで無理がない」と言えるでしょう。

    もちろん、ビジュアル面でも48グループ屈指の人気があります。
    男性誌のグラビアに水着で登場してセクシーなプロポーションを披露する傍ら、女性ファッション誌にも似合うおしゃれさを兼ね備えています。
    昨年末、1位に輝いた紅白選抜は一般視聴者の投票によるもので、それだけ一般人気が高いということが証明された形です。

    サプライズの好きな48グループだけに、山本さんにもいつどのようなサプライズがあるかわかりませんが、卒業はサプライズというよりもむしろ、歓迎すべき新たな旅立ちと言えそうです。
    今のところ、卒業のうわさが出ても山本さん本人が「今はそのつもりはないですから」と否定しています。
    NMB48の地盤がしっかり固まったと実感できた時が、決断の時となりそうです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171001-00010001-otonans-soci

    NMB48 “さや姉”山本彩
    no title

    no title

    no title

    no title


    [MV] 山本彩 「JOKER」
    https://www.youtube.com/watch?v=jR6f3sTRuJc


    引用元: ・【NMB48】“さや姉”山本彩の魅力はどこから来るのか 神対応、ビジュアル…「AKBは嫌いでもさや姉だけは好き」

    【【NMB48】“さや姉”山本彩の魅力はどこから来るのか 神対応、ビジュアル…「AKBは嫌いでもさや姉だけは好き」】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/19(火) 00:08:52.96 ID:CAP_USER9.net
    夫の自殺の陰に不倫があったとされる上原多香子。SPEED時代からミュージシャン、俳優、ジャニーズ系など数多くの有名人と熱愛がスクープされてきた“魔性の女”も、さすがに今後の芸能活動が危ぶまれる大スキャンダルである。

    同じく今井絵理子も不倫が発覚。しかも、ビール券配布騒動で公職選挙法に抵触する恐れがあるなど、議員としての資質が問われる大問題にまで発展。
    おまけに、相手は政務活動費の横領疑惑を追及されて議員辞職してしまったのだから、似たものカップルだったといったところか。

    そして昨年、俳優・早乙女友貴と結婚した島袋寛子だが、相手は12歳も年下。
    ダウンタウン松本との交際が発覚したときは20歳年上だったのだから、何とも幅広い。
    ネットでは「離婚しそう」なんてお節介な評判が付きまとうのが実に不憫である。
    99年にSPEEDが突然解散した原因は、島袋寛子の交際問題にあったともいわれているが……。
    男に翻弄されるのがSPEEDメンバーの性なのだろうか。

    いや、一人重要な人物を忘れていないだろうか? SPEEDのリーダーにして、メンバーで“唯一の良心”ともいわれる新垣仁絵(HITOE)である。

    ブラックミュージック嗜好を全面に出したソロ活動

    SPEED時代、HITOEが上原多香子に続いて2番目にソロ活動を開始しているのをご存知だろうか?
    活動名義は、HITOE’S 57 MOVE(ヒトエズゴナムーブ)。「仁絵が今、動き出す」という意味が込められている。

    上原のデビューシングルが河村隆一プロデュースの上に、4週連続でオリコン1位を獲得と、ド派手なインパクトにかき消されてしまった感があるが、
    新垣のデビューシングル『INORI』もオリコン2位を見事獲得。上々の滑り出しを見せている。

    ジャケットには、自身が描いたグラフティ調のアートをバックに、HIPHOP系ファッションに身を包んだ彼女の姿が。ブレイズ(編み込み)ヘアの主張もクールだ。
    元々、ブラックミュージック全般に精通する彼女。その嗜好が全開となったジャケットが示すとおり、楽曲もツウ好みに仕上がっていた。

    そう、実はメンバーの誰よりもR&BやHIPHOPには造詣が深くて研究熱心。SPEEDのダンスの振り付けや曲のアレンジにも大きな役割を果たしていたのである。

    マネージャーにも内緒でアフロヘアにイメチェン!?

    当時はMISIAや宇多田ヒカルの登場により、ジャパニーズR&Bが一大ブームに。
    SILVA、bird、Crystal Kay、小柳ゆきなどなど、カリスマ性あふれるディーヴァが続々登場。
    それぞれがルーツとなる本場のブラックミュージックを感じさせる活動を展開していた。


    http://www.excite.co.jp/News/90s/20170918/E1505362803428.html
    90s チョベリー 2017年9月18日 22時00分

    no title

    https://i0.wp.com/yo-san-chi.info/wp-content/uploads/2017/08/2d6903b9859af4122fba4a1cee8bd455.jpg

    https://www.youtube.com/watch?v=rUMbFl44SwI


    Steady (SPEED)

    https://www.youtube.com/watch?v=U6LphuIQlSg


    SPEED - My Graduation

    引用元: ・【芸能】SPEED“唯一の良心”!? 新垣仁絵の魅力に迫る

    【【SPEED唯一の良心】新垣仁絵の魅力に迫る】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/14(木) 09:51:41.13 ID:CAP_USER9.net
    3 【取材雑感】嵐の松本潤(33)が、自身が主演を務めた映画の舞台挨拶でみせた姿は、トップアイドルではなく、
    役者、一人の大人の男としての魅力を感じさせた。

     松本が主演を務めた映画『ナラタージュ』(10月7日公開)は、島本理生氏の同名小説を『世界の中心で、愛を叫ぶ』
    などの作品で知られる行定勲監督が映画化したもので、ヒロインを女優の有村架純が演じ、妻を持つ高校時代の
    演劇部顧問の葉山(松本)と再会した、泉(有村)との禁断の純愛物語。行定監督が構想に10年を掛けたという
    渾身の作品だ。

     その完成披露試写会が去る8月23日に都内で開かれた。試写会前には、会場外に設けられたレッドカーペットでファンブリーディングも。タキシード姿でビシッと決まった松本。集まった報道陣の前までドレスアップした有村の右手を取り、優しくエスコートする姿は紳士のそれ、そのもの。

     レッドカーペット上では、笑顔で集まったファンと交流。黄色い声援が終始収まることはなかった。

     舞台挨拶では、行定監督とプライベートで会ったことをきっかけに今回の出演が決まったエピソードも明かされた。「行定監督の作品に出れるということが嬉しかったです」と喜んだ。

     一方で一人の役者として真摯な姿も。台本を初見した際、松本が演じる葉山の人物像がよく分からなかったという彼は行定監督とプロデューサーに直接会い、話を聞いた。松本は「その時に葉山という人物を、こういう風に映したいと言われた言葉が素敵で、演じることが楽しみになりました」と振り返った。

     松本は1999年に嵐としてデビューするよりも前に、1997年にTBS系の2時間ドラマ
    『保険調査員 しがらみ太郎の事件簿 讃岐殺人事件』で、テレビドラマデビューを果たしている。
    その年にはKinKi Kidsの堂本光一と堂本剛が主演を務め、話題を呼んだ『ぼくらの勇気 未満都市』に嵐の相葉雅紀とともに初のドラマレギュラーとして出演しており、役者としても20年のキャリアを持つ。

     8月30日に、34歳の誕生日を迎えた。スタッフからサプライズでバースデーケーキが贈られ、「いやいや、いいっすよ(笑)」とはにかむ姿も。ケーキには映画のタイトルと掛け、"ナラタージュン"という文字が装飾されていた。

     松本は「まさか、タイトルと僕の名前でギャグができるなんてね」と言い、感心した様子。しかし、写真撮影の際には「ン」の文字が取り除かれ、「ナラタージュ」に。「え!? それ取っちゃうの? まあ、そうだよね…」と苦笑いするも、会場の笑いを誘った。

     行定監督からは「大人のかっこいい男だと思っています。正義感強すぎるほど強いので…かっこいい松潤でいてくれればと思います」とベタ褒めされた。

     この日の取材では、普段のメディアを通して見る、嵐の松本潤とはまた違った、しかし、やはりどこを取っても格好良く映る彼の魅力を、随所で見ることができた。【取材=松尾模糊】

    ミュージックヴォイス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00010001-musicv-ent

    引用元: ・【芸能】嵐・松本潤、一人の男としてどこを取っても格好良く映る真の魅力 役者歴20年

    【【話題】嵐・松本潤、一人の男としてどこを取っても格好良く映る真の魅力 役者歴20年】の続きを読む

    このページのトップヘ