あずきブログ@2chまとめ

あずきブログは2chまとめブログです。

    JAL

    1: 小豆大福 2017/10/12(木) 11:33:55.07 ID:CAP_USER9.net
     フィギュアスケート女子で世界選手権3度優勝、10年バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央さん(27)が、JALホノルルマラソン(12月10日、米ハワイ州)で初めてフルマラソンに挑戦することが11日、分かった。未知の世界となる42・195キロを前に現役時代と同じ限界に挑む姿勢を示し、4時間30分切りを目標に掲げた。

     4月に現役を引退した浅田さんが、新たな一歩を踏み出す。舞台は氷上から陸上へ、足元はスケート靴からマラソンシューズへ。日本中に愛された柔らかな笑みを浮かべ、初マラソンへの意欲を口にした。

     「引退して、これから何がしたいのかなって、悩みながら過ごしていた。マラソンを走りたい気持ちはずっと前からあって、このタイミングで走ることになった。すっごい楽しみ!」

     自身が主役のアイスショー「THE ICE」が8月上旬に終了し、9月にマラソン挑戦を決断した。専属トレーナーとともに練習を重ねる日々。しっかりと大地を踏みしめてピッチを刻めば、心地良い汗とともに
    周りの景色も流れる。そこには、リンクとはまた違う充実感があった。

     「フィギュアスケートだと、練習環境がいつもリンクの中。外を走るっていうのは、凄く新鮮で気持ちがいいなって。走っていると自分の気持ちも前に前に行く感じがして、前向きになれた」

     現役時代、ランニングはウオーミングアップ程度で、走り込みを行った経験はない。マラソン練習を始めた頃は戸惑いもあったが、徐々にランナー仕様に。競技生活の終盤に痛めていた左膝の不安も消えた。

     「スケートとランニングでは使う筋肉が違うので、最初は太腿が筋肉痛になったりした。でも、スケートと共通している部分もあって、スムーズな体重移動や、体の芯は絶対にブレないようにということは
    意識している。膝が心配で、自分の体が42・195キロついてくるか不安もあったけど、今はそういうのも感じていない」

     13年3月には姉の舞さん(29)が名古屋ウィメンズで初マラソンに挑み、5時間4分32秒だった。浅田さんは姉を上回るタイムに照準を定める。

     「目標は4時間30分を切ること。元アスリートだし、自分の設定した目標は絶対にクリアしたい。クリアすることで、自分の自信になる」

     誕生日だった9月25日、イベントで「走り抜きたい」と27歳の抱負を語っていた。マラソンも人生も、全力で駆ける決意だ。

     「フルマラソンは未知の世界で、自分の限界を超えてみたい。これを機に、またこれからの人生を走っていきたい。ホノルルのゴールが、次に向けてのいいスタートになる」

     現役時代、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)をはじめ、自分の限界に挑み続けた。勝負のリンクを離れても、その姿勢は変わらない。風光明媚(めいび)なシーサイドコースを疾走した先にはきっと、
    新たな世界が広がっている。

    スポニチ 全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000003-spnannex-spo
    no title

    引用元: ・【話題】浅田真央さんマラソン挑戦!12・10ホノルル 新たな人生走り出す

    【浅田真央さんマラソン挑戦!12・10ホノルル 新たな人生走り出す】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/27(水) 10:05:44.70 ID:CAP_USER9.net
    3国土交通省東京空港事務所によりますと、27日午前8時前、羽田発松山行きの日本航空431便、ボーイング737型機が羽田空港を離陸しようと滑走路に進入したところ、右のエンジンから火のようなものが出たのを後ろにいた全日空機が確認したため、離陸を中止したということです。

    日本航空などによりますと、この便には乗客乗員合わせて122人が乗っていましたが、けが人などの情報は入っていないということです。

    国土交通省が滑走路を点検したところ異常がないことを確認し、現在、通常どおり運航しているということです。

    配信9月27日 8時53分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170927/k10011157991000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005

    引用元: ・【航空】羽田空港でJAL機のエンジンから火か 離陸中止 後ろにいたANA機が確認

    【【航空事故】羽田空港でJAL機のエンジンから火か 離陸中止 後ろにいたANA機が確認】の続きを読む

    1: 小豆大福 2017/09/20(水) 13:07:43.24 ID:CAP_USER9.net
    106ひとたび事故を起こせば、多数の乗客の命が危険に晒される。それだけに飛行機には日々、入念な点検・整備が行なわれており、とりわけ日本のエアラインは高い安全性で世界的に評価されてきた。だが、JAL機エンジン火災事故を取材する過程で、重大な懸念が浮上した。

    〈高い運賃を払って日本の航空会社を利用するのは、“安心”を買っているようなもの〉──こうした評価が成立してきたのは、日本人による丁寧なメンテナンス、
    いわゆる“日本品質”への信頼があったからだ。

     その信頼に疑問を生じさせているのが、9月5日のJAL機エンジン火災事故である。午前11時過ぎに羽田空港を離陸したニューヨーク行きのJAL6便は、
    2つある主翼エンジンの1つから突如、出火し、約1時間後に羽田に緊急着陸を余儀なくされた。

     離陸の際、乗客が感じたのは5回の「ガーン」という轟音と何かに乗り上げたような衝撃。エンジン内部では、タービンにある222枚もの羽根が破損していた。
    国土交通省の担当記者が振り返る。

    「国土交通省は翌日、《発動機の破損に準じる事態》として重大インシデントに認定しました。つまりは乗員・乗客248人とともに『墜落の危機にあった』といっているに等しい」

     当該のボーイング777型機に取り付けられていた巨大エンジンは米GE製。国交省は現在、米国の調査機関と連携しながら原因究明を進めている。

     専門家の間でも「エンジンの製造不良」や「整備不良」など様々な可能性が指摘されている。そうしたなかで気がかりとなったのが、「日本の航空会社は中国の
    下請け企業に整備を任せている」──という情報があったことである。調べを進めると、確かにその通りだった。

    http://www.news-postseven.com/archives/20170920_613613.html

    引用元: ・【社会】JAL機体の3割は「中国の工場」で整備されていた

    【【悲報】JAL機体の3割は「中国の工場」で整備されていた】の続きを読む

    106
    1: 小豆大福 2017/09/05(火) 11:45:50.16 ID:CAP_USER9.net
    9月5日 11時44分

    国土交通省東京空港事務所によりますと、5日午前11時ごろ、羽田発ニューヨーク行きの日本航空6便、ボーイング777型機が、機体のトラブルのため羽田空港に引き返して緊急着陸する予定です。
    この機体が離陸する際、エンジンから火が見えたという情報があるということで、エンジンの不具合や、鳥がエンジンに吸い込まれるバードストライクなどの可能性があると見て、日本航空や国土交通省が詳しい状況を確認しています。

    また、空港事務所によりますと、機体が離陸したC滑走路脇の草地が燃え、すぐに消し止められましたが、この影響で羽田空港のC滑走路が閉鎖されているということです。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170905/k10011127381000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    【【JAL】<速報> 日本航空トラブルで緊急着陸へ 羽田空港】の続きを読む

    このページのトップヘ