1: 小豆大福 2017/10/03(火) 21:23:29.08 ID:CAP_USER9.net
no title

アメリカ・ラスベガスで、1日、銃の乱射事件があり、これまでに59人が死亡、500人以上がけがをし地元のメディアは、アメリカで起きた銃の乱射事件としては過去最悪だと伝えています。
乱射したと見られる男は現場近くのホテルの部屋で死亡しているのが見つかり、警察は、動機などについて調べています。

アメリカ西部ネバダ州ラスベガス中心部にあるホテルやカジノなどが入った複合施設の近くで1日午後10時すぎ、銃の乱射事件がありました。

警察によりますと、これまでに59人が死亡し、527人がけがをしたということです。

一方、日本の外務省によりますと、これまでのところ、日本人が被害に遭ったという情報は入っていないということです。

警察は、近くのホテルの32階の部屋で死亡していた64歳のスティーブン・パドックという名前の男が、通りを隔てた屋外のコンサート会場に向けて銃を乱射したと見て調べています。
現場では、当時、カントリーミュージックのコンサートが行われていて、会場の広場には音楽のステージのほか、出店や娯楽設備が並び、周辺にはおよそ2万人がいたということです。
男は先月28日からホテルに滞在し部屋からは銃器10丁以上が発見されたほか、自宅からも複数の武器が見つかったということで、動機などについて調べています。

地元のメディアはアメリカで起きた銃の乱射事件としては過去最悪だと伝えています。

■乱射したと見られる男の兄弟は

乱射したと見られる男の兄弟が、フロリダの自宅前でメディアの取材に応じ、「信じられない。とても驚いていて、どうしてこうなったのか全く理由がわからない」と話しました。

男性によりますと、男は仕事を退職後、よくカジノやショーをみるためにホテルに行っていたということです。そのうえで、「彼はごく普通の男で政治や宗教上で秘密にしていることもなかったと思う。捜査には全面的に協力したい」と話していました。

■ISが犯行主張 警察「つながり確認できていない」

過激派組織IS=イスラミックステートはインターネット上に文書の声明を出し、「ISの戦士が銃撃によっておよそ600人を死傷させた」として、ISによる犯行だと主張しました。

声明では犯行の理由について、イラクやシリアでISへの軍事作戦を続けているアメリカ主導の有志連合に報復しろという、指導者のバグダディ容疑者の呼びかけに応じたものだと説明しています。
また、この声明に先立って、ISとつながりのあるメディアは、銃を乱射したと見られる男は数か月前にイスラム教に改宗していたと伝えました。

しかし、ISによる今回の事件への関与を裏付ける具体的な証拠は、声明などでは示されておらず、実際に関わったのか、それとも、事件に便乗して存在をアピールしようとしているのかははっきりしません。

アメリカの警察もこれまでのところ、今回の事件とISとのつながりは確認できていないとしています。

■血液の提供呼びかける

※省略

■ホテルの宿泊客は大学施設に避難
※省略

避難していた人たちのうち日本人の男性のグループは、IT関連の会合に出席するために1日、ラスベガスに到着したということです。
男性らは事件があったとき、ホテルの1階にあるバーにいて、周りの人たちが出口に殺到し、さらに武装した警察官が建物に入って来るのを見て異変に気がついて避難しました。
そして、しばらくホテルの外で待機したあとに、バスで大学施設に移動するよう指示を受けそのまま夜を明かしたということです。

男性は、「いまだに実感がわかない。いまは早く、無事に日本に帰りたいというのが本音です」と疲れた表情で話していました。

以下全文はソース先で

10月3日 4時22分
NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171003/k10011165871000.html?utm_int=news_contents_news-main_001&nnw_opt=news-main_a

関連スレ
ラスベガス乱射で59人死亡・数百人負傷、米史上最悪
https://jp.reuters.com/article/us-lasvegas-shooting-idJPKCN1C70TR

★1が立った時間 2017/10/02(月) 17:42:09.94
前スレ
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507027096/

引用元: ・【米国】ラスベガスの銃乱射事件 59人以上死亡527人以上けが 「米史上最悪の死者数」★27

【米国 ラスベガスの銃乱射事件 59人以上死亡527人以上けが 「米史上最悪の死者数」 続報】の続きを読む