あずきチャンネル

あずきチャンネルは2chまとめブログです。 速報系から雑談まで特定のジャンルに限定せず、色々な記事を掲載します。 今後ともよろしくお願いいたします。

    AI

    1: 小豆大福 2018/01/02(火) 13:50:20.25 ID:CAP_USER9.net
    3

    EC(電子商取引)の拡大やAI(人口知能)の進出で、「消費のかたち」はこれまでにない変化を見せているが、果たして「未来の買い物」とはどんなものになるのか。販売のプロである前三越伊勢丹ホールディングス社長の大西洋氏がその新しい可能性を探る連続対談。

    来たるべき新消費社会にどう対処すべきか、各界の専門家たちとの対話から、明るい未来を照射する。

    初回のゲストは上智大学名誉教授の黒川由紀子さん。老年心理学の専門家で、「回想法」という人生を振り返り思い出を聴くことで認知症の治療にあたるメソッドを実践している。高齢者の心理には詳しく、企業からも「シニア層への適切な対応法を知りたい」と相談がひきもきらない。

    黒川さんとの対話から見えてきたのは、パーソン to パーソンで生み出される消費者と販売側の理想的な関係だ。

    大西:このところ強く感じているのは、百貨店の販売員に求められるものが少しずつ変わってきているということです。少子高齢化で市場が縮小するなかで、シニア層に向けたロイヤリティをどう生み出していくのか。お客様の潜在意識に訴える方法を心理学の視点から学ぼうと、百貨店時代に黒川さんをお招きしたことがありました。

    黒川:そのときにお話ししたのは、たしか高齢者の方が抱えている心身の変化についてでしたね。

    例えば買い物をしていると、会計のときにお札ばかりを出してしまうため、財布がお釣りの小銭で膨らんでしまっている高齢者の方をよく見かけます。実はあれは手先の巧緻性の低下、小銭を見分けにくくなる視覚認知能力の低下、後ろで待っている列を気になさるなど複数の原因で、目や手先の処理能力が衰えたり、焦りなどの心理的不安から、小銭を出すのがたいへんになっているのです。そういったお客様の状況を店頭で把握する必要があるとお話したと思います。

    大西:その話は大変参考になりました。どこまで相手の立場を考えるかが重要だと思っています。もちろん販売員は常にお客様のニーズに応える努力をしています。しかしこの場合、サインが直接的に見える顕在的なニーズではなく、潜在的なニーズを捉えなければならない。高齢者には小銭が出すのが苦手な方もいらっしゃるとあらかじめわかっていれば、「ゆっくりでいいですよ」とお声がけもできます。ここまで販売員が応えられるかどうかが分かれ目になりますね。

    黒川:さまざまな企業で講演をさせて頂いておりますが、多くの企業が高齢者対策の専門チームをつくり課題意識を強く持っていますね。とはいえ、まだまだ高齢者の心理や潜在的ニーズを捉えることはできていないような気がします。メディアなどでは「キレる老人」というのがたびたび取り上げられますが、高齢者の方たちが何故そうした行動をとるのか、その背景が検討されていることは滅多にありません。

    大西:まだまだ企業側の努力が足りないのだと思います。それと同時に一人一人の気持ちの持たせ方もあると思います

    黒川:「キレる老人」の背景に、孤独や不安といった高齢者の方の気持ちをみて取るべきではないでしょうか。

    例えば、お菓子屋さんでカステラを買おうとした高齢者の方が、店員の「おひとつでよろしいでしょうか?」という言葉にひどく怒ったとします。実はこの高齢者の方は、かつては仕事でカステラをこの店で100個近く注文していたのに、いまは1個しか買わないことを寂しく思っている。それで「おひとつ」という言葉に、思わず「貧乏人だと思ったのか!」とキレてしまう。こうした高齢者の方たちの背景にまで思いを巡らす想像力が求められているのです。
    https://forbesjapan.com/articles/detail/18927

    引用元: ・【AI】「おひとつでよろしいですか」に激昂する老人 未来の買い物、AIに足りないものとは

    【AIの「おひとつでよろしいですか」に激昂する老人 未来の買い物、AIに足りないものとは】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/17(金) 03:12:45.61 ID:CAP_USER9.net
    1

    https://reut.rs/2jvNICU
    (リンク先に動画ニュースあり、字幕付き)

    2017/11/16

     世界で初めて人工知能(AI)を搭載した性玩具が、来年1月に発売される。こうした製品に批判的な人々は、リアルな性玩具の登場により、男性は女性と関わりを持とうとしなくなり、「大量孤独社会」が誕生すると指摘する。

    ★1のたった時間
    2017/11/16(木) 23:44:55.90

    前スレ
    【技術】AI搭載のセックス・ロボはパートナーを不要にするか AI搭載の性玩具、来年1月発売
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510843495/

    引用元: ・【技術】AI搭載のセックス・ロボはパートナーを不要にするか AI搭載の性玩具、来年1月発売 ★2

    【AI搭載のセックス・ロボはパートナーを不要にするか AI搭載の性玩具、来年1月発売】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/02(木) 08:27:55.79 ID:CAP_USER9.net
    1

    「AIに仕事を奪われる日」が現実になってきた。
    メガバンク3行が、事務作業を人工知能(AI)やロボット技術に置き換えるなどして約3万3000人分の業務量を減らすことを検討しているのだ。
    国内業務の減速傾向が止まらなければ、バブル入行組などが希望退職の標的になる恐れもある。

    エリート銀行マンたちも足元は安泰ではなくなった。
    三菱UFJフィナンシャル・グループは、AIなどの技術を活用することで業務の自動化を進め、2023年度までに9500人分の業務量を削減する方針を打ち出している。

    グループ中核の三菱東京UFJ銀行の国内従業員の約30%に相当する。
    国内約480店舗のうち1、2割を統廃合し、無人店も検討するというから本気度が伝わる。

    みずほフィナンシャルグループも今後10年程度かけ、国内外の従業員の3分の1程度に当たる約1万9000人を減らす検討に入った。
    こちらもAIやロボットを活用、ITを活用した新たな金融サービス「フィンテック」を展開して業務を効率化する狙いだ。
    全国に約800カ所ある店舗の統廃合を検討、新規採用を抑えて人員を徐々に絞り、グループの従業員数は現在の約6万人から約4万人に減る見込み。

    三井住友フィナンシャルグループも生産性の強化や業務効率化を通じ、20年度までに4000人分の業務量を減らすとしている。
    国内事業では日銀のマイナス金利導入などによって融資の利ざやが稼げない状況が続き、収益環境が厳しくなっており、スリム化が避けて通れなくなっている。

    現状ではクビ切りなどは実施せず、配置転換や自然減によって業務量を減らす方針だが、AIやロボットの進化が続く半面、ヒトの生産性改善がなければ、バブル入行組など大量採用の世代を狙い撃ちにした希望退職を実施する事態も考えられる。
    半沢直樹ぐらいやり手なら大丈夫かもしれないが、普通のサラリーマンにとっては人ごとではない。

    https://i.imgur.com/xR4plQQ.png
    http://www.zakzak.co.jp/eco/news/171031/eco1710310006-n1.html

    ■前スレ(1が立った日時:2017/11/01(水) 10:35:06.45)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509530762/

    引用元: ・【経済】「AIに仕事奪われる」が現実に メガバンク3行“大リストラ”で3万3000人追放、バブル組は希望退職標的の恐れも ★4

    【「AIに仕事奪われる」が現実に メガバンク3行“大リストラ”で3万3000人追放、バブル組は希望退職標的の恐れも 続報2】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/01(水) 12:47:47.61 ID:CAP_USER9.net
    1

    「AIに仕事を奪われる日」が現実になってきた。
    メガバンク3行が、事務作業を人工知能(AI)やロボット技術に置き換えるなどして約3万3000人分の業務量を減らすことを検討しているのだ。
    国内業務の減速傾向が止まらなければ、バブル入行組などが希望退職の標的になる恐れもある。

    エリート銀行マンたちも足元は安泰ではなくなった。
    三菱UFJフィナンシャル・グループは、AIなどの技術を活用することで業務の自動化を進め、2023年度までに9500人分の業務量を削減する方針を打ち出している。

    グループ中核の三菱東京UFJ銀行の国内従業員の約30%に相当する。
    国内約480店舗のうち1、2割を統廃合し、無人店も検討するというから本気度が伝わる。

    みずほフィナンシャルグループも今後10年程度かけ、国内外の従業員の3分の1程度に当たる約1万9000人を減らす検討に入った。
    こちらもAIやロボットを活用、ITを活用した新たな金融サービス「フィンテック」を展開して業務を効率化する狙いだ。
    全国に約800カ所ある店舗の統廃合を検討、新規採用を抑えて人員を徐々に絞り、グループの従業員数は現在の約6万人から約4万人に減る見込み。

    三井住友フィナンシャルグループも生産性の強化や業務効率化を通じ、20年度までに4000人分の業務量を減らすとしている。
    国内事業では日銀のマイナス金利導入などによって融資の利ざやが稼げない状況が続き、収益環境が厳しくなっており、スリム化が避けて通れなくなっている。

    現状ではクビ切りなどは実施せず、配置転換や自然減によって業務量を減らす方針だが、AIやロボットの進化が続く半面、ヒトの生産性改善がなければ、バブル入行組など大量採用の世代を狙い撃ちにした希望退職を実施する事態も考えられる。
    半沢直樹ぐらいやり手なら大丈夫かもしれないが、普通のサラリーマンにとっては人ごとではない。

    https://i.imgur.com/xR4plQQ.png
    http://www.zakzak.co.jp/eco/news/171031/eco1710310006-n1.html

    ■前スレ(1が立った日時:2017/11/01(水) 10:35:06.45)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509500106/

    引用元: ・【経済】「AIに仕事奪われる」が現実に メガバンク3行“大リストラ”で3万3000人追放、バブル組は希望退職標的の恐れも ★2

    【「AIに仕事奪われる」が現実に メガバンク3行“大リストラ”で3万3000人追放、バブル組は希望退職標的の恐れも 続報】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/11/01(水) 10:35:06.45 ID:CAP_USER9.net
    1

    「AIに仕事を奪われる日」が現実になってきた。
    メガバンク3行が、事務作業を人工知能(AI)やロボット技術に置き換えるなどして約3万3000人分の業務量を減らすことを検討しているのだ。
    国内業務の減速傾向が止まらなければ、バブル入行組などが希望退職の標的になる恐れもある。

    エリート銀行マンたちも足元は安泰ではなくなった。
    三菱UFJフィナンシャル・グループは、AIなどの技術を活用することで業務の自動化を進め、2023年度までに9500人分の業務量を削減する方針を打ち出している。

    グループ中核の三菱東京UFJ銀行の国内従業員の約30%に相当する。
    国内約480店舗のうち1、2割を統廃合し、無人店も検討するというから本気度が伝わる。

    みずほフィナンシャルグループも今後10年程度かけ、国内外の従業員の3分の1程度に当たる約1万9000人を減らす検討に入った。
    こちらもAIやロボットを活用、ITを活用した新たな金融サービス「フィンテック」を展開して業務を効率化する狙いだ。
    全国に約800カ所ある店舗の統廃合を検討、新規採用を抑えて人員を徐々に絞り、グループの従業員数は現在の約6万人から約4万人に減る見込み。

    三井住友フィナンシャルグループも生産性の強化や業務効率化を通じ、20年度までに4000人分の業務量を減らすとしている。
    国内事業では日銀のマイナス金利導入などによって融資の利ざやが稼げない状況が続き、収益環境が厳しくなっており、スリム化が避けて通れなくなっている。

    現状ではクビ切りなどは実施せず、配置転換や自然減によって業務量を減らす方針だが、AIやロボットの進化が続く半面、ヒトの生産性改善がなければ、バブル入行組など大量採用の世代を狙い撃ちにした希望退職を実施する事態も考えられる。
    半沢直樹ぐらいやり手なら大丈夫かもしれないが、普通のサラリーマンにとっては人ごとではない。

    https://i.imgur.com/xR4plQQ.png
    http://www.zakzak.co.jp/eco/news/171031/eco1710310006-n1.html

    引用元: ・【経済】「AIに仕事奪われる」が現実に メガバンク3行“大リストラ”で3万3000人追放、バブル組は希望退職標的の恐れも

    【「AIに仕事奪われる」が現実に メガバンク3行“大リストラ”で3万3000人追放、バブル組は希望退職標的の恐れも】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/10/19(木) 11:17:33.38 ID:CAP_USER9.net
    1

    従来のアルファ碁とゼロの違い
    http://www.yomiuri.co.jp/photo/20171019/20171019-OYT1I50001-L.jpg

    米グーグル傘下の英グーグル・ディープマインド社は、囲碁の世界トップ棋士を次々と破った人工知能(AI)のアルファ碁を上回る最強AI「アルファ碁ゼロ」を開発したことを明らかにした。

    AIのプログラムを改善し、従来のアルファ碁と違ってプロ棋士らの対戦データ(棋譜)を一切学ばず、自分対自分の対局を繰り返して打ち方を独学する。わずか3日間の学習で従来のアルファ碁に100戦全勝した。

    研究成果が19日の英科学誌ネイチャーに掲載される。

    従来のアルファ碁は、10万局以上のプロ棋士らの棋譜などを学んだ上で、自己対局を繰り返して勝率の高い手を学習した。昨年3月には、世界トップクラスの強豪、韓国の李世●イセドル九段に圧勝。さらにアルファ碁の改良版は今年5月、世界最強と称される中国人棋士、柯潔九段を3戦全勝で退けた。(●は石の下に乙)

    (ここまで364文字 / 残り462文字)

    2017年10月19日 08時36分
    YOMIURI ONLINE 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    http://www.yomiuri.co.jp/science/20171019-OYT1T50001.html

    他ソース
    アルファ碁、さらに進化=自己学習のみで最強に-グーグル(2017/10/19-02:40)
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101900097&g=int

    ★1が立った時間 2017/10/19(木) 09:32:22.36
    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508373142/

    引用元: ・【AI】グーグル、最強AI「アルファ碁ゼロ」を開発 対戦データを一切学ばず「独学3日」で従来のアルファ碁に100戦全勝★2

    【グーグル、最強AI「アルファ碁ゼロ」を開発 現在100戦全勝】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/09(土) 13:36:06.09 ID:CAP_USER9.net
    我々は、意識的にしろ、無意識的にしろ、ある人を見た時、その身体的特徴や仕草から“なんとなく同性愛者っぽい”という推測をしてしまいがちであるが、その精度はそれほど高くなく、往々にして“気のせい”の域を出ない。
    性指向という内面的な性質を外側から判断するには無理があるが、この度、なんと90%以上の精度で同性愛者を判別する人工知能が開発されたというのだ!

    ■ AIが“顔写真だけから91%の精度で同性愛者を特定!

    英高級紙「The Guardian」(9月8日付)によると、米・スタンフォード大学の研究者マイケル・コシンスキ氏らが、科学ジャーナル「Journal of Personality and Social Psychology」に掲載した論文で、あるアルゴリズムを学習したAIが、男性に関しては81%、女性に関しては74%の精度で同性愛者を見分けることができると公表、倫理上の大きな問題を呼んでいるという。
    コシンスキ氏らは、ディープニューラルネットワーク(多層のニューラルネットワークによる深層学習)を用い、米国のデートサイトに投稿された男女35000人の顔画像から顔面の特徴を抽出、そのビッグデータをもとにヴィジュアル解析を行った。

    その結果、同性愛者の男女は「男女の型にはまらない(gender-atypical)」特徴、つまり、同性愛者の男性は女性らしく、同性愛者の女性はむしろ男性らしいということが分かったという。
    ここまでは我々でも何となく予想がつくが、驚くべきことにAIは、同性愛者の男性は異性愛者の男性よりも顎が細く、鼻が長く、額が広いこと、同性愛者の女性は異性愛者の女性よりも顎が大きく、額が小さいことを突き止めたというのだ。

    写真:左がストレート、右が同性愛の男女の平均顔
    no title


    そして、その特徴をもとに、男女の性指向を推測させたところ、男性では91%、女性では83%の精度で同性愛者を特定することができたという。
    生身の人間が他人の顔画像だけから性指向を特定した場合、その精度は男性では61%、女性では54%ほどだったというから、AIの驚異的な精度の高さがお分かりになるだろう。
    研究者らはこの結果を「脳が知覚し、解釈する以上の性指向に関する情報が人間の顔には含まれている」と分析、また、同性愛者は同性愛者として産まれること、つまり、性指向が誕生前に特定のホルモンに曝されることで先天的に決定するという学説を強力に支持するものであると語っている。

    ■深刻なプライバシー問題を招く可能性も

    有色人種が研究対象に含まれておらず、トランスジェンダーやバイセクシャルの人々を考慮に入れていないなど複数の問題点が指摘されているが、それを考慮しても十分有効な研究結果であると考えられる。
    この技術を悪用すれば、ネット上や政府のデータベースに存在する無数の顔画像から、本人の許可を得ることなく、当人の性指向を特定することができてしまい、極めてセンシティブなプライバシー問題を惹起することになる。
    たとえば、同性愛に極めて不寛容なロシアなど、LGBTに否定的な政府が飛びつくことは目に見えているだろう。

    「この技術は確かに厄介なものです。新しい技術は常にそうですが、不適当な人物の手に渡った場合、あらゆる間違った目的のために使用されるでしょう」(トロント大学準教授ニック・ルール氏)

    コシンスキ氏らによると、将来的には性的嗜好のみならず、政治思想や心理状態、性格を顔の特徴と関連付けることも可能になるという。
    しかし、何度も繰り返すが、このような技術は映画『マイノリティ・リポート』やアニメ『サイコパス』のように、犯罪傾向にあるというコンピュータの予測だけで、未だ罪を犯していない一般市民を逮捕する理由を作り出してしまうことになりかねない。

    内面の自由が許されず、私的領域が確保されない社会は、最悪の社会と言って差し支えないだろう。
    今回の研究が監視社会への第一歩とならないことを祈るばかりだ。

    http://tocana.jp/2017/09/post_14409_entry.html

    引用元: ・【研究】顔写真から同性愛者を91%の確率で特定できるAIが開発される…人相で性的指向が丸裸にされる時代到来

    【【AI・人工知能】顔写真から同性愛者を91%の確率で特定できるAIが開発される…人相で性的指向が丸裸にされる時代到来】の続きを読む

    このページのトップヘ